スタッフ

 △  1998  1999  2000  2001  2002  2003  2004  2005  2006  2007  2008  2009  2010  2011  2012  2013  2014  2015  2016  2017 

2004年 業績

著書

(和文)
1. 本田耕一:誰でもできる「陰圧閉鎖療法」による褥瘡治療.  日総研出版、2004

2. 本田耕一:褥瘡に対する陰圧閉鎖療法. TIMEの視点による褥瘡ケア:大浦武彦,田中マキ子編集,学研,東京,pp157-167, 2004

3. 佐々木了、山本有平、河合佳子、村尾尚規、浅野剛、杉原平樹:静脈性血管奇形に対する硬化療法. エタノール血管腫・血管奇形の診断と治療のストラテジー:122-129梶原康正編. 先端医学社. 東京 2004

原著

(欧文)
1. Yuhei Yamamoto, Kunihiro Kawashima, Tsuneki Sugihara, Kunihiko Nohira, Yasushi Furuta,, Satoshi Fukuda: Surgical management of maxillectomy defects based on the concept of butterss reconstruction. Head & Neck 26: 247-256, 2004

2. Emi Funayama, Thinle Chodon, Akihiko Oyama, and Tsuneki Sugihara: Keratinocytes promote proliferation and inhibit apoptosis of the underlying fibroblasts: An important role in the pathogenesis of keloid. J. Invest. Dermatol. 121:1326-1331, 2003

3. Toshihiko Hayashi, Kouichi Honda,Chu Kimura, Yuhei Yamamoto,Akihiko Oyama,Tsuneki Sugihara:Treatment of Ischial Pressure Sores by Means of Sclerotherapy Using Absolute Ethanol. Annals of Plastic Surgery 53(6):554-559, 2004
4.Yajima K, Yamoto Y, Nohira K., Shintomi, Y; Blondeel, Ph N; Sekido, M; Mol, W; Ueda, M; Sugihara, Tl A new technique of microvascular suturing: the chopstick rest technique. Br J Plast Surg 57: 567-571,2004.

5. Sekido, M., Yamamoto, Y., Furukawa, H., Sugihara, T:Change of weight-bearing pattern before and after plantar reconstruction with free anterolateral thigh flap. Microsurg 24: 289-292,2004

6. Tsutsumida, A,, Hamada, J,, Tada, M., Aoyama T., Furuuchi, K., Kawai, Y., Yamamoto, Y., Sugihara. T., Moriuchi, T.: Epigenetic silencing of E- and P-cadherin gene expression in human melanoma cell lines. Int J Oncol 25: 1415-1421,2004

7. Horiuchi, K,, Ariga, T,, Fujioka, H., Kawashima, K., Yamamoto, Y., Igawa, H., Sakiyama, Y., Sugihara. T. ; Treacher Collins Syndrome With Craniosynostosis, Choanal Atresia, and Esophageal Regurgitation Caused by a Novel Nonsense Mutation in TCOF1; Am J Med Genet 128A: 173-175. 2004

7.Noriko Endo, Hiroharu Igawa, Tsuneki Sugihara VACTERL association with a cleft hand Congenital Anomalies 43 180-183 2003
(和文)
1. 関堂充,皆川知広,山本有平,杉原平樹:微小血管吻合術後内頚静脈血栓の2例,日形会誌24: 176-179, 2004

2. 矢島和宜,山本有平,野平久仁彦,新冨芳尚,杉原平樹:Chopstick Rest Technique -微小血管吻合法における新たな工夫. 日形会誌24:362-366, 2004

3. 堤田新,山本有平,杉原平樹,吉田哲憲,皆川英彦:当科における悪性黒色腫遠隔転移症例の分析. 日形会誌 24:483-486, 2004

4. 遠藤典子,吉田哲憲,堀内勝己,佐藤英俊,熊切正信:Aneurysmal Fibrous Histiocytoma;日形会誌24:554-557,2004

5. 野平久仁彦,矢島和宜,新冨芳尚:エキスパンダーを用いないインプラントのみによる乳房再建. 日形会誌 24: 789-793,2004

6. 桑原広昌: マウス皮膚欠損創における細胞増殖因子の経時的変化についてのHorizontal Sectionによる免疫組織化学的検討.日形会誌 24: 779-778, 2004

7. 野平久仁彦,矢島和宜,新冨芳尚:われわれが行ってきた内視鏡下乳房増大術 の変遷とその改良.形成外科47: 13-19, 2004

8. 木村中,舟山恵美,蔵盛理保子,小山明彦,小林朋子:唇裂外鼻変形に対する手術におけるわれわれの工夫. 形成外科47:241−243, 2004

9. 野平久仁彦,矢島和宜,新冨芳尚:交換の不要なexpandable anatomical implant による乳房再建. 形成外科 47:247-252, 2004

10. 舟山恵美 Thinle Chodon 小山明彦 杉原平樹:ケロイド・肥厚性瘢痕におけるアポトーシスについて.形成外科 47:493-500,2004

11. 鈴木裕一,天海恵子,斉藤亮,安田聖人,井川浩晴:口唇口蓋裂の出生前診断および告知における形成外科の関与.形成外科 47:909-914.2004

12. 竹野巨一,中川あかね,佐々木健志,工藤章裕,桑原広昌,本田耕一:顔面骨骨折の臨床統計的検討?帯広厚生病院における5年間の入院症例?.形成外科47:1237-1243,2004

13. 川嶋邦裕,杉原平樹,井川浩晴 北海道大学における hemifacial microsomia の集学的治療 形成外科 46 1249-1257 2003

14. 鈴木裕一,山本有平:1.汚染創のデブリードマンと創処置のコツ.形成外科 47増刊:S17-22.2004 22.吉田哲憲:熱傷の重症度判定. 形成外科47増刊:S71-76,2004

15. 野平久仁彦,新冨芳尚: 乳房再建の術式選択のポイント. 形成外科 増刊47:S283-S286, 2004

16. 関堂充,佐々木了,山本有平,杉原平樹,吉田哲憲,皆川英彦:遊離組織移植を用いた頭皮再建に関する検討. 日本マイクロサージャリー会誌,17:1-7:2004

17. 齋藤亮,坂本泰輔,関堂充,山本有平,杉原平樹他:胸骨後経路有茎回結腸において内胸動静脈付加吻合を用いた食道再建の経験. 日本マイクロサージャリー会誌 17:440-445, 2004

18. 坂本泰輔,金澤浩之,山本有平,川嶋邦裕,河合佳子,杉原平樹:側頭頭頂筋膜弁を用いた耳介深達性熱傷の治療経験. 日本熱傷学会機関誌 30:33-37, 2004

19. 竹内章晃,小浦場祥夫,桑原広昌,井戸敏子,平井行一郎,清原隆宏,労力民, 熊切正信:乳房外Paget病の7例.Skin Cancer,18:346-350,2003

20. 皆川知広,佐々木了,山本有平,堤田新,杉原平樹: 顔面巨大単純性血管腫上に生じた基底細胞癌の1例. Skin Cancer 19: 198-202,2004

21. 山本有平,関堂 充,堤田 新,皆川知広,大澤昌之,杉原平樹 各種穿通枝皮弁を用いた下肢悪性腫瘍の治療経験 Skin Cancer 18 334-337 2003

22. 木村中,舟山恵美:当院での坐骨部褥瘡の検討. 日本褥瘡学会誌6:616-620,2004 31.木村中:唇顎口蓋裂児に対する一連の治療ー当院での形成外科と歯科矯正とのかかわりについてー. 日本成人矯正歯科学会雑誌 11(2):84-94,2004

23. 木村中,舟山恵美,蔵盛理保子,古屋和彦,七戸龍司,皆川知広,小山明彦: 側頭筋膜弁で再建した耳後部有棘細胞癌の1例. 道南医学会誌 39:196−198, 2004

24. 舟山恵美,木村中,皆川知広,小山貴弘:耳介を用いたcomposite graft変法による鼻翼縁再建の1例.道南医学会誌39:199−201,2004

25. 皆川知広,小山明彦,木村中,舟山恵美:Microvascular augmented Occipito-Cervico-Dorsal flap(OCD flap)により再建した項部慢性膿皮症の治療経験.道南医学会誌39:201−204, 2004

26. 藤岡浩賢:GLI3 morphopathyの再評価?合指症1型を合併した軸前性多趾症4型1例および軸前性多指症1型3例におけるGLI3遺伝子解析.北海道医学雑誌 79:275-283,2004

27. 吉田哲也,今井智浩:人工真皮と足底からの分層植皮術を用いた低侵襲治療が 著効した超高齢仙骨部巨大褥瘡の1例.沖縄医学会雑誌42:63-66,2004

症例報告

(和文)
1. 関堂 充,山本有平,杉原平樹:乳児臍ヘルニアに対する早期圧迫治療の経験,日形会誌 25, 471-474, 2005

2. 大澤昌之,堀内勝己,吉田哲憲,堤田 新,山本有平:眼輪筋を茎とする全層V-Y法を用いた上眼瞼再建,日本頭蓋顎顔面外科学会誌 21, 310-315, 2005

3. 小山明彦,川嶋邦裕,澤村 豊,山本有平,佐々木了,杉原平樹:遊離頭蓋骨移植による頬部硬性再建の一例,日形会誌 25: 454-458, 2005

4. 近藤雅嗣,皆川英彦,舟山恵美,山本有平:先天性両側鼻孔狭窄の1例,日形会誌 25: 686-689, 2005

5. 大谷秀和,横山統一郎,山本有平:若年者に発症した基底細胞癌の1症例,日形会誌 25: 683-685, 2005

その他

(和文)
1. 堀内勝己,吉田哲憲:皮膚CUREシリーズ『外傷性潰瘍』;メディカルレビュー社, 2004.9.

2. 小山明彦,西平順,舟山恵美,杉原平樹:ケロイドにおけるマクロファージ遊走阻止因子の過剰発現と病態に果たす役割.第9回ケロイド・肥厚性瘢痕研究会記録集: 40-46, 2003.

3. 木村中: 特集 アザやシミをあきらめていませんか. メディカルはこだて 14: 42-43,2004

4. 山本有平:マイクロサージャリー. Current Therapy 22(12):87, 2004

5. 山本有平: キャンバス&キャンバス. 北海道医療新聞. 1554: 2, 2004

6. 杉原平樹:北海道大学病院. 得意分野で選ぶいい病院いいドクター,財界さっぽろ特集号: 26,2004

7. 山本有平:北海道大学病院形成外科.得意分野で選ぶいい病院いいドクター, 財界さっぽろ特集号:41,2004

8.佐々木了:腫瘤性血管奇形の診断と硬化療法. 札医通信 440:8-10, 2004
 
93. 松尾淳子,小浦場祥夫,竹内幸代,玉村晃,松本和子,安田聖人,長谷川小真子:サーモグラフィーによる褥瘡治癒過程の評価.第6回日本褥瘡学会学術集会,2004.09.03-04,札幌

94. 松尾淳子,小浦場祥夫,竹内幸代,若原真美,中西洋子,玉村晃,高尾佳秀,吉田由美子,釘田政紀:ベビーパウダー散布によるズレ力低減効果の検討.第6回日本褥瘡学会学術集会,2004.09.03-04,札幌

95. 堤田 新,山本有平,杉原平樹,青柳 哲,清水 宏,伊藤智雄,木村鉄宣,中駄邦博,玉木長良:皮膚悪性腫瘍におけるセンチネルリンパ節生検. 第359回日本皮膚科学会北海道地方会,2004.09.13,札幌

96. 前多一彦,浜田淳一,高橋葉子,多田光宏,杉原平樹,守内哲也: ヒト皮膚悪性黒色腫におけるHOX遺伝子の発現異常と遠隔転移. 第63回日本癌学会学術総会,2004.09.29-10.01,福岡

97. 堤田 新,佐々木了,関堂 充,小山明彦,山本有平,杉原平樹:いわゆる赤アザに対するパルス幅可変式ダイレーザーの使用経験. 第23回日本レーザー医学会北海道地方会,2004.10.09,札幌

98. 山本有平,川嶋邦裕,関堂 充,矢島和宜,杉原平樹,野平久仁彦,新冨芳尚:血管柄付き骨移植:上顎再建 〜movie style presentation〜. 第31回日本マイクロサージャリー学会,2004.10.14-15,熊本

99. 冨士森英之 関堂 充 山本有平 杉原平樹:浅頸動脈穿通枝皮弁を用いた放射線鎖骨壊死の再建. 第31回日本マイクロサージャリー学会,2004.10.15,熊本

100. 藤岡浩賢,川嶋邦裕,山本有平,杉原平樹,崎山幸雄,有賀 正,堀内勝己,井川浩晴:Treacher Collins症候群10症例におけるTCOF1遺伝子解析. 第68回日本形成外科学会北海道地方会,2004.10.16,札幌

101. 関堂 充,山本有平,佐々木了,古川洋志,杉原平樹,本間明宏,永橋立望,古田 康,福田 論,矢島和宜,野平久仁彦,新冨芳尚,八木克憲,渡邊明仁,上田倫弘,山下徹郎:頭頚部,上部消化管再発癌に対する2度目の遊離組織移植による再建. 第68回日本形成外科学会北海道地方会,2004.10.16,札幌

102. 横山統一郎,大谷秀和,川嶋邦裕,山本有平:耳甲介皮弁による耳介上1/3の再建. 第68回日本形成外科学会北海道地方会,2004.10.16,札幌

103. 堤田 新, 山本有平, 杉原平樹,吉田哲憲, 皆川英彦,國分一郎:当科における悪性黒色腫遠隔転移症例の分析. 第68回日本形成外科学会北海道地方会,2004.10.16, 札幌

104. 堤田 新,山本有平, 齋藤 亮, 杉原平樹:皮膚悪性腫瘍・軟部肉腫に対する外来化学療法. 第68回日本形成外科学会北海道地方会,2004.10.16,札幌

105. 板谷純幸,中川あかね,金澤浩之:当科における長期入院患者の在院理由の検討. 第68回日本形成外科学会北海道地方会,2004.10.16,札幌

106. 齋藤典子,本間豊大,堀内勝己,吉田哲憲;有茎筋弁による大腿骨骨髄炎の治療経験. 第68回日本形成外科学会北海道地方会,2004.10.16,札幌

107. 大澤昌之,堀内勝己,近藤雅嗣,吉田哲憲,関 利盛,牧瀬 博;フルニエ壊疽4例の治療経験. 第68回日本形成外科学会北海道地方会,2004.10.16,札幌

108. 七戸龍二,木村 中,皆川知広,吉田哲憲:左足底悪性黒色腫の術後症例に発症した腹部悪性末梢神経鞘腫の1例. 第68回日本形成外科学会北海道地方会,2004.10.16,札幌

109. 櫻井圭祐,竹野巨一,小林朋子,本田耕一,山口 潤:褐色細胞腫の1例. 第68回日本形成外科学会北海道地方会,2004.10.16,札幌

110. 野村和加奈,鈴木裕一:鼠径部皮下に生じた異所性子宮内膜症の1例. 第68回日本形成外科学会北海道地方会,2004.10.16,札幌

111. 大谷秀和,横山統一郎:若年者に発生した基底細胞癌の一例. 第68回日本形成外科学会北海道地方会,2004.10.16,札幌

112. 藤岡浩賢,川嶋邦裕,山本有平,杉原平樹,堀内勝己,崎山幸雄,有賀正: Treacher Collins症候群10症例におけるTCOF1遺伝子解析. 第13回日本形成外科学会基礎学術集会,2004.10.21-22,千葉

113. 北村 孝,西平 順,小山明彦,林 利彦,山本有平,川嶋邦裕,関堂 充,杉原平樹:ケロイドにおけるLPAレセプターの発現とLPA-MIF相互作用についての基礎的検討.第13回日本形成外科学会基礎学術集会,2004.10.21-22,千葉

114. 前多一彦,浜田淳一,高橋葉子,多田光宏,山本有平,畠 真也,守内哲也,杉原平樹: 皮膚悪性黒色腫の発生と遠隔転移におけるHOX 遺伝子の発現パターンの変化.第13回日本形成外科学会基礎学術集会,2004.10.21-22,千葉

115. 林 利彦,佐々木了,山本有平,川嶋邦裕,北村 孝,小山明彦,杉原平樹,西平順:正常皮膚線維芽細胞とケロイド線維芽細胞おけるアラキドン代謝の比較検討. 第13回日本形成外科学会基礎学術集会,2004.10.21-22,千葉

116. 畠 真也,濱田淳一,多田光宏,佐々木了,前多一彦,堤田 新,守内哲也,杉原平樹:悪性黒色腫および色素性母斑における定量的PCRを用いたTyrosinaseおよびPAX遺伝子の解析. 第13回日本形成外科学会基礎学術集会,2004.10.21-22,千葉

117. 川見健也,清原隆宏,熊切正信,安田聖人,小浦場祥夫:指尖部に壊疽を生じた2例.日本皮膚科学会北陸地方会第403回例会,2004.10.31,金沢

118. 佐々木了,関堂充,川嶋邦裕,山本有平,杉原平樹:咀嚼筋内静脈奇形に対する硬化療法. 第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,2004.11.03-05,東京

119. 小山明彦,山本有平,川嶋邦裕,齋藤 亮,齋藤典子,杉原平樹:小耳症手術におけるmastoid fascial flap 〜耳おこし術とsalvage手術への利用〜.第22回日本頭蓋顎顔面外科学会,2004.11.03- 05,東京

120. 小山明彦,井川浩晴,川嶋邦裕,佐々木了,舟山恵美,杉原平樹:口蓋裂術後鼻咽腔閉鎖機能不全の検討 〜発生の危険因子に関するretrospective study〜.第22回日本頭蓋顎顔面外科学会,2004.11.03-05,東京

121. 佐々木健志,佐々木了,川嶋邦裕,小山明彦,山本有平,杉原平樹,井川浩晴:Facial artery musclomucosal (FAMM) flapを用いた口蓋瘻孔閉鎖. 第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,2004.11.03-05,東京

122. 大澤昌之,堀内勝己,吉田哲憲,堤田 新,山本有平,杉原平樹;V-Y眼輪筋皮弁を用いた上眼瞼再建. 第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,2004.11.04-05,東京

123. 鈴木裕一,野村和加奈,山神暁子,安田聖人,斉藤 亮:外鼻再建症例についての検討. 第52回日本職業・災害医学会,2004.11.11-12,岡山

124. 小浦場祥夫,安田聖人,熊切正信,白尾久美子,西 順子,岩下奈津,田端 修:坐位により生じる浅い褥瘡に対する亜鉛華単軟膏を用いた治療.第1回日本褥瘡学会中部地方会学術集会,2004.11.21,金沢

125. 小浦場祥夫,安田聖人,熊切正信:新鮮自家骨髄を用いた下腿難治性潰瘍の治療.第1回日本褥瘡学会中部地方会学術集会,2004.11.21,金沢

126. 松尾淳子,小浦場祥夫,竹内幸代,若原真美,中西洋子,玉村 晃,高尾佳秀,吉田由美子,釘田政紀:ベビーパウダー散布によるズレ力低減効果の検討.第1回日本褥瘡学会中部地方会学術集会,2004.11.21,金沢

127. 松尾淳子,小浦場祥夫:褥瘡治癒過程の評価におけるサーモグラフィーの有効性.第34回日本創傷治癒学会,04.11.29-30,金沢

128. 堀内勝己,吉田哲憲,大澤昌之,近藤雅嗣,佐藤英俊;BCCにて再発転移を繰り返し最終的にSCCと診断された一例. 第360回日本皮膚科学会北海道地方会,2004.12.04,札幌

129. 安田聖人,小浦場祥夫, 飯野志郎,清原隆宏,熊切正信,:熊による顔面外傷の経験.日本皮膚科学会北陸地方会第404回例会,2004.12.12,金沢

130. 長谷川美紀,清原隆宏,熊切正信,安田聖人,小浦場祥夫: Bronchogenic cystの1例.日本皮膚科学会北陸地方会第404回例会,2004.12.12,金沢

III. 研究会,講演会

1. 松尾淳子,若原真実,竹内幸代,玉村 晃,松本和子,小浦場祥夫,安田聖人,長谷川小真子:サーモグラフィーにて田植え植皮術後の経過をおった一事例.第22回創傷スキンケア研究会,2004.01.10,金沢

2. 竹野巨一:褥瘡治療とケアの実際−形成外科の立場から−. 北部檜山医師会学術講演会,2004.2.18,今金町

3. 川見健也,井戸敏子,清原隆宏,熊切正信,坂本泰輔,小浦場祥夫:クリオグロブリン血症の患者に生じた難治性下腿潰瘍.第8回福井アレルギー疾患研究会,2004.02.21,福井

4. 木村 中:褥瘡と熱傷の治療. 科研製薬株式会社 社員教育セミナー,2004.03.02,函館

5. 小浦場祥夫:Therapeutic angiogenesis for chronic ulcer and ischemic limb by autologous unfractioanated bone marrow transplantation−新鮮自家骨髄をそのまま移植する血管新生療法の臨床−.手稲渓仁会病院心臓血管外科セミナー,2004.03.15,札幌

6. 佐々木了:形成外科とは. 井上病院院内研修会,2004.03.24,札幌

7. 高嶋 渉,井戸敏子,清原隆宏,熊切正信,安田聖人,小浦場祥夫,猪口奈緒子:Sentinel node biopsyを施行した表皮内悪性黒色腫の1例.第85回福井県皮膚科医会例会,2004.03.25,福井

8. 小浦場祥夫:ランチョンセミナー12 骨髄幹細胞と人工真皮を用いた新しい治療方法2 新鮮自家骨髄と人工真皮を用いた難治性潰瘍のWound Bed regeneration.第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,札幌

9. 井戸英樹,清原隆宏,熊切正信,安田聖人,小浦場祥夫,奥村良二:耳前瘻孔から出現したと考えられるBCEの1例.第86回福井県皮膚科医会例会,2004.05.27,福井

10. 小浦場祥夫:教育講演 新鮮自家骨髄を用いた難治性潰瘍の治療.第8回北陸皮膚セミナー,2004.06.06,富山

11. 長谷川祐果,田渕真由美,皆川知広,七戸龍司,木村中:フィブラストスプレーで改善した仙骨部褥瘡の1例. 第1回函館地区褥瘡勉強会,2004.06.23,函館

12. 田渕真由美,長谷川祐果,皆川知広,七戸龍司,木村 中:仙骨部の深い褥瘡が外来通院で改善が見られた1例. 第1回函館地区褥瘡勉強会,2004.06.23,函館

13. 小浦場祥夫:ランチョンセミナー 新鮮自家骨髄と人工真皮を用いた難治性潰瘍の治療−創傷治癒における血管新生の病態解析を含めて−.第7回日本組織工学会,2004.07.01-02

14. 小浦場祥夫,安田聖人,清原隆宏,熊切正信:新鮮自家骨髄を用いた血管新生療法による難治性皮膚潰瘍・四肢虚血性疾患の治療.第21回福井県形成医会,2004.07.15,福井

15. 安田聖人,小浦場祥夫,飯野志郎,西川美都子,高嶋渉,清原隆宏,熊切正信:エキスパンダーを用いた小児頭頸部巨大母斑・瘢痕の治療経験.第21回福井県形成医会,2004.07.15,福井

16. 本田耕一:手術をしないで深い褥瘡を治す〜在宅でもできる陰圧閉鎖療法〜.  四国褥瘡ケア研究会,2004.07.17,徳島

17. 木村 中:熱傷・褥瘡に対する形成外科的治療経験. 第1回道南創傷管理セミナー 2004.07.17,函館

18. 本田耕一:手術をしないで深い褥瘡を治す〜在宅でもできる陰圧閉鎖療法〜.  後志地区薬剤師会研修会,2004.07.21,小樽

19. 桑原広昌,村尾尚規,ウイリシア,佐々木健志:下肢血行再建を要した足部難治性潰瘍の2例. 第1回札幌臨床創傷治癒研究会,2004. 07.24,札幌

20. 皆川知広,木村 中,七戸龍司,吉田哲憲,桑原広昌:筋(骨)に及ぶ慢性膿皮症患者におけるwound bed preparation. 第1回札幌臨床創傷治癒研究会,2004.07.24,札幌

21. 今井智浩,吉田哲也:創処置勉強会〜それでも,ガーゼ交換は必要なのか?〜仁愛会浦添総合病院安全管理室・感染管理室主催講演会,2004.08.11,浦添

22. 竹野巨一:こんなシミ,こんなホクロは要注意!!−シミのレーザー治療と皮膚癌の治療−. 札幌市医師会地域健康教室,2004.08.19,札幌

23. 松尾淳子,小浦場祥夫,竹内幸代,中西洋子,吉田由美子,玉村 晃,高尾佳秀,釘田政紀:ズレ力に対するベビーパウダー散布の効果の検討.地域医療振興協会学術集会看護研究発表会,2004.08.21,東京

24. 小浦場祥夫:特別講演2 われわれの行っている下腿・足難治性潰瘍の外科治療−植皮術から骨髄を用いた血管新生療法まで−.第2回神戸Podiatry Meeting,2004.09.11,神戸

25. 本田耕一:誰でもできる陰圧閉鎖療法. 北海道看護協会地域別研修会,2004.10.02,江別

26. 川見健也,清原隆宏,熊切正信,安田聖人,小浦場祥夫:指尖部に壊疽を生じた2例.第14回北陸MMC研究会,2004.10.30,金沢

27. 本田耕一:手術をしないで深い褥瘡を治す〜在宅でもできる陰圧閉鎖療法〜. 済美会昭和病院地区合同研修会,2004.11.12,尼崎

28. 小浦場祥夫,安田聖人,清原隆宏,熊切正信:皮膚難治性潰瘍と骨髄付人工真皮移植により形成された良性肉芽の病理組織学的検討−創傷治癒における血管新生を中心に−.第22回福井県形成医会,2004.11.25,福井

29. 安田聖人,小浦場祥夫,飯野志郎,西川美都子,高嶋渉,井戸英樹,清原隆宏,熊切正信:広範囲熱傷におけるアログラフトの使用経験.第22回福井県形成医会,2004.11.25,福井

30. 長谷川美紀,清原隆宏,熊切正信,安田聖人,小浦場祥夫,吉田正美:Syringomatous carcinoma?の1例.第22回福井県形成医会,2004.11.25,福井

31. 木村 中:褥瘡・熱傷・創傷の治療. 鳥居薬品社員教育セミナー,2004.12.15,函館

学会発表

1)特別講演 (全国学会)
1. 山本有平:特別講演:上顎再建の治療方針〜Marriage of soft and hard tissues〜. 第20回福井県形成外科医会 ?藤沢薬品工業株式会社共催?,福井,2004.03.04

2)宿題報告

3)教育講演

4)シンポジウム
1. Kunihiko Nohira, M.D.:パネル. Aesthetic Refinements in Breast Reconstruction; Comprehensive Approach. The Korean Society of Plastic and Reconstructive Surgeons,(韓国形成外科学会),Jeju Korea,2004.05.07

2.山本有平,杉原平樹:シンポジウムI. 皮弁分類とその根拠 ?学会としての標準化に向けてー:〜2004皮弁分類. 第47回日本形成外科学会総会学術集会,東京,2004.04.07-09

3. Kunihiko Nohira, Yoshihisa Shintomi: International Panel Discussion "Current Topics on Oriental Aesthetic Surgery": Precision Blepharoplasty. 第47回日本形成外科学会総会学術集会,東京,2004.04.07-09

3. 山本有平,堤田 新,皆川知広,大澤昌之,齋藤 亮,杉原平樹,吉田哲憲:ビデオ・コンピューターセッション:眼瞼周囲皮膚悪性腫瘍切除と再建について. 第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,熊本,2004.05.14-15

4. 山本有平,関堂 充,堤田 新,矢島和宜,杉原平樹,古田 康,本間明宏,永橋立望,福田 諭,奥芝俊一,八木克憲:シンポジウム2.:下咽頭・食道の再建?難治性皮膚瘻孔?. 第28回日本頭頚部腫瘍学会・第25回頭頚部手術手技研究会,福岡,2004.06.16-18

5. 木村 中:唇顎口蓋裂児に対する一連の治療 ー当院での形成外科と歯科矯正とのかかわりについてー. 第12回日本成人矯正歯科学会,札幌,2004.06.27

6. 新冨芳尚:シンポジウムI. 大学,施設の美容外科 V.S 開業医の美容外科. 第27回日本美容外科学会総会,軽井沢,2004.10.10

7. 関堂 充,山本有平,佐々木了,杉原平樹,矢島和宜,野平久仁彦,新冨芳尚:主題―頭頚部再建:微小血管吻合後静脈閉塞の経験〜超音波パルスドップラー法を用いた動脈血流変化〜. 第31回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 熊本,2004.10.14-15

8. 堤田 新,畠 真也, 山本有平, 杉原平樹, 吉田哲憲, 堀内勝己:シンポジウム「メラノーマの診断・治療における最近の進歩」: MelanomaのSentinel Node転移陽性例におけるnonSentinel Node転移の予測〜リンパ節郭清省略の可能性を求めて〜 第42回日本癌治療学会,京都,2004.10.27-10.29

9. 山本有平,川嶋邦裕,佐々木了,関堂 充,小山明彦,杉原平樹,古田 康:シンポジウム I. 顔面神経麻痺の治療ー標準化に向けて:ー顔面神経麻痺治療の標準化に向けて ー北大形成外科におけるアプローチー. 第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,東京,2004.11.04-05

10. 川嶋邦裕,佐々木了,小山明彦,杉原平樹,佐藤嘉晃,岡本亨,梶井貴史,日下部豊寿,飯田順一郎:パネルディスカッション,北海道大学における骨延長術の中期成績,第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,東京,2004.11.4-5

5)ワークショップ
1. 小浦場祥夫,安田聖人,坂本泰輔,熊切正信,杉原平樹:ワークショップ2-5;血管新生 新鮮自家骨髄と人工真皮を用いた下腿難治性潰瘍のWound Bed Regeneration.第45回日本脈管学会総会,札幌,2004.10.28-30

6)座談会

7)主題
(全国学会)
1. 関堂 充,山本有平,佐々木了,杉原平樹,矢島和宜,野平久仁彦,新冨芳尚,皆川英彦,本田耕一:主題−足底に用いる皮弁:当科における過去20年の遊離組織移植を用いた足底再建の経験. 第31回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 熊本,2004.10.14-15

2. 小浦場祥夫,安田聖人,坂本泰輔,杉原平樹,清原隆宏,熊切正信:主題12;再生医療 新鮮自家骨髄移植によるWound Bed Regeneration−難治性潰瘍の不良肉芽と骨髄移植後の良性肉芽では何が変わったか−.第13回日本形成外科学会基礎学術集会,東京,2004.10.21-22

3. 小浦場祥夫,安田聖人,坂本泰輔,清原隆宏,杉原平樹,熊切正信:主題III-2;再生医療と創傷治癒 新鮮自家骨髄移植による難治性潰瘍のWound Bedの再生.第34回日本創傷治癒学会,金沢,2004.11.29-30

4. 小浦場祥夫,安田聖人,丸山隆史,坂本泰輔,清原隆宏,杉原平樹,熊切正信:主題I;血管新生療法・消化管の創傷治癒 新鮮自家骨髄筋肉内注射による四肢虚血性疾患の血管新生療法.第34回日本創傷治癒学会,金沢,2004.11.29-30

8)一般発表
(国際・国外学会)
1. Kunihiko Nohira, Kazuyoshi Yajima, Yoshihisa Shintomi: Significance of Endoscopic Surgery in Breast Augmentation. The 7th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Sapporo, 2004.06.11

2. Satoru Sasaki, Yuhei Yamamoto, Mitsuru Sekido, Akihiko Oyama, Arata Tsutsumida and Tsuneki Sugihara: Strategic Management of Intermediate to High flow Vascular Anomalies on Head and Neck Region. The 7th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, 2004.06.10-12, Sapporo

3. Mitsuru Sekido, Yuhei Yamamoto, Tsuneki Sugihara: Arterial blood flow change after free tissue transfer in head and neck reconstruction. The 7th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Sapporo, 2004.06.11

4. Arata Tsutsumida, Yuhei Yamamoto, Tsuneki Sugihara, Tetsunori Yoshida, Katsumi Horiuchi, Chu Kimura, Akira Fujii, Yuichi Suzuki: Can We Predict Non-Sentinel Lymph Node Metastasis by Investigating the Pathological and Molecular Status of Sentinel Lymph Node Characteristics? The 7th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Sapporo, 2004.06.11

5. Oyama A., Funayama E., Hayashi T., Nishihira J. and Sugihara T.: siRNA against TGF-beta1 suppresses collagen pruduction and cell proliferation of keloid fibroblasts. The 7th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Sapporo, 2004.06.11

6. Chu Kimura, Emi Funayama: Experience with Simultaneous Surgery for Multiple Decubitus Ulcers. The 2nd World Union of Wound Healing, 2004.07.08-13, Paris Oyama, A., Funayama, E., Hayashi, T., Nishihira, J. Sugihara, T.: Knockdown of TGF-beta1 by small interfering RNA reduces collagen production and cell proliferation of keloid fibroblasts. The 2nd World Union of Wound Healing, Paris, 2004.07.08-13

7. Oyama, A., Funayama, E., Hayashi, T., Nishihira, J. and Sugihara, T.: Knockdown of TGF-beta1 by small interfering RNA reduces collagen production and cell proliferation of keloid fibroblasts. 2nd WUWHS, Paris, 2004.07.08-13

8. Funayama, E., Chodon, T., Oyama, A., Sugihara,T.: Apoptosis in keloid . The 2nd World Union of Wound Healing, Paris, 2004.07.08-13

9. Sachio Kouraba, Masato Yasuda, Takahiro Kiyohara, Masanobu Kumakiri, Taisuke Sakamoto, Tsuneki Sugihara: Wound Bed Regeneration for Chronic Leg Ulcer by Autologous Bone Marrow Transplantation. The 2nd World Union of Wound Healing, Paris, 2004.07.08-13

10. Satoru Sasaki, Mitsuru Sekido, Tsuyoshi Asano and Tsuneki Sugihara: Percutaneous sclerotherapy for intramuscular venous malformations in masticatory muscles. 15th congress of International Society for the Study of Vascular Anomalies, Wellington, New Zealand, 2004.02.22-25
11. Hiroshi Furukawa, Robert Langley, Tiffany L. Calderone, David Bartos, Jeffrey E. Gershenwald : Adhesion molecule expression on human primary culture lymphatic endothelial cells. 95th Annual Meeting of American Association for Cancer Research, Orlando, Florida, 2004,03.27-31

(全国学会)
1. 佐々木了,関堂充,山本有平,杉原平樹,浅野 剛:血管腫・リンパ管腫に対する硬化療法の有用性. 第106回北海道整形災害外科学会,2004.01.24,札幌

2. 鈴木裕一,山神暁子:Amelanotic melanomaの1例. 第67回釧路皮膚科医会,2004.01.24,釧路

3. 山神暁子,鈴木裕一,堤田 新:頭頂部に生じた皮膚原発adenoid cystic carcinomaの1例. 第67回釧路皮膚科医会,2004.01.24,釧路

4. 野平久仁彦,矢島和宜,新冨芳尚:Anatomical cohesive silicone gel implantのみを用いた乳房再建. 第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

5. 野平久仁彦,矢島和宜,新冨芳尚:腱膜性眼瞼下垂二次修正症例の検討. 第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

6. 木村 中,舟山恵美,蔵盛理保子,小林朋子,小山明彦,大澤昌之,本橋雅寿,森本清隆,太齊公隆:橈骨動脈穿通枝の検討. 第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

7. 藤岡浩賢,川嶋邦裕,関堂 充,山本有平,杉原平樹,有賀正,崎山幸雄,堀内勝己,村尾尚規:軸前性多指(趾)症の遺伝子解析.第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

8. 関堂 充,川嶋邦裕,山本有平,杉原平樹,南本俊之:臍ヘルニア,臍突出症手術に関する一工夫. 第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

9. 堀内勝己,吉田哲憲,大澤昌之,本間豊大,小川弥生,佐藤英俊,遠藤典子,桑原広昌;Silica Granulomaの1例. 第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

10. 矢島和宜,野平久仁彦,新冨芳尚,上田倫弘,中嶋頼俊,栃原義之,山下徹郎,山本有平,関堂 充,杉原平樹:皮弁を用いない口蓋歯槽部再建. 第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

11. 小浦場祥夫,安田聖人,熊切正信:福井大学における自家骨髄を用いた難治性潰瘍治療の試み.第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

12. 小浦場祥夫,安田聖人,熊切正信,田中國義,井隼彰夫:福井大学における自家骨髄を用いた血管新生療法の試み.第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

13. 吉田哲也,今井智浩,天海恵子:低侵襲治療が著効した仙骨・臀部褥瘡患者の治療経験. 第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

14. 吉田哲也,今井智浩,関堂 充,天海恵子,山本有平:巨大腹壁瘢痕ヘルニアに対するComponents Separation法の経験.第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

15. 鈴木裕一,山神暁子,斉藤 亮,安田聖人:頭皮再建を要したケルルス禿頭の1例.第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

16. 坂本泰輔,内山英祐,佐藤健一,藤岡浩賢,北村 孝:眼瞼結膜に発生したepithelial inclusion cystの1例. 第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

17. 遠藤典子,吉田哲憲,堀内勝己,本間豊大;結核性皮下膿瘍の1例. 第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

18. 本間豊大,吉田哲憲,堀内勝己,遠藤典子,田原正彦,佐藤英俊,上林淑人;左側胸部に発症した顆粒細胞腫瘍の1例. 第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

19. 近藤雅嗣,皆川英彦,武藤英生:先天性両側前鼻孔狭窄症の一例. 第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

20. 安田和加奈,竹内章晃,勝沼栄明,大澤昌之,藤田映輝,熊切正信:紅色腫瘤を呈した基底細胞癌の1例.第66回日本形成外科学会北海道地方会,2004.01.31,札幌

21. 木村 中,舟山恵美,蔵盛理保子,藤田靖幸:仏壇のロウソクによる熱傷の4例.     第10回日本熱傷学会北海道地方会,2004.02.14,札幌

22. 佐々木健志,関堂 充,大澤昌之,齋藤 亮,山本有平,杉原平樹,早川峰司,丸藤 哲:当科における同種皮膚移植の経験. 第10回日本熱傷学会北海道地方会,2004.02.14,札幌
23. 西川美都子,川見健也,清原隆宏,熊切正信,安田聖人,岡田忠彦:Follicular Mucinosisの1例.日本皮膚科学会北陸地方会第401回例会,2004.02.22,金沢

24. 高橋秀典,西川美都子,澤井孝宏,清原隆宏,熊切正信,小浦場祥夫,長谷川義典:放射線が奏効した巨大メルケル細胞癌の1例.日本皮膚科学会北陸地方会第401回例会,2004.02.22,金沢

25. 関堂 充,畠 真也,山本有平,杉原平樹,奥芝俊一,川原田陽,七戸俊明,北条秀司,加藤紘之,南本俊之,佐々木路佳,櫛田隆久,熊谷文昭,吉田哲也:Components Separation法を用いた腹壁瘢痕ヘルニアの再建. 第80回北海道外科学会, 2004.02.28, 札幌
26. 関堂 充,川嶋邦裕,山本有平,杉原平樹,南本俊之:臍ヘルニア,臍突出症手術に関する一工夫. 第80回北海道外科学会,2004.02.28,札幌

27. 南本俊之, 佐々木了, 川嶋邦裕, 杉原平樹, 井川浩晴, 木村鉄宣: 多発性脂腺嚢胞症の1例. 第22回日本臨床皮膚外科学会, 2004.02.28,大阪

28. 木村 中,舟山恵美,蔵盛理保子,藤田靖幸:遊離肩甲皮弁で再建した足外側の褥瘡の1例. 第3回日本褥瘡学会北海道地方会,2004.03.20,札幌

29. 小林朋子,本田耕一,竹野巨一,林 利彦,佐野法久,小山明彦,吉田哲也:坐骨部褥瘡に対するアルコール硬化療法の治療経験. 第3回日本褥瘡学会北海道地方会,2004.03.20,札幌

30. 田渕真由美,鳴海利枝,米谷幸枝,三上由美子,北瀬正美,藤井和夫,池田たえ,木村 中,舟山恵美,蔵盛理保子,藤田靖幸:褥瘡ケアに対する意識調査 当院における褥瘡ケアの検討 看護師を対象とした意識調査より. 第3回日本褥瘡学会北海道地方会,2004.03.20,札幌

31. 野平久仁彦,矢島和宜,新冨芳尚:エキスパンダーを用いないインプラントのみによる乳房再建. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07,東京

32. 野平久仁彦,矢島和宜,新冨芳尚:腱膜性眼瞼下垂手術後に二時修正を行った症例の検討. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07,東京

33. 木村 中,舟山恵美,早坂登喜子,村井 茂,小山明彦:両側唇裂における口唇二次修正ーわれわれの経験,特にManchester法による初回手術後の変形に対して. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

34. 佐々木了,山本有平,杉原平樹:リンパ管奇形(リンパ管腫)に対するエタノール硬化療法の検討. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

35. 佐々木了,浅野 剛,大澤昌之,大芦孝平,山本有平,杉原平樹:頭頚部動静脈奇形に対するエタノール動注硬化療法の経験. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

36. 佐々木了,関堂充,堤田新,小山明彦,齋藤亮,山本有平,杉原平樹:当科における乳児血管腫の検討. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

37. 関堂 充,天海恵子,畠 真也,山本有平,杉原平樹,吉田哲也,南本俊之:Components Separation法を用いた腹壁瘢痕ヘルニア再建―適応および合併症の検討―. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

38. 関堂 充,佐々木了,山本有平,杉原平樹:微小血管吻合後静脈閉塞の経験―超音波パルスドップラー法を用いた動脈血流評価―. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

39. 堤田 新, 山本有平, 杉原平樹, 吉田哲憲, 皆川英彦:当科における悪性黒色腫遠隔転移症例の分析. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

40. 堤田 新,山本有平,Mol William,木村 中,鈴木裕一,古川洋志,杉原平樹:当科におけるセンチネルリンパ節生検. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

41. 堀内勝己,吉田哲憲,遠藤典子,本間豊大,桑原広昌,佐藤英俊; BCCと診断され再発転移を繰り返した症例に対し集学的治療が奏功し最終的にSCCと診断された1例. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

42. 小浦場祥夫,安田聖人,坂本泰輔,竹内章晃,清原隆宏,杉原平樹,熊切正信:皮膚悪性腫瘍に対するSentinel Node Biopsy−4年間の治療成績−.第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

43. 鈴木裕一,山神暁子:熱傷後肥厚性瘢痕切除後,再発予防を目的としたbFGF局所投与症例についての検討. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

44. 林 利彦,本田耕一,竹野巨一,佐野法久,小林朋子,小山明彦,吉田哲也,齋藤 亮, 木村 中,山本有平,佐々木了,杉原平樹:無水エタノールを用いた坐骨部褥瘡の治療. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

45. 林 利彦,佐々木了,村尾尚規,山神暁子,畠 真也,天海恵子,杉原平樹,吉田哲也:エタノール硬化療法後の生化学データの検討. 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

46. 安田聖人,坂本泰輔,小浦場祥夫,竹内章晃,清原隆宏,熊切正信:皮膚悪性腫瘍におけるFDG-PETの有用性の検討.第47回日本形成外科学会総会・学術集会,2004.04.07-09,東京

47. 川嶋邦裕,佐々木了,小山明彦,杉原平樹,佐藤嘉晃,岡本亨,梶井貴史,井川浩晴:REDシステムによる上顎骨延長術の検討,第47回日本形成外科学会総会,2004.4.7-9,東京

48. 高橋秀典,西川美都子,澤井孝宏,清原隆宏,熊切正信,小浦場祥夫,長谷川義典:放射線が著効した巨大メルケル細胞癌の1例.第103回日本皮膚科学会総会,2004.04.16-18,京都

49. 鈴木裕一,野村和加奈:当院における褥瘡対策と治療の現状. 第68回釧路皮膚科医会,2004.04.24,釧路

50. 木村 中,皆川知広,七戸龍司,重信恵一,齋藤 亮,内山英祐:椎骨にまで浸潤した背部の巨大な基底細胞癌の1例. 第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,2004.5.14-15, 熊本

51. 堤田 新,畠 真也, 山本有平, 杉原平樹:メラノーマのセンチネルリンパ節転移陽性例に対するリンパ節郭清省略の可能性. 第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2004.05.14-15,熊本

52. 堤田 新,山本有平, 齋藤亮, 杉原平樹: 皮膚悪性腫瘍・軟部肉腫に対する外来化学療法. 第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,2004.05.14-15,熊本

53. 堤田 新,山本有平, 杉原平樹,青柳 哲:鼠径が所属リンパ節のメラノーマでセンチネルリンパ節転移陽性例はどこまで郭清すべきか. 第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2004.5.14-15,熊本

54. 堀内勝己,吉田哲憲,大澤昌之,本間豊大,佐藤英俊,桑原広昌; BCCと診断され再発転移を繰り返した症例に対し集学的治療が奏功し最終的にSCCと診断された1例. 第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,2004.05.14-15,熊本

55. 小浦場祥夫,安田聖人,清原隆宏,坂本泰輔,熊切正信:足部皮膚悪性腫瘍に対するリンパ郭清後のリンパ流に関する検討.第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,2004.05.14-15,熊本

56. 小浦場祥夫,安田聖人,清原隆宏,高橋秀典,長谷川美紀,坂本泰輔,杉原平樹,熊切正信:抗血管新生療法を主体とした血管肉腫に対する集学的治療.第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,2004.05.14-15,熊本

57. 小浦場祥夫,安田聖人,清原隆宏,川見健也,坂本泰輔,竹内章晃,杉原平樹,熊切正信:RI法と色素法を併用した皮膚悪性腫瘍に対するSentinel Node Biopsy−4年間の治療成績−.第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,2004.05.14-15,熊本

58. 齋藤典子,吉田哲憲,堀内勝己,本間豊大,桑原広昌;Bedner腫瘍(Pigmentid DFSP)の2例. 第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,2004.05.14-15,熊本

59. 大澤昌之,堀内勝己,吉田哲憲,堤田 新,山本有平,杉原平樹; V-Y眼輪筋皮弁を用いた上眼瞼再建. 第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,2004.05.14-15,熊本

60. 勝沼栄明,竹内章晃,杉野まり子,村尾尚規,櫻井圭祐,藤岡浩賢:7年後に再発を来した結膜粘表皮癌の1例.第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,2004.05.14-15,熊本

61. 西川美都子,安田聖人,小浦場祥夫,清原隆宏,熊切正信,若原真美:乳房外Paget病の1例.第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,2004.05.14-15,熊本

62. 竹内章晃,勝沼栄明,安田和加奈,杉野まり子,村尾尚規,天海恵子,藤田映輝,櫻井圭祐:耳介不全切断の1例.第18回日本外傷学会,2004.5.20-21,札幌

63. 長谷川美紀,澤井孝宏,井戸敏子,清原隆宏,熊切正信,坂本泰輔,小浦場祥夫,今村好章,青山文代,野坂 和:Langerhans’ cell histiocytosisの1例.日本小児皮膚科学会学術大会,2004.05.29-30,郡山

64. 関堂 充,山本有平,佐々木了,古川洋志,杉原平樹,本間明宏,永橋立望,古田康,福田 論,矢島和宜,野平久仁彦,新冨芳尚,八木克憲,上田倫弘,山下徹郎:頭頚部,上部消化管再発癌における微小血管吻合をもちいた再建に関する検討. 第28回日本頭頚部腫瘍学会学術集会,2004.06.16-18,福岡

65. 堤田 新,山本有平,Mol William,木村中,鈴木裕一,古川洋志,杉原平樹:当科におけるセンチネルリンパ節生検. 当科における頭頸部領域皮膚悪性腫瘍のセンチネルリンパ節生検. 第28回日本頭頸部腫瘍学会,2004.06.16-17,福岡

66. 小浦場祥夫,安田聖人,熊切正信,坂本泰輔,藤枝重治,佐野和生:Perifascial Areolar Tissue付き脂肪移植(PAT-fat graft)の頭頸部再建外科への応用.第28回日本頭頸部腫瘍学会,2004.06.16-18,福岡

67. 井戸英樹,清原隆宏,熊切正信,安田聖人,小浦場祥夫,奥村良二:耳前瘻孔から出現したと考えられるBCEの1例.日本皮膚科学会北陸地方会第402回例会,2004.06.20,金沢

68. 木村 中,皆川知広,七戸龍司,早坂登喜子,村井 茂: Microvascularly augmented Occipito-Cervico-Dorsal flap(OCD flap)により再建した項部慢性膿皮症の1例. 第20回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2004.07.03,福島

69. 佐々木了,関堂充,堤田新,小山明彦,齋藤典子,山本有平,杉原平樹:乳児血管腫の検討. 第20回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2004.07.03,福島

70. 関堂 充,山本有平,皆川知広,近藤雅嗣,杉原平樹:遊離皮弁移植後萎縮の一例―Color Doppler Ultrasonographyをもちいた血流計測における所見―. 第20回日本形成外科学会北海道東北支部学術集会,2004.07.03, 福島

71. 堤田 新,山本有平,古川洋志,杉原平樹,中駄邦博,玉木長良,伊藤智雄,木村鉄宣,吉田哲憲,堀内勝己,鈴木裕一,藤井 暁,木村 中,藤岡浩賢,青柳 哲,清水 宏:当科におけるセンチネルリンパ節生検. 第20回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2004.07.03,福島

72. 堤田 新,齋藤 亮,佐々木健志,山本有平,杉原平樹,大澤昌之,吉田哲憲,皆川英彦:どのようなSCCがリンパ節転移するのか?〜センチネルリンパ節生検の適応を考える〜. 第20回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2004.07.03,福島

73. 小山明彦,山本有平,川嶋邦裕,本田耕一,竹野巨一,小林朋子,齋藤 亮,齋藤典子,櫻井圭祐,杉原平樹:Mastoid fascial flapを用いた小耳症のsalvage operation.第20回日本形成外科学会北海道・東北支部会,2004.07.03,福島

74. 小山明彦,佐々木了,関堂 充,堤田 新,山本有平,齋藤 亮,齋藤典子,天海恵子,杉原平樹:パルス色素レーザーを用いた巨大色素性母斑の複合レーザー治療.第20回日本形成外科学会北海道・東北支部会,2004.07.03,福島

75. 堀内勝己,吉田哲憲,大澤昌之,近藤雅嗣,齋藤典子,田中利明;有茎皮弁にて再建を行った開心術後胸骨骨髄炎の2例. 第20回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2004.07.03,福島

76. 藤井 暁,丹 佑夏,大谷秀和:無色水疱様腫瘤を呈した基底細胞癌の一例. 第20回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2004.07.03,福島

77. 冨士森英之 鈴木茂彦 河合勝也 美原寿之:難治性咽頭皮膚瘻孔の治療経験〜瘻孔周囲組織の置き換えにより創傷治癒を促進させた一例〜. 日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2004.07.03,福島

78. 小林朋子,本田耕一,竹野巨一,林 利彦,櫻井圭祐,小山明彦,吉田哲也:無水エタノールを用いた坐骨部褥瘡の治療. 第20回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2004.07.03,福島

79. 佐々木健志,佐々木了,川嶋邦裕,小山明彦,山本有平,杉原平樹,井川浩晴:Facial artery musclomucosal (FAMM) flapを用いた口蓋瘻孔閉鎖. 第20回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2004.07.03,福島

80. 村尾尚規,桑原広昌,ウイリシア,山本有平,杉原平樹,井川浩晴,西澤典子,福田 論:常染色体22q11.2欠失症候群7例の検討. 第20回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2004.0 7. 03,福島

81. 中川あかね,板谷純幸,金澤浩之,内山英祐:治療に難渋した背部難治性潰瘍の1例. 第20回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2004.0 7. 03,福島

82. ウイリシア,桑原広昌,村尾尚規,菊池慶介,皆川知広,蕨 雄大:Bowen病に合併したメルケル細胞癌の1例. 第20回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2004.0 7. 03,福島

83. 村尾尚規,井川浩晴,杉原平樹:咽頭弁形成術を要した常染色体22q11.2欠失症候群6例の検討. 第44回日本先天異常学会学術集会,2004. 07. 15-17,佐賀

84. 飯野志郎,清原隆宏,熊切正信,安田聖人,小浦場祥夫,今村好章:右上眼瞼の腫脹.第20回日本皮膚病理組織学会,2004.07.24,東京

85. 木村 中,皆川知広,七戸龍二:巻き爪に対する手術の経験. 第19回日本皮膚外科学会,2004.08.28-29,東京

86. 小浦場祥夫,安田聖人,熊切正信,坂本泰輔,竹内章晃,杉原平樹:Perifascial Areolar Tissue (PAT) を用いた腱・骨露出創の治療.第19回日本皮膚外科学会,2004.08.28-29,東京

87. 小浦場祥夫,安田聖人,熊切正信,坂本泰輔,竹内章晃,杉原平樹:Perifascial Areolar Tissue (PAT) graftの応用.第19回日本皮膚外科学会,2004.08.28-29,東京

88. 安田聖人,小浦場祥夫,坂本泰輔,竹内章晃,飯野志郎,西川美都子,高嶋 渉,清原隆宏,熊切正信:小児頭頸部領域におけるエキスパンダーの使用経験.第19回日本皮膚外科学会,2004.08.28-29,東京

89. 安田聖人,小浦場祥夫,飯野志郎,清原隆宏,熊切正信: Superficial BCEの1例.第19回日本皮膚外科学会,2004.08.28-29,東京

90. 木村 中,皆川知広,七戸龍二:遊離肩甲皮弁で再建した足外側の褥瘡. 第6回日本褥瘡学会学術集会,2004.09.03-04,札幌

91. 小浦場祥夫,安田聖人,清原隆宏,坂本泰輔,杉原平樹,熊切正信:良性肉芽とは何か−難治性潰瘍の骨髄移植による治療から得られたこと−.第6回日本褥瘡学会学術集会,2004.09.03-04,札幌

92. 小林朋子,本田耕一,竹野巨一,林 利彦,櫻井圭祐,小山明彦,吉田哲也,山本有平,佐々木了:坐骨部褥瘡に対するアルコール硬化療法の治療経験. 第6回日本褥瘡学会学術集会,2004.09.03,札幌