スタッフ

 △  1998  1999  2000  2001  2002  2003  2004  2005  2006  2007  2008  2009  2010  2011  2012  2013  2014  2015  2016  2017 

2016年 業績

I 著書

1. 林 利彦編: 特集/ケロイド・肥厚性瘢痕の治療−我が施設(私)のこだわり−. PEPARS 117, 106p, 全日本病院出版会, 東京, 2016

2. 村尾尚規, 山本有平: 挫創処置と縫合の基本手技. In: ジェネラリストのための外来初療・処置ガイド, 田島知郎編, p.60-61, 医学書院, 東京, 2016

3. Furukawa H, Hayashi T, Yamamoto Y: Chapter 17. Regional Lymph Node Dissection Assisted by Indocyanine Green Fluorescence Lymphography and Angiography for Stage III Melanoma. In: ICG Fluorescence Imaging and Navigation Surgery, edited by Kusano M, Kokudo N, Toi M, Kaibori M, p.203-207, Springer, Tokyo, 2016

II 綜説

1. 小山明彦, 古川洋志, 山本有平: 特集/下眼瞼の形成:下眼瞼外反症. 形成外科 59: 20-28, 2016

2. 古川洋志, 山本有平: 特集/リンパ浮腫治療の最前線:蛍光リンパ管造影とエコーを併用したリンパ管静脈移植術. 形成外科 59: 847-855, 2016

3. 古川洋志, 山本有平, 野平久仁彦, 新冨芳尚: 特集/皮弁の再考−Flap Revisited−:Muscle vascularized pedicle (MVP) flap. 形成外科 59: 749-754, 2016

4. 林 利彦, 村尾尚規, 山本有平: 特集/ケロイド・肥厚性瘢痕の治療−我が施設(私)のこだわり−<保存的治療編>:完遂を目指したオーダーメイド治療−北海道大学(保存的治療)−. PEPARS 117: 42-47, 2016

5. 村尾尚規, 林 利彦, 山本有平: 特集/ケロイド・肥厚性瘢痕の治療−我が施設(私)のこだわり−<外科的治療編>:ケロイドの再発制御を目指した外科的治療と術後補助療法−北海道大学(外科的治療)−. PEPARS 117: 94-100, 2016

6. 七戸龍司, 古川洋志, 山本有平: 特集/再建外科で初心者がマスターすべき10皮弁:肩甲骨、肩甲皮弁. PEPARS 118: 27-35, 2016

7. 七戸龍司, 小山明彦, 山本有平: 特集/わが国の形成外科とその進歩:顔面骨骨折・顔面外傷・顔面神経麻痺治療の現況. 日医師会誌 145: 473-477, 2016

8. 西川圭吾, 上田康夫, 小山明彦, 阪野 充, 輪島克司, 道田智宏, 高木敏彦, 山本有平, 横山敦郎: 医科との連携による各種補綴装置製作にみる歯科技工技術のさらなる可能性−北海道大学病院における取り組みから歯科技工士の職掌拡大の道を探る. 歯科技工 44: 1298-1311, 2016

III 原著

(和文)
1.南本俊之, 大野健太郎, 笠島浩行, 辻口直紀, 武山佳洋, 草島英梨香, 石川耕資, 林 利彦: 当院での壊死性筋膜炎症例の検討. Skin Surg 25: 156-158, 2016

2. 池田正起, 林 利彦, 村尾尚規, 舟山恵美, 小山明彦, 山本有平: ケロイド・肥厚性瘢痕切除後の電子線照射とステロイド局注療法に関する考察−患者アンケート調査を通じて−. 瘢痕ケロイド治療ジャーナル 10: 1-6, 2016

3. 高橋紀久子, 舟山恵美, 本田 進, 北條正洋, 木村 中: 当院における過去5年間の児童虐待の実態と形成外科の役割. 日形会誌 36: 304-310, 2016

4. 藤田宗純, 村尾尚規, 山尾 健, 七戸龍司, 林 利彦, 舟山恵美, 小山明彦, 古川洋志, 山本有平: 自家培養表皮が効果的となりうる症例の選択〜北海道大学病院における5年間の広範囲熱傷症例の検討〜. 熱傷 42: 64-70, 2016

5. 草島英梨香, 石川耕資, 表 千草, 高橋紀久子, 木村 中, 外丸詩野: 外陰部基底細胞癌の治療経験. Skin Cancer 31: 21-25, 2016

(欧文)
1. Funayama E, Yamamoto Y, Furukawa H, Murao N, Shichinohe R, Hayashi T, Oyama A: A new primary cleft lip repair technique tailored for Asian patients that combines three surgical concepts: Comparison with rotation-advancement and straight-line methods. J Craniomaxillofac Surg 44: 27-33, 2016

2. Hayashi T, Yamamoto Y, Oyama A, Funayama E, Shichinohe R, Murao N, Furukawa H: Reconstruction of large cheek defect with/without sideburn using malar-posterior auricular-cervico flap. Ann Plast Surg 77: 173-177, 2016

3. Yoshino K, Fujisawa Y, Kiyohara Y, Kadono T, Murata Y, Uhara H, Hatta N, Uchi H, Matsushita S, Takenouchi T, Hayashi T, Ohara K: Usefulness of docetaxel as first-line chemotherapy for metastatic extramammary Paget's disease. J Dermatol 43: 633-637, 2016

4. Ohara K, Fujisawa Y, Yoshino K, Kiyohara Y, Kadono T, Murata Y, Uhara H, Hatta N, Uchi H, Matsushita S, Takenouchi T, Hayashi T, Yoshimura K, Fujimoto M: A proposal for a TNM staging system for extramammary Paget disease: Retrospective analysis of 301 patients with invasive primary tumors. J Dermatol Sci 83: 234-239, 2016

5. Ono K, Yamamoto Y, Shichinohe R, Murao N, Oyama A, Funayama E, Furukawa H: Exploration of more effective neurorrhaphy in facial nerve reconstruction: A comparison focusing on the difference of neural window size and condition of the neurorrhaphy site. J Plast Reconstr Aesthet Surg 69: 1072-1079, 2016

6. Shioya R, Furukawa H, Murao N, Hayashi T, Oyama A, Funayama E, Yamamoto Y, Saito N: Prevention of lymphedematous change in the mouse hindlimb by nonvascularized lymph node transplantation. Ann Plast Surg 76: 442-445, 2016

7. Yasui G, Yamamoto Y, Shichinohe R, Funayama E, Oyama A, Hayashi T, Furukawa H: Neuregulin-1 released by biodegradable gelatin hydrogels can accelerate facial nerve regeneration and functional recovery of traumatic facial nerve palsy. J Plast Reconstr Aesthet Surg 69: 328-334, 2016

IV 症例報告

(和文)
1. 南本俊之, 大野健太郎, 天王地敏雅, 中島菊雄, 草島英梨香, 石川耕資, 林 利彦: 手指高度挫滅創の1経験. 函館医誌 40: 22-25, 2016

2. 村尾尚規, 前田 拓, 山尾 健, 山本有平: 業務用食器洗浄機用洗剤によるアルカリ損傷の治療経験. 熱傷 42: 241-244, 2016

3. 齋藤 亮, 有倉 潤, 水上 泰, 安達大史, 近藤啓史, 濱田えりか: 遊離肋骨骨膜移植を用いた術後気管支断端瘻閉鎖の1例. 創傷 7: 161-164, 2016

4. 長尾宗朝, 佐々木了, 石山誠一郎, 岩嵜大輔, 石川耕資: 疼痛を主訴に来院し、先天性血管腫と考えられた成人例の治療経験. 日形会誌 36: 282-286, 2016

5. 高橋周子, 北城秀司, 齋藤典子, 野崎 愛, 石川耕資, 杉井政澄, 佐々木了: 工夫/陰圧を用いた臍部の術後圧迫固定法. 形成外科 59: 1328-1331, 2016

6. 星野善允, 齋藤 亮: 悪性軟部腫瘍手術症例における逆行性広背筋弁の使用経験. 日形会誌 36: 328-332, 2016

(欧文)
1. Maeda T, Oyama A, Funayama E, Yamamoto Y: Reconstruction of low hairline microtia of Treacher Collins syndrome with a hinged mastoid fascial flap. Int J Oral Maxillofac Surg 45: 731-734, 2016

2. Maeda T, Yamamoto Y, Tanaka S, Hayashi T: Application of vacuum-assisted closure therapy and hyperbaric oxygen therapy for an exposed titanium plate after mandible reconstruction. J Craniofac Surg 27: e601-604, 2016

V 雑録・その他

1. 古川洋志, 矢島和宜, 高橋將人, 秦 庸壮, 三神俊彦, 堺なおこ: 前向きに生きる 乳房再建フォーラム「紙面収録」. 朝日新聞 全面広告, p.21, 2016.5.20

2. 秋田定伯, 小川 令, 赤石諭史, 岡部圭介, 清水史明, 須永 中, 土佐泰祥, 長尾宗朝, 村尾尚規, 山脇聖子: JSW scar scaleの改訂・治療ガイドライン作成に向けて−第2回−. 瘢痕ケロイド治療ジャーナル 10: 33-50, 2016

 

 



 

 



VII 研究会・講演会

1. 舟山恵美, 野平久仁彦, 山本有平: 乳がん治療後の乳房再建の実際. 北海道大学病院 乳がん市民公開講座, 札幌, 2016.10.16

2. 高橋周子: 教育パネル. 日形会専門医10症例供覧. 第7回北海道形成外科フォーラム"北の大地", 札幌, 2016.8.27

III シンポジウム,パネルディスカッション,ワークショップ等の企画,司会・座長

1)企画
(全国学会)
1. 山本有平: 国際シンポジウム2. アジアの若返り治療. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

2. 山本有平: シンポジウム1. 皮膚悪性腫瘍とリンパ節. 第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 鹿児島, 2016.5.27-28

2)司会・座長
(国際学会)
1. Yamamoto Y: Panel Session 8. Breast Reconstruction. The 13th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery (JKPRS), Kanazawa, 2016.5.15-17

(全国学会)
1. 山本有平: 特別講演1. 眼瞼下垂症術後変形の治療:とくに他院での手術例にどう対処するか. 第21回日本形成外科手術手技学会, さいたま, 2016.2.13

2. 山本有平: ランチョンセミナー16. 創傷の閉鎖療法を極める!. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

3. 山本有平: シンポジウム2. 巧が語る難治性潰瘍の極意. 第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京, 2016.7.21-22

4. 舟山恵美: シンポジウム2. 巨大色素性母斑の治療:多様な選択肢と実際. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

5. 古川洋志: 一般演題(口演). 血管腫・血管奇形2. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

6. 古川洋志: 一般口演5. 新鮮創傷−手足・爪の創傷. 第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京, 2016.7.21-22

7. 古川洋志: 一般口演. 再生4. 第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 大阪, 2016.9.15-16

8. 古川洋志: イブニングセミナー. 第18回SNNS研究会学術集会, 東京, 2016.11.11-12

9. 古川洋志: 一般演題(リンパ2). 第43回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島, 2016.11.17-18

10. 村尾尚規: 教育講演2. 副腎皮質ステロイド製剤の薬理. 第11回瘢痕・ケロイド治療研究会, 東京, 2016.8.28

VI 学会発表

1)特別講演
(なし)

2)宿題報告
(なし)

3)教育講演
(全国学会)
1. 小山明彦, 山本有平: 教育講演U 小耳症治療〜past and future〜. 小耳症治療自験例の検証〜成績・変遷・進歩. 第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 東京, 2016.11.10-11

(地方会)
1. 山本有平: 抗加齢医療としての整容・美容形成外科〜大学病院の果たす役割. 関東形成外科学会第286回東京地方会, 東京, 2016.12.3

2. 小山明彦: 唇裂・口蓋裂治療のFinal Goal〜特異顔貌の改善をめざした硬・軟両組織への最終アプローチ〜. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

3. 村尾尚規: 高気圧酸素療法によって広がる形成外科の可能性. 第10回日本高気圧環境・潜水医学会北海道地方会, 札幌, 2016.7.31

4)シンポジウム
(全国学会)
1. 小山明彦, 舟山恵美, 岡本 亨, 古川洋志, 林 利彦, 村尾尚規, 七戸龍司, 山本有平: ビデオシンポジウム 口唇形成術の要点. われわれの片側唇裂初回手術〜コンセプトの融合、そして術前矯正の効果〜. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

2. 舟山恵美, 佐々木了, 小山明彦, 山本有平: シンポジウム2 巨大色素性母斑の治療:多様な選択肢と実際. 先天性巨大色素性母斑に対する色素レーザーおよびQスイッチルビーレーザーを用いた複合レーザー治療の有用性. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

3. 林 利彦, 古川洋志, 七戸龍司, 山本有平: シンポジウム 1 頭頸部再建を極める. 下顎再建における再建法の選択の考え方:皮弁の種類/自家骨あるいはプレート再建/double flapsの選択. 第43回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島, 2016.11.17-18

4. 村尾尚規, 前田 拓, 山本有平: シンポジウム16 高気圧酸素治療を検討する 現状と今後. 高気圧酸素治療の原理と実際. 第14回日本フットケア学会年次学術集会, 神戸, 2016.2.6-7

5. 村尾尚規, 前田 拓, 山本有平: シンポジウム1 糖尿病足潰瘍・壊疽治療におけるHBO有用性. 高気圧酸素療法による透析患者虚血肢皮膚灌流圧の変化. 第51回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会, 東京, 2016.12.3-4

6. 前田 拓, 村尾尚規, 木村 中, 松井 傑, 小山明彦, 舟山恵美, 古川洋志, 林 利彦, 七戸龍司, 山本有平: シンポジウム2 巧が語る難治性潰瘍の極意. 重症下肢虚血(Critical Limb Ischemia)に対するマゴット療法(Maggot debridement therapy)の適応について. 第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京, 2016.7.21-22

(地方会)
1. 古川洋志, 石川耕資, 小山明彦, 舟山恵美, 齋藤典子, 佐々木了, 山本有平: 頭頸部血管奇形の治療戦略. 第66回北海道血管造影・Interventional Radiology研究会, 札幌, 2016.8.27

5)パネルディスカッション
(国際学会)
1. Oyama A, Funayama E, Yamamoto Y: Panel Session 4. Management of Hemifacial Microsomia (including microtia). Our concept for microtia ear reconstruction: Personal experiences based on 100 cases. The 11th Congress of The Asian Pacific Craniofacial Association (APCA), Nara, 2016.12.1-3

(全国学会)
1. 林 利彦, 古川洋志, 七戸龍司, 山本有平: プレナリーセッション1 頭頸部再建. 下顎再建後の咀嚼と嚥下機能. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

2. 村尾尚規: パネルディスカッション. 瘢痕・ケロイド治療指針作成に向けて. 第11回瘢痕・ケロイド治療研究会, 東京, 2016.8.28

3. 村尾尚規, 林 利彦, 池田正起, 藤田宗純, 舟山恵美, 小山明彦, 古川洋志, 山本有平, 清野研一郎: パネルディスカッション2 瘢痕・ケロイド治療の基礎から臨床応用に向けて. 瘢痕・ケロイド治療の基礎から臨床応用に向けて〜炎症制御機構の解明と免疫抑制剤、抗線維化剤の応用. 第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 大阪, 2016.9.15-16

4. 村尾尚規, 岩嵜大輔, 前田 拓, 大芦孝平, 塩谷隆太, 小山明彦, 古川洋志, 山本有平: パネルディスカッション4 リンパ管治療の基礎から臨床へ. リンパ管治療の基礎から臨床応用に向けて〜リンパ浮腫の予防及び悪性腫瘍の転移制御. 第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 大阪, 2016.9.15-16

6)ワークショップ
(なし)

7)座談会
(なし)

8)主題
(なし)

9)一般発表
(国際学会)
1. Oyama A, Funayama E, Shioya R, Yamamoto Y: Hyperbaric oxygen therapy for the prevention of skin ulcer after microtia ear reconstruction surgery. The 13th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery (JKPRS), Kanazawa, 2016.5.15-17

2. Oyama A, Funayama E, Yamamoto Y: Hyperbaric oxygen therapy can reduce postoperative complications after microtia ear reconstruction. 5th Congress of World Union of Wound Healing Societies (WUWHS), Florence, Italy, 2016.9.25-29

3. Funayama E, Oyama A, Furukawa H, Saito A, Yamamoto Y: "Stealth surgery": A simple technique of forehead lipoma resection via a small remote incision using a surgical raspatory. The 13th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery (JKPRS), Kanazawa, 2016.5.15-17

4. Funayama E, Oyama A, Furukawa H, Kimura C, Saito A, Murao N, Shichinohe R, Hayashi T, Yamamoto Y: Review of our experience of recycled scattered small-piece skin grafting for postoperative donor site control in split-thickness skin graft. 5th Congress of World Union of Wound Healing Societies (WUWHS), Florence, Italy, 2016.9.25-29

5. Furukawa H, Hayashi T, Oyama A, Funayama E, Murao N, Shichinohe R, Yamamoto Y: Effectiveness of intraoperative indocyanine_green fluorescence angiography (ICGFA) during inguinal lymph node dissection for skin cancer to prevent postoperative wound dehiscence. The 13th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery (JKPRS), Kanazawa, 2016.5.15-17

6. Minamimoto T, Ono K, Kasajima H, Tsujiguchi N, Takeyama Y, Kusajima E, Ishikawa K, Hayashi T: Our Experience and Evaluation of Necrotizing Fasciitis Cases. 5th Congress of World Union of Wound Healing Societies (WUWHS), Florence, Italy, 2016.9.25-29

(国外学会)
1. Hayashi T: Reconstructive surgery in head and neck and treatment of skin cancer. Nepal-Japan Joint Scientific Meeting of Oral and Maxillofacial Surgeons 2016, Kathmandu, Nepal, 2016.3.26-27

2. Maeda T, Yamamoto Y, Kimura C, Matsui S, Funayama E, Oyama A, Furukawa H, Hayashi T, Shichinohe R, Murao N: Guest Nation Scientific Panel. Indication of maggot debridement therapy for critical limb ischemia based on the fingdings of SPP increase. American Society of Plastic Surgeons (ASPS) Plastic Surgery The Meeting 2016, Los Angeles, California, 2016.9.23-37

3. Ishikawa K, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Hayashi T, Murao N, Shichinohe R, Maeda T, Sekido M, Yamamoto Y: Guest Nation Scientific Panel. The financial impact of plastic surgeons in team surgery: A 10-year analysis of surgical revenue in a national university hospital in Japan. American Society of Plastic Surgeons (ASPS) Plastic Surgery The Meeting 2016, Los Angeles, California, 2016.9.23-27

(全国学会)
1. 小山明彦, 舟山恵美, 古川洋志, 林 利彦, 山本有平: 3つのコンセプトを融合し東洋人への適合を図った口唇形成術. 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 大阪, 2016.5.26-27

2. 小山明彦, 舟山恵美, 古川洋志, 林 利彦, 村尾尚規, 七戸龍司, 山本有平: 3つのコンセプトを融合した片側唇裂口唇形成術の改良法:"ASSIST" technique. 第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 東京, 2016.11.10-11

3. 古川洋志, 林 利彦, 七戸龍司, 村尾尚規, 大野健太郎, 安居 剛, 山本有平: 頭頸部再建の移植組織採取への内視鏡の導入. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

4. 南本俊之, 草島英梨香, 笠島浩行, 辻口直紀, 武山佳洋, 岩井里子, 足立真紀, 石川耕資, 林 利彦: 当院での壊死性筋膜炎症例の検討. 第34回日本臨床皮膚外科学会学術集会, 吹田, 2016.3.5-6

5. 南本俊之, 草島英梨香, 大野健太郎, 石川耕資, 林 利彦: 陰茎を病変の首座とするフルニエ壊疽と考えられた1例. 第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京, 2016.7.21-22

6. 林 利彦, 古川洋志, 村尾尚規, 七戸龍司, 山本有平: 後頭リンパ節に転移を認めた頭部原発皮膚悪性腫瘍におけるリンパ流の検討. 第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 鹿児島, 2016.5.27-28

7. 林 利彦, 古川洋志, 山本有平: 側頭/後頭部原発の皮膚悪性腫瘍におけるリンパ流と郭清範囲の検討. 第40回日本頭頸部癌学会, 埼玉, 2016.6.9-10

8. 林 利彦, 古川洋志, 濱田浩美, 七戸龍司, 山本有平: 下顎再建後の嚥下機能における義歯の役割. 第43回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島, 2016.11.17-18

9. 村尾尚規, 前田 拓, 七戸龍司, 石川耕資, 山本有平: 透析患者における糖尿病性足病変の治療と予後予測. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

10. 村尾尚規, 前田 拓, 松井 傑, 七戸龍司, 堀内勝己, 山本有平: 医療ネットワークの構築と下肢救済. 第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京, 2016.7.21-22

11. 齋藤 亮, 星野善允, 平賀博明, 永橋立望: 悪性軟部腫瘍局所再発切除後再建症例の検討−初回手術症例との比較−. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

12. 七戸龍司, 古川洋志, 村尾尚規, 林 利彦, 山本有平: 当科における過去10年間の悪性黒色腫の統計と検討. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

13. 七戸龍司, 古川洋志, 村尾尚規, 林 利彦, 山本有平, 石嶋 漢, 桑原 健, 畑中佳奈子: 眼球浸潤および耳下腺内リンパ節転移を認めた左眼瞼脂腺癌の1例. 第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 鹿児島, 2016.5.27-28

14. 蕨 雄大, 表 千草, 石川耕資, 齋藤典子, 清水 匡, 佐々木了: 当科における手部AVM治療内容の検討. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

15. 大野健太郎, 古川洋志, 林 利彦, 七戸龍司, 村尾尚規, 山本有平, 南本俊之: 母指悪性黒色腫切除断端に応じた再建法の考察〜自施設例から振り返る〜. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

16. 岩嵜大輔, 七戸龍司, 古川洋志, 村尾尚規, 山本有平: 顔面中央部に広範囲に浸潤したモルフェア型基底細胞癌の治療経験. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

17. 岩嵜大輔, 七戸龍司, 村尾尚規, 古川洋志, 山本有平, 桑原 健, 岡田宏美, 高桑恵美: 顔面中央部において広範囲浸潤したモルフェア型基底細胞癌の治療経験. 第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 鹿児島, 2016.5.27-28

18. 岩嵜大輔, 村尾尚規, 前田 拓, 七戸龍司, 小山明彦, 舟山恵美, 古川洋志, 塩谷隆太, 山本有平: リンパ節郭清術後のリンパ管機能不全が、悪性黒色腫の転移動態に及ぼす影響についての検討. 第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 大阪, 2016.9.15-16

19. 岩嵜大輔, 村尾尚規, 前田 拓, 七戸龍司, 小山明彦, 舟山恵美, 古川洋志, 塩谷隆太, 山本有平: マウス後肢リンパ浮腫モデルの確立:技術的改良点と分子生物学的特徴. 第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 大阪, 2016.9.15-16

20. 川副尚史, 吉田哲也, 藤田宗純, 小山明彦, 山本有平: 馬による外傷の特徴について. 第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京, 2016.7.21-22

21. 藤田宗純, 小山明彦, 吉田哲也, 山本有平: 馬による顔面外傷の特徴と治療戦略. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

22. 藤田宗純, 小山明彦, 吉田哲也, 山本有平: 当科における馬顔面外傷の治療経験を振り返って. 第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京, 2016.7.21-22

23. 藤田宗純, 村尾尚規, 林 利彦, 山本有平: ケロイド線維芽細胞に対するIL-10の抗炎症作用の検証. 第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京, 2016.7.21-22

24. 藤田宗純, 村尾尚規, 林 利彦, 山本有平: ケロイド病態におけるIL-10の炎症制御機構. 第11回瘢痕・ケロイド治療研究会, 東京, 2016.8.28

25. 藤田宗純, 村尾尚規, 林 利彦, 山本有平: ケロイドにおけるIL-10/IL-6バランスによる炎症制御機構の解明. 第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 大阪, 2016.9.15-16

26. 前田 拓, 小山明彦, 舟山恵美, 古川洋志, 林 利彦, 村尾尚規, 七戸龍司, 山本有平: 広範な先天性頭皮頭蓋骨欠損の保存的治療の工夫. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

27. 前田 拓, 舟山恵美, 小山明彦, 古川洋志, 林 利彦, 村尾尚規, 七戸龍司, 山本有平: 非症候性Pierre Robin Sequenceと非症候性口蓋裂の初回口蓋形成術後の言語成績の比較検討. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

28. 前田 拓, 舟山恵美, 小山明彦, 古川洋志, 林 利彦, 村尾尚規, 七戸龍司, 山本有平: 初回口蓋形成術後の鼻咽腔閉鎖不全と二次修正術について〜非症候性Pierre Robin Sequenceと非症候性口蓋裂. 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 大阪, 2016.5.26-27

29. 前田 拓, 小山明彦, 舟山恵美, 古川洋志, 林 利彦, 村尾尚規, 七戸龍司, 山本有平: 治療に難渋した広範な先天性頭皮頭蓋骨欠損の治療経験. 第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京, 2016.7.21-22

30. 前田 拓, 村尾尚規, 岩嵜大輔, 塩谷隆太, 古川洋志, 小山明彦, 舟山恵美, 林 利彦, 七戸龍司, 山本有平: リンパ系の再構築法としてのリンパ節移植〜リンパ節移植後のリンパ流を検証する〜. 第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 大阪, 2016.9.15-16

31. 前田 拓, 小山明彦, 舟山恵美, 古川洋志, 林 利彦, 村尾尚規, 七戸龍司, 山本有平: 広範な先天性頭皮頭蓋骨欠損の治療経験〜保存的治療か外科的治療か. 第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 東京, 2016.11.10-11

32. 前田 拓, 舟山恵美, 小山明彦, 古川洋志, 林 利彦, 村尾尚規, 七戸龍司, 山本有平: 初回口蓋形成術後の言語成績の比較検討〜非症候群性Pierre Robin sequence VS 非症候群性口蓋裂〜. 第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 東京, 2016.11.10-11

33. 石川耕資, 古川洋志, 小山明彦, 舟山恵美, 林 利彦, 村尾尚規, 関堂 充, 山本有平: チームサージャリーにおける形成外科の経済的貢献度について〜当大学病院における10年間の統計〜. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

34. 石川耕資, 小山明彦, 舟山恵美, 岡本 亨, 西澤典子, 今井智子, 佐藤嘉晃, 山本有平: 唇顎口蓋裂一期手術症例における滲出性中耳炎の検討. 第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡, 2016.4.13-15

35. 石川耕資, 古川洋志, 佐々木了, 長尾宗朝, 浅野 剛: 経静脈的コイル塞栓術が奏効した側頭部頭蓋外動静脈奇形の1例. 第13回日本血管腫血管奇形学会学術集会, 石垣, 2016.5.20-21

36. 三浦隆洋, 大澤昌之, 木村竹男, 山本有平: 広背筋皮弁移行術から16年後に皮弁採取部に生じたChronic Expanding Hematomaの1例. 第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京, 2016.7.21-22

(地方会)
1.小山明彦, 舟山恵美, 山本有平: われわれの片側唇裂初回手術〜3つのコンセプトの融合による東洋人への適応〜. 第32回北日本形成外科学会学術集会, 福島, 2016.6.25

2. 舟山恵美, 佐々木了, 小山明彦, 山本有平: 先天性巨大色素性母斑に対する色素レーザーに重点をおいたレーザー治療. 第32回北日本形成外科学会学術集会, 福島, 2016.6.25

3. 小山明彦, 舟山恵美, 三古谷忠, 佐藤嘉晃, 西澤典子, 岡本 亨, 今井智子, 山本有平: 片側唇顎口蓋裂における口蓋裂手術術式の違いによる8歳時言語評価. 第92回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.10.8

4. 南本俊之, 草島英梨香, 西村祥二, 佐々木静, 石川耕資, 林 利彦: 陰茎のフルニエ壊疽と考えられた1例. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

5. 南本俊之, 大野健太郎, 小田桐有沙, 水木猛夫, 古川尚恵, 寺島一豪, 石川耕資, 林 利彦: 当院の医療関連機器圧迫創傷に関して−その傾向と対策−. 第69回道南医学会大会, 函館, 2016.11.19

6. 林 利彦, 村尾尚規, 藤田宗純, 山本有平: 実際のケロイド治療〜完遂できる治療法を目指して〜. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

7. 林 利彦, 古川洋志, 村尾尚規, 七戸龍司, 山本有平: 後頭〜頭頂部原発の皮膚悪性腫瘍におけるリンパ流の検討. 第92回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.10.8

8. 村尾尚規, 藤田宗純, 林 利彦, 舟山恵美, 小山明彦, 古川洋志, 山本有平: 免疫抑制剤rapamycinのケロイドに対する効果〜共培養モデルによる検証〜. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

9. 村尾尚規, 小山明彦, 舟山恵美, 山本有平: 眼球運動制限を合併したOculo-Auriculo-Vertebral Spectrum症例の経験. 第92回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.10.8

10. 七戸龍司, 林 利彦, 村尾尚規, 古川洋志, 山本有平, 本田 進, 三橋智子, 中 智昭, 畑中佳奈子, 菊池慶介: Pigmented epithelioid melanocytomaの1例. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

11. 蕨 雄大, 表 千草, 安居 剛, 高橋周子, 野崎 愛, 石川耕資, 石山誠一郎, 齋藤典子, 佐々木了: 当科におけるQ-Alexレーザー治療後の皮膚色素脱失についての検討. 第35回日本レーザー医学会北海道地方会, 札幌, 2016.11.19

12. 大野健太郎, 古川洋志, 七戸龍司, 安居 剛, 山本有平: 神経縫合部条件と軸索再生効果の関連性〜ラット顔面神経再建モデルを用いた検証〜. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

13. 岩嵜大輔, 村尾尚規, 小山明彦, 舟山恵美, 古川洋志, 山本有平: マウス後肢リンパ浮腫モデルにおける炎症細胞と低酸素応答因子の発現に関する検討. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

14. 岩嵜大輔, 村尾尚規, 前田 拓, 七戸龍司, 小山明彦, 舟山恵美, 古川洋志, 山本有平: マウス後肢リンパ浮腫モデルを用いたリンパ管新生と癌転移機構に関する検討. 第28回北海道MMC研究会, 札幌, 2016.11.5

15. 塩谷隆太, 村尾尚規, 古川洋志, 小山明彦, 舟山恵美, 林 利彦, 七戸龍司, 齋藤典子, 山本有平: マウス後肢リンパ浮腫モデルにおける遊離リンパ節移植術の浮腫予防効果に関する研究. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

16. 藤田宗純, 村尾尚規, 林 利彦, 山本有平: CD4陽性T細胞によるIL-10を介した炎症制御機構〜ケロイド共培養モデルによる検証〜. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

17. 本田 進, 高橋紀久子, 星野善允, 木村 中, 北條正洋, 高野睦子, 外丸詩野: 放線菌の菌石を伴った涙小管炎の一例. 第32回北日本形成外科学会学術集会, 福島, 2016.6.25

18. 安居 剛, 山本有平, 七戸龍司, 舟山恵美, 小山明彦, 林 利彦, 古川洋志: 顔面神経損傷におけるNeuregulin-1の神経再生促進効果と軸索誘導能についての基礎的研究. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

19. 山尾 健, 木村竹男, 岩井里子, 坂本泰輔: 臀部から骨盤内に進展した脂肪腫の治療経験. 第92回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.10.8

20. 山尾 健, 木村竹男, 高橋周子: 陰圧閉鎖療法にトラフェルミン連日投与を併用した皮膚潰瘍の治療経験. 第92回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.10.8

21. 前田 拓, 小山明彦, 舟山恵美, 岡本 亨, 古川洋志, 林 利彦, 村尾尚規, 山本有平: Tessier No.3およびNo.4の合併症例:12年間のフォローアップ. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

22. 前田 拓, 舟山恵美, 小山明彦, 佐々木了, 古川洋志, 林 利彦, 村尾尚規, 七戸龍司, 山本有平: 初回口蓋形成術後の言語成績の比較検討〜非症候群性Pierre Robin Sequence VS 非症候群性口蓋裂〜. 第92回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.10.8

23. 石川耕資, 林 利彦, 古川洋志, 七戸龍司, 山本有平, 関堂 充: 遊離腓骨皮弁による下顎骨再建術後の腓骨の高さに関するX線学的検討. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

24. 伊藤梨里, 北村 孝, 小田陽一郎, 野崎 愛, 杉井政澄: 当科で経験した皮膚原発と考えられる腺様嚢胞癌の1例. 第32回北日本形成外科学会学術集会, 福島, 2016.6.25

25. 表 千草, 蕨 雄大, 山津幸恵, 伊藤梨里, 杉井政澄, 高橋周子, 石川耕資, 野崎 愛, 岩嵜大輔, 藤田宗純, 長尾宗朝, 石山誠一郎, 齋藤典子, 舟山恵美, 佐々木了: 静脈奇形の全身麻酔下硬化療法における硬化剤投与量と全身性合併症の検討−硬化剤の安全性について−. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

26. 三浦隆洋, 大澤昌之, 木村竹男: 広背筋皮弁採取部に生じたChronic Expanding Hematomaの1例. 第91回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.2.6

27. 三浦隆洋, 坂本泰輔, 大野健太郎, 山尾 健, 蕨 雄大, 高橋紀久子, 佐藤千草: 当科における趾・肢切断94名、184手術症例の検討. 第11回日本下肢救済足病学会北海道地方会学術集会, 札幌, 2016.11.26

28. 開田ひろみ, 内山英祐, 石山誠一郎, 本田耕一, 小田陽一郎, 春原信行: ステロイド全身投与が奏効したBlue toe syndromeの1例. 第92回北日本形成外科学会北海道地方会, 札幌, 2016.10.8