スタッフ

 △  1998  1999  2000  2001  2002  2003  2004  2005  2006  2007  2008  2009  2010  2011  2012  2013  2014  2015  2016  2017 

2003年 業績

【論文】

1.Yuhei Yamamoto, Tsuneki Sugihara: Reconstruction following total laryngopharyngoesophagectomy and extensive resection of the superior mediastinum: An update. Plastic and Reconstructive Surgery, 111(2): 828-830, 2003

2.Yuhei Yamamoto, Tsuneki Sugihara: Follow-Up : Pelvic reconstruction with a free fillet lower leg flap. Plastic and Reconstructive Surgery, 111(4): 1475-1476, 2003

3.Mitsuru Sekido, Yuhei Yamamoto, Hidehiko Minakawa, Satoru Sasaki, Hiroshi Furukawa, Tsuneki Sugihara, Kunihiko Nohira, Kazuyoshi Yajima, Yoshihisa Shintomi, Syunichi Okushiba, Hiroyuki Kato, Masao Hosokawa: Use of the "supercharge" technique in esophageal and pharyngeal reconstruction to augment microvascular bllod flow. Surgery, 134(3): 420-424, 2003

4.Yuhei Yamamoto, Katsumi Horiuchi, Satoru Sasaki, Mitsuru Sekido, Hiroshi Furukawa, Akihiko Oyama, Kazuyoshi Yajima, Tsuneki Sugihara: Follow-up study of upper limb lymphedema patients treated by microsurgical lymphaticovenous implantation (MLVI) combined with compression therapy.Microsurgery, 23(1): 21-26, 2003

5.Yuhei Yamamoto, Satoru Sasaki, Mitsuru Sekido, Akihiko Oyama, Arata Tsutsumida, Hiroshi Furukawa, Yutaka Sawamura, Tsuneki Sugihara: Alternative approach using the combined technique of nerve crossover and cross-nerve grafting for reanimation of facial palsy. Microsurgery, 23(3): 251-256, 2003

6.Hiroshi Furukawa, Yuhei Yamamoto, Satoru Sasaki, Mitsuru Sekido, Akiteru takeuchi, Tsuneki Sugihara, Satoshi Fukuda, Shunichi Okushiba: Second free jejunal transfer in complicated pharyngoesophageal reconstructions. Journal of Reconstructive Microsurgery, 19(2):93-98, 2003

7.Arata Tsutsumida, Yuhei Yamamoto, Hidehiko Minakawa, Tetsunori Yoshida, Ichiro Kokubu, Tsuneki Sugihara: Indications for lymph node dissection in the treatment of extramammary Paget's disease. Dermatologic Surgery, 29(1): 21-24, 2003

8.Emi Funayama, Chu Kimura, Tsuneki Sugihara: INTERACTION BETWEEN KERATINOCYTES AND FIBROBLASTS IN KELOID: AN IN VITRO SUTUDY AND A CASE REPORT. ANZ journal of SURGERY, 73 supplement: 287, 2003

9.Chu Kimura, Emi Funa8.Emi Funayama, Chu Kimura, Tsuneki Sugihara: INTERACTION BETWEEN KERATINOCYTES AND FIBROBLASTS IN KELOID: AN IN VITRO SUTUDY AND A CASE REPORT. ANZ journal of SURGERY, 73 supplement: 287, 2003

10. Akihiko Oyama, Emi Funayama, Jun Nishihira, Hiroharu Igawa, Tsuneki Sugihara: HIGH EXPRESSION OF MIF IN KELOID AND ITS ROLE IN CELL PROLIFERATION AND COLLAGEN PRODUCTION. ANZ journal of SURGERY, 73 supplement: 287, 2003

11.Satoshi Kondo, Yoshiyasu Ambo, Hiroyuki Kato, Satoshi Hirano, Eiichi Tanaka, Shunichi Okushiba, Toshiaki Morikawa, Hiroharu Igawa, Yuhei Yamamoto, Tsuneki Sugihara: Middle colic artery-gastroepiploic artery bypass for compromised collateral flow in distal pancreatectomy with celiac artery resection. Hepato-Gastroenterology, 50(4):305-307, 2003

12.Takahiro Kiyohara, Masanobu Kumakiri, Sachio Kouraba: Solar elastotic bands in a Japanese man. Journal of American Academy of Dermatology, 49(6): 1193-5, 2003

13.Takahiro Kiyohara, Masanobu Kumakiri, Sachio Kouraba: Malignat melanoma arising from a small congenital melanocytic naevus. Acta Dermato-Venereologica, 83(5): 397-8, 2003

14.Takahiro Kiyohara, Masanobu Kumakiri, Ken-ya Kawami, Sachio Kouraba, Akiteru Takeuchi, Takahiro Sawai, LM Lao, S Anzai, Ken Hashimoto: Apocrine carcinoma of the vulva in a band-like arrangement with inflammatory and telangiectatic metastasis via local lymphatic channels. International Jouranal of Dermatology, 42(1): 71-4, 2003

15.山本有平、杉原平樹、佐々木了、関堂充、堤田新: Anchoring Suspension 法を用いた顔面神経側頭枝麻痺症例の治療経験. 日本形成外科学会会誌, 23(7):407-411,2003

16.畠真也、太田畝久、太田友晴、大澤昌之、山本有平: 糖尿病の足趾部病変に対する局所静脈内交感神経ブロックの経験. 形成外科,46(3): 287-293. 2003

17.藤井暁、矢野智之、國分一郎: 傍転子部穿通動脈皮弁の経験. 形成外科, 46: 697-703, 2003

18.山本有平、杉原平樹:形成外科の治療指針update II.皮膚疾患38.悪性黒色腫. 形成外科, 46(増刊): s63-64, 2003

19.堤田新、杉原平樹:形成外科の治療指針update II.皮膚疾患38.有棘細胞癌. 形成外科, 46(増刊): s65-66, 2003

20.堤田新、杉原平樹:形成外科の治療指針update II.皮膚疾患 38.基底細胞癌. 形成外科, 46(増刊): s66-67, 2003

21.坂村律生、柴田実、杉原平樹: 内側足底皮弁および逆行性内側足底皮弁による足底再建. 形成外科,46(10), 1009-1018, 2003

22.木村中、舟山恵美、早坂登喜子、村井茂、横山朋子: 顎裂を伴わない唇裂患者の梨状孔の骨形態. 日本口蓋裂学会雑誌, 28(1): 20-27, 2003

23.木村中、舟山恵美、本間豊大、小山明彦、北村孝、小林朋子、村尾尚規: 当科で経験した鼻部の基底細胞癌の検討. 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 19(2): 117-124, 2003

24.山本有平、関堂充、杉原平樹、奥芝俊一、古田康: 難治性咽頭・食道皮膚瘻の再建術. 手術, 57(10): 1125-1129, 2003

25.野平久仁彦、矢島和宜、新冨芳尚、細川正夫: 腹直筋皮弁を用いた乳房再建. 手術, 57(10): 1135-1138, 2003

26.堤田新、山本有平、杉原平樹、吉田哲憲、皆川英彦、國分一郎: 陰嚢に生じた悪性黒色腫の1例. Skin Cancer, 18(1): 70-74, 2003

27.木村中、舟山恵美、古屋和彦、横山朋子、林利彦: 頭部血管肉腫の1手術例. Skin Cancer, 18(1): 51-55, 2003

28.井川浩晴、川嶋邦裕、藤岡浩賢、杉原平樹: 顎顔面領域における骨延長:その適応と可能性. 日本創外固定・骨延長学会雑誌, 14(1): 93-98, 2003

29.山本有平: リンパ管静脈移植術によるリンパ浮腫の治療効果及び皮膚性状変化に関する臨床的研究. 財団法人日本リディアオリリー協会, 平成14年度年報, 26: 61-63, 2003

30.鈴木裕一: 人工真皮との同時併用により著効を示したbFGF製剤の使用経験. 臨床と研究, 80(11):147-149, 2003

31.本田耕一: ポケットを有する難治性褥瘡に対する陰圧閉鎖療法の有用性. EBNursing, 3:172-181, 2003

32.本田耕一: ポケットを有する褥瘡の治療 2)negative pressure dressing. Visual Dermatology, 2: 568-569, 2003

33.竹野巨一: 仙骨部褥瘡に起因した非クロストリジウム性ガス壊疽. Visual Dermatology, 2:576-577, 2003

34.河合佳子、竹田明彦、Jeffrey E. Gershenwald、杉原平樹: ヒトリンパ管からのリンパ内皮細胞の直接分離およびその培養法の開発. 医学のあゆみ,206(6,7): 467-468, 2003

35.河合佳子,竹田明彦,Gershenwald JE:培養ヒトリンパ内皮細胞の増殖能.医学のあゆみ, 207(11):959-960, 2003

36.大橋俊夫,河合佳子,水野理介,伊古美文隆:動脈・静脈・リンパ管形成の運命決定機構 リンパ管内皮の細胞生物学.血管医学, 4(6):607-613, 2003

37.河合佳子,竹田明彦,Gershenwald JE:悪性黒色腫症例におけるVEGF-D刺激によるセンチネルリンパ内皮細胞のシグナル伝達経路の解析. 癌と化学療法, 30(13): 2141-2144, 2003

38.川嶋邦裕: イヌ下顎骨延長法におけるinitial gapと骨再生機序の検討. 北海道医誌, 78(3): 239-251, 2003

39.堀内勝己: Treacher Collins 症候群本邦8症例におけるTCOF1遺伝子解析. 北海道医誌, 78(5):419-428, 2003

40.小山明彦:ケロイドにおけるマクロファージ遊走阻止因子の過剰発現と病態に果たす役割.北海道医誌,78(6): 529-539, 2003

41.吉岡充弘、杉山敏郎、山口悦郎、杉原平樹: 服薬を科学する:薬との上手なつきあい方. 北海道医誌, 78(4): 285-287, 2003

42.小山明彦、杉原平樹:傷口の処置 −清浄化と消毒−.治療, 85(10):84-88, 2003

43.本間豊大、舟山恵美、木村中、横山朋子: 大腿筋膜張筋皮弁を用いて鼠径部の巨大な皮膚欠損を再建した1例. 道南医学会誌, 38: 12-14, 2003

44.木村中、本間豊大、古屋和彦、横山朋子、佐々木健志: 上口唇に生じた色素沈着を伴わない基底細胞癌の1例. 道南医学会誌, 38: 14-16, 2003

45.今井智浩、古川洋志、安田聖人、関堂充: 股関節離断術を行った両下肢3度 熱傷の一例. 道南医学会誌,38: 9-11, 2003

46.舟山恵美、木村中、本間豊大、古屋和彦、横山朋子、佐々木健志: 遊離前腕皮弁で再建した頬部悪性黒色腫の1例. 道南医学会誌, 38: 19-21, 2003

47.横山朋子、木村中、本間豊大、舟山恵美、佐々木健志、古屋和彦:足趾移植術により再建した母指悪性黒色腫の1例. 道南医学会誌, 38: 21-24, 2003

48.木村中、舟山恵美、皆川知広、早坂登喜子、村井茂、小山明彦、北村孝、横山朋子: 唇顎口蓋裂における口蓋瘻孔の閉鎖. 函館中央病院医誌, 7: 5−7, 2003

49.矢野智之、横山統一郎、藤井暁、関堂充、山本有平、杉原平樹:遊離空腸移植にモニタリングフラップを用いて血流評価を行った2例. 手稲渓仁会病院医学雑誌、6:21-24, 2003

50.古田康、永橋立望、本間明宏、折館伸彦、目須田康、西澤典子、関堂充、山本有平、奥芝俊一、福田諭: 遊離空腸再建症例における voice prosthesis 一期的挿入による音声再建. 頭頸部腫瘍, 29(1): 81-85, 2003

51.佐藤実香、小林真由美、亀岡桂子、大沢修子、井川浩晴、杉原平樹: 低反発ポリウレタンフォームを使用した腹臥位体幹固定枕の試作. 看護学雑誌, 67(2): 198-203, 2003

52.堤田新、山本有平、皆川英彦、杉原平樹: 結膜悪性黒色腫の治療経験. 日本形成外科学会会誌, 23(2):100-106, 2003

【著書】

1.Yoshihisa Shintomi, Yuhei Yamamoto, Kunihiko Nohira, Hiroshi Furukawa: General Concept of Skin Flaps. Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery. Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu, 247-250, Springer, Tokyo, 2003.1.20

2.Kunihiko Nohira, Yuhei Yamamoto, Yoshihisa Shintomi: Rectus Abdominis Myocutaneous Flap. Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery. Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu, 327-329, Springer, Tokyo, 2003.1.20

3.Yoshihisa Shintomi, Hiroshi Furukawa, Kunihiko Nohira, Yuhei Yamamoto: Prefabricated Flap (Muscle Vascularized Pedicle Flap and Others). Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery. Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu, 388-391, Springer, Tokyo, 2003.1.20

4.Yuhei Yamamoto, Hidehiko Minakawa, Tsuneki Sugihara, Kunihiko Nohira, Yoshihisa Shintomi: Intestine. Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery. Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu,392-395, Springer, Tokyo, 2003.1.20

5.Yuhei Yamamoto, Hidehiko Minakawa, Tsuneki Sugihara, Kunihiko Nohira, Yoshihisa Shintomi: Reconstruction of the Oral Cavity and Esophagus. Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery. Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu, 510-514, Springer, Tokyo, 2003.1.20

6.Kunihiko Nohira, Yuhei Yamamoto, Yoshihisa Shintomi: Breast Reconstruction. Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery. Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu, 515-518, Springer, Tokyo, 2003.1.20

7.川嶋邦裕、杉原平樹: 熱傷の局所療法−外用剤と創被覆剤の選択−. 熱傷の治療 最近の進歩 形成外科advanceシリーズ ,百束比古, 101-111, 克誠堂出版 東京 2003

8.野平久仁彦、新冨芳尚: Free TRAM flapによる乳房再建 皮弁・筋皮弁実践マニュアル1, 波利井清紀, 111-115, 1, 全日本病院出版会, 2002

9.野平久仁彦、新冨芳尚: De-epithelized free flapによる顔面陥凹変形の治療 形成外科ADVANCE シリーズI-1 頭頚部再建外科最近の進歩2, 波利井清紀, 90-95, 1 克誠堂, 2002

10.野平久仁彦、新冨芳尚: 皮弁による最近の胸壁・乳房再建 形成外科ADVANCE シリーズI-4, 皮弁移植法最近の進歩 2, 波利井清紀、鳥居修平, 182-193, 1, 克誠堂, 2002

11.長谷川隆、新冨芳尚: MVP flapとPrefabricated flap. 形成外科ADVANCE シリーズI-4 皮弁移植法最近の進歩 2, 波利井清紀、鳥居修平, 107-116, 1, 克誠堂, 2002

12.佐々木了、杉原平樹、西平順、山本有平、横山統一郎、小山明彦、舟山恵美:トランスジェニックマウスを用いた創傷治癒機構の解明.平成13-14年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書、2003

【雑録】

1. 山本有平、関堂充、横山統一郎、堤田新、古川洋志、矢島和宜、杉原平樹、福田論、古田康、柏村正明、永橋立望、本間明宏、野平久仁彦、新冨芳尚、皆川英彦、吉田哲憲、山下徹郎、八木克憲、野平久仁彦、新冨芳尚、山下徹郎、細川正夫: 中顔面腫瘍切除後の上顎再建症例の検討ーMaxillary buttress 再建の意義ー. 第29回北海道頭頚部腫瘍研究会会誌, 29: 12-13, 2003

2. 関堂充、山本有平、堤田新、古川洋志、杉原平樹、本間明宏、永橋立望、柏村正明、古田康、福田論、矢島和宜、野平久仁彦、新冨芳尚、皆川英彦、八木克憲: Free Anterolateral Thigh Flap(前外側大腿皮弁)をもちいた頭頚部再建. 第29回北海道頭頚部腫瘍研究会会誌, 29: 14-16, 2003

3. 小浦場祥夫: 第33回日本創傷治癒学会 難治性潰瘍に対する骨髄細胞移植. Medical Tribune, 36(52): 20, 2003

4. 小浦場祥夫: 第46回日本形成外科学会 骨髄浸漬人口真皮移植, Medical Tribune, 36(20): 13 , 2003

5. 佐々木了: からだの質問箱ーリンパ管腫ー. 読売新聞, 2003.01.29

【研究会、講演会】

1. 関堂充、佐々木了、山本有平、杉原平樹: 下腿MFHの一例. 第11回北海道マイクロサージャリー研究会, 2003.01.26, 札幌

2. 佐々木了、窪田武浩、村尾尚規、杉原平樹:僧帽弁形成術と同時にpectus barを挿入した漏斗胸の1例.第8回内視鏡・手術手技研究会,2003.02.08,東京

3. 関堂充、山本有平、堤田新、古川洋志、杉原平樹、本間明宏、永橋立望、柏村正明、古田康、福田論、矢島和宜、野平久仁彦、新冨芳尚、皆川英彦、八木克憲: Free Anterolateral Thigh Flap(前外側大腿皮弁)を用いた頭頚部再建. 第29回北海道頭頚部研究会, 2003.02.15, 札幌

4. 山本有平、関堂充、横山統一郎、堤田新、古川洋志、矢島和宜、杉原平樹、福田論、古田康、柏村正明、永橋立望、本間明宏、野平久仁彦、新冨芳尚、皆川英彦、吉田哲憲、山下徹郎、八木克憲:中顔面腫瘍切除後の上顎再建症例の検討ーMaxillary buttress 再建の意義ー. 第29回北海道頭頚部腫瘍研究会, 2003.02.15, 札幌

5. 吉田哲也:褥瘡治療の考え方.浦添総合病院院内サービス,2003.05.23, 沖縄

6. 安田聖人、小浦場祥夫、坂本泰輔、高橋秀典、長谷川美紀、熊切正信: 熊咬傷による外鼻全欠損の再建例. 第19回福井県形成外科医会, 2003.6.19, 福井

7. 小浦場祥夫、安田聖人、坂本泰輔、清原隆宏、熊切正信: Sentinel Node Biopsy in the Detection of Early Metastasis from Sweat Gland Carcinoma. 第19回福井県形成外科医会, 2003.6.19, 福井

8. 佐々木了:乳児血管腫におけるエコー所見とステロイド、レーザーの効果の検討.北大皮膚科症例研究会,2003.07.23,札幌

9. 本田耕一: 原点から考える深い褥瘡の保存的治療. 北海道看護協会研修会, 2003.8.7, 美唄

10. 本田耕一: 原点から考える褥瘡治療. 日総研セミナー, 2003.9.20, 札幌

11. 竹野巨一: 褥瘡ケアーいつでも・どこでも・だれにでもできる!. 北海道看護協会研修会, 2003.9.20 石狩

12. 本田耕一: 誰でもどこでもできる深い褥瘡の治療. 北海道看護協会研修会, 2003.10.18, 江別

13. 高橋秀典、井戸秀樹、川崎勇夫、清原隆宏、熊切正信、小浦場祥夫: ASOによって治癒が遷延した両下肢?度熱傷の1例. 第13回北陸MMC研究会, 2003.10.18, 金沢

14. 坂本泰輔、小浦場祥夫、杉原平樹、清原隆宏、熊切正信: RI法と色素法を用いたリンパ管造影によるセンチネルノードバイオプシー. 第5回西胆振末梢循環障害フォーラム, 2003.11.21, 室蘭

15. 吉田哲也:高齢者の褥瘡.浦添総合病院研修医レクチャー,2003.12.09,沖縄

【国際学会、シンポジウム】

1. 山本有平: リンパ管静脈移植術を用いたリンパ浮腫の治療. 平成15年度日本形成外科学会春期学術研修会, 2003.04.12, 神戸

2. 野平久仁彦: TRAM flapを用いた乳房再建. 形成外科学術研修会. 平成15年度日本形成外科学会春期学術研修会, 2003.04.12, 神戸

3. 山本有平、杉原平樹: ビデオシンポジウム 7:マイクロサージャリーによる血管およびリンパ管吻合の臨床 -リンパ管静脈移植術を用いた上肢慢性リンパ浮腫の治療経験. 第31回日本血管外科学会総会. 2003.07.10-11, 金沢

4. Kawai Y., Bartos D., Prieto V., Mansfield P., Ross M., Chong L. H., Gallagher A., Gershenwald J. E.: Primary culture and initial signaling studies of human lymphatic endothelial cells isolated from melanoma patients undergoing sentinel lymphadenectomy. The 94th American Association for Cancer Research, 2003.7.11-15, Washington D.C.

5. Akihiko Oyama, Jun Nishihira, Emi Funayama, Hiroharu Igawa, Tsuneki Sugihara: High expression of MIF in keloid and its role in cell proliferation and collagen production. The 13th IPRAS, 2003.8.10-15, Sydney

6. Arata Tsutsumida, Jun-ichi Hamada, Mituhiro Tada, Tetsuya Aoyama, Keiji Furuuchi, Tetsuya Moriuchi, Tsuneki Sugihara: Analysis of mechanism for downregulation of E,P-cadherin in human melanoma cells. The 13th IPRAS, 2003.8.10-15, Sydney

7. Chu Kimura, Emi Funayama, Tomohiro Minagawa, Arata Tsutsumida, Tomoko Kobayashi: Facial Reconstruction with Free Forearm Flap. The 13th IPRAS, 2003.8.10-15, Sydney

8. Emi Funayama, Chu Kimura, Tsuneki Sugihara: INTERACTION BETWEEN KERATINOCYTES AND FIBROBLASTS IN KELOID: AN IN VITRO SUTUDY AND A CASE REPORT. The 13th IPRAS, 2003.8.10-15, Sydney

9. Yuhei Yamamoto, Kunihiro Kawashima, Tsuneki Sugihara, Kunihiko Nohira: Panal : Jaw Reconstraction- Management of maxillary defects based on the principle of buttress reconstruction. The 13th IPRAS, 2003.8.10-15, Sydney

10. Sachio Kouraba, Taisuke Sakamoto, Cyu Kimura, Kouichi Honda, Tetsunori Yoshida, Masanobu Kumakiri, Tsuneki Sugihara: Perifascial Areolar Tissue (PAT) Graft. The 13th IPRAS, 2003.8.10-15, Sydney

11. Katsumi Horiuchi, Tadashi Ariga, Kunihiro Kawashima, Hirotaka Fujioka, Hiroharu Ikawa, Tetsunori Yoshida, Yukio Sakiyama, Tsuneki Sugihara: MUTATION ANALYSIS OF JAPANESE TREACHER COLLINS SYNDROME INCLUDING A NEW CASE WITH CRANIOSYNOSTOSIS. The 13th IPRAS, 2003.8.10-15, Sydney

12. 小浦場祥夫、坂本泰輔、木村中、舟山恵美、杉原平樹、熊切正信: 主題演題IV「再生医学の現状と臨床応用II」 Therapeutic angiogenesis by autologous unfractionated bone marrow transplantation. 第12回日本形成外科学会基礎学術集会、2003.10.9-10、東京

13. 河合佳子、Jeffrey Gershenwald、佐々木了、山本有平、杉原平樹、伊古美文隆、大橋俊夫: 主題演題 ヒトリンパ内皮細胞の分離・培養とリンパ系疾患における臨床応用の展望. 第12回日本形成外科基礎学術集会, 2003.10.9-10, 東京

14. 野平久仁彦、矢島和宜、新冨芳尚: パネル 腋窩経由内視鏡手術による「美しい乳房増大術」のコツ. 第26回日本美容外科学会総会, 2003.10.12, 松山

15. Sachio Kouraba, Taisuke Sakamoto, Masato Yasuda, Ken-ya Kawami, Takahiro Kiyohara, Tsuneki Sugihara, Masanobu Kumakiri: Autologous Bone Marrow-impregnated Collagen Sponge Transplantation for Wound Bed Regeneration in Non-healing Chronict Leg Ulcers. Plastic Surgery 2003 (ASPS), 2003.10.25-29, SanDiego

16. 野平久仁彦、矢島和宜、新冨芳尚: パネル 軟部組織の再構築による安全で効果的なface lift. 第21回日本頭蓋顎顔面外科学会, 2003.11.6, 東京

17. 関堂充、山本有平、佐々木了、古川洋志、杉原平樹、矢島和宜、野平久仁彦、新冨芳尚、上田倫弘、山下徹郎: パネル 頭頚部II 頭頚部、上部消化管再発癌における微小血管吻合をもちいた再建. 第30回日本マイクロサージャリー学会, 2003.11.14-15, 岡山

18. 山本有平、川嶋邦裕、関堂充、矢島和宜、杉原平樹、野平久仁彦、新冨芳尚: Buttress理論に基づいた上顎再建法. 第30回日本マイクロサージャリー学会, 2003.11.13-14, 岡山
 
 
 

124. 大澤昌之、関堂充、堤田新、山本有平、杉原平樹、矢島和宜、野平久仁彦、新冨芳尚: 各種穿通枝皮弁を用いた下肢軟部組織欠損に対する治療経験. 第30回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2003.11.13-14, 岡山 

125. 鈴木裕一、山神暁子: 頭皮再建を要したケルズス禿頭の1例. 第66回釧路皮膚科医会, 2003.11.29, 釧路

126. 佐々木了、関堂充、堤田新、小山明彦、山本有平、杉原平樹: 血管腫・リンパ管腫に対する硬化療法. 第84回日本臨床外科学会北海道支部例会, 2003.12.6, 札幌

127. 小浦場祥夫 安田聖人 熊切正信 坂本泰輔 杉原平樹: Wound Bed Regeneration by Autologous Unfractionated Bone Marrow Transplantation. 第33回日本創傷治癒学会, 2003.12.9-10, 千葉

128. 吉田哲也、今井智浩:人工真皮と足底からの分層植皮術を用いた低侵襲治療が著効した超高齢仙骨部巨大褥瘡の1例. 第98回沖縄県医師会医学会総会,2003.12.14,沖縄

129. 高嶋渉 清原隆宏 熊切正信 安田聖人 小浦場祥夫: 臨床的に悪性黒色腫との鑑別を要した脂漏性角化症の1例. 日本皮膚科学会北陸地方会第400回例会, 2003.12.14, 福井

【国内学会】

1. 安田聖人、鈴木裕一: エキスパンダーを用いた瘢痕禿頭の治療. 第63回釧路皮膚科医会, 2003.1.25, 釧路

2. 南本俊之、藤井暁、川嶋邦裕、杉原平樹:治療に難渋した頬部皮膚腫瘤の1例.第64回日本形成外科学会北海道地方会,2003.2.1,札幌

3. 山本有平、関堂充、横山統一郎、堤田新、板谷純幸、佐野法久、杉原平樹、澤村豊: Nerve cross-over 法& Cross nerve grafting 法を用いた新鮮顔面神経麻痺の治療. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.02.01, 札幌

4. 山本有平、関堂充、横山統一郎、堤田新、皆川知広、杉原平樹: 陳旧性顔面神経麻痺側頭枝麻痺症例に対する anchoring suspension 法の治療成績. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.02.01, 札幌

5. 野平久仁彦、新冨芳尚、矢島和宜: 動画で見る腱膜性眼瞼下垂手術のポイント. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1, 札幌

6. 鈴木裕一、安田聖人、斉藤亮、浅野一弘、飛澤慎一、飯塚一: ケラトアカントーマとの鑑別に苦慮した上口唇有棘細胞癌の1例. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1, 札幌

7. 矢野智之、藤井暁、関堂充、山本有平、杉原平樹:遊離空腸移植にモニタリングフラップを用いて血流評価を行った2例. 第64回日本形成外科学会北海道地方会、2003.2.1, 札幌

8. 櫻井圭介,竹内章晃,村尾尚規,天海恵子,藤田映輝:自己注入による陰茎異物の1例.第64回日本形成外科学会北海道地方会,2003.2.1,札幌

9. 小林朋子、村住昌彦、皆川知広: 衛生病巣を形成しながら急速に増大した血管拡張性肉芽腫の一例. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1, 札幌

10. 竹野巨一、佐々木健志、中川あかね: 帯広厚生病院における顔面骨骨折の入院症例の検討. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1, 札幌

11. 金澤浩之、板谷純幸、山神暁子、内山英祐、田中顕太郎: コンタクトレンズ装用が原因と思われる眼瞼下垂症の治療経験. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1, 札幌

12. 竹野巨一、佐々木健志、中川あかね、工藤章裕: 咬合を重視した顎顔面骨骨折の治療ー歯科口腔外科との協力に関してー. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1, 札幌

13. 遠藤典子,吉田哲憲,桑原広昌,池田佳奈枝,皆川智広: リン酸カルシウム骨ペースト(バイオペックス)の眼窩床骨折への使用経験. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1, 札幌

14. 畠真也、天海恵子、佐野法久、太田友晴、大澤昌之:浦添総合病院形成外科における内シャント手術の経験. 第64回日本形成外科学会北海道地方会,2003.02.01,札幌

15. 畠真也、天海恵子:RISとデジタル写真を使ったfullPACSの応用. 第64回日本形成外科学会北海道地方会,2003.02.01,札幌

16. 関堂充、村尾尚規、板谷純幸、皆川知広、安田和加奈、山本有平、杉原平樹、矢島和宜: Free Anterolateral Thigh Flapをもちいた遊離組織移植の検討. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.02.01, 札幌

17. 古川洋志、今井智浩、佐藤隆弘、神裕道、安田聖人、関堂充: 股関節離断術をおこなった下肢III度熱傷の一例. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.02.01, 札幌

18. 佐々木健志、竹野巨一、中川あかね: 外傷性上口唇全欠損の1例. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1 札幌

19. 武藤英生、皆川英彦: 側頭部に発生した悪性青色母斑の治療経験. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1, 札幌

20. 本間豊大、木村中、舟山恵美、南本俊之、金澤浩之、坂本泰輔、小山明彦、齋藤亮: 幼児右足外傷性皮膚欠損に対し、遊離皮弁を用いて再建し、10年間経過観察した1例. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1, 札幌

21. 木村中、舟山恵美、本間豊大、早坂登喜子、村井茂、小林朋子、林利彦、佐野法久: 両側唇裂における口唇の二次修正ー特にManchester法による初回手術後の変形に対する修正についてー.第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1, 札幌

22. 堀内勝己 川嶋邦裕 井川浩晴 藤岡浩賢 有賀正 崎山幸雄 杉原平樹: Treacher Collins 症候群本邦8症例におけるTCOF1遺伝子解析. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1 , 札幌

23. 村井 茂、木村中、舟山恵美、本間豊大: 当院における外科的矯正治療患者の臨床統計ー術前、術後動的矯正治療期間および知覚麻痺を含めた意識調査についてー. 第64回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.2.1 札幌

24. 小林朋子,村住昌彦,安田和加奈: 植皮術を要した使い捨てカイロ(貼用タイプ)による低温熱傷の1例. 第9回日本熱傷学会北海道地方会, 2003.2.8, 札幌

25. 木村中、舟山恵美、本間豊大、勝沼栄明: 上肢の熱傷潰瘍に対する植皮術時の一工夫. 第9回日本熱傷学会北海道地方会, 2003.2.8, 札幌

26. 今井智浩、古川洋志、安田聖人、関堂充: 右股関節離断術を行った両下肢III度熱傷の一例. 第9回日本熱傷学会北海道地方会, 2003.2.8, 札幌

27. 長谷川美紀 澤井孝宏 井戸敏子 清原隆宏 熊切正信 坂本泰輔 小浦場祥夫 谷澤昭彦 西田公一 山田直江 今村好章 青山文代: Langerhans'cell histiocytosisの1例. 日本皮膚科学会北陸地方会第397回例会, 2003.2.23,金沢

28. 川見健也 清原隆宏 熊切正信 小浦場祥夫 坂本泰輔 蕪城裕子 坂井秀彰: 左足底の長径7mm大の悪性黒色腫の1例. 日本皮膚科学会北陸地方会第397回例会, 2003.2.23, 金沢

29. 木村中、舟山恵美、本間豊大、沢田信子、鳴海利枝、三上由美子、北瀬正美、米谷幸江、池田たえ、山田 正: 坐骨部褥瘡の再発に関する検討. 第2回日本褥瘡学会北海道地方会, 2003.3.22, 札幌

30. 鳴海利枝、沢田信子、三上由美子、北瀬正美、米谷幸江、池田たえ、山田正、木村中: 当院での褥瘡対策ー職員へのアンケートを通してー. 第2回日本褥瘡学会北海道地方会, 2003.3.22, 札幌

31. 木村中、舟山恵美、古屋和彦、本間豊大、林利彦、内山英祐、横山朋子: 遊離前腕皮弁でaesthetic unitに従って再建した顔面皮膚悪性腫瘍の検討. 第46回日本形成外科学会総会・学術集会, 2003.4.9-11, 神戸

32. 佐々木了、関堂充、村尾尚規、佐野法久、横山朋子、竹内章晃、杉原平樹: Nuss法にてBarを複数本挿入した症例の検討. 第46回日本形成外科学会総会・学術集会, 2003.4.9−11, 神戸

33. 鈴木裕一、安田聖人、斉藤亮、天海惠子、井川浩晴: 出生前にし得た唇顎裂、唇顎口蓋裂の2例. 第46回日本形成外科学会総会・学術集会, 2003.4.9−11, 神戸

34. 川嶋邦裕、井川浩晴、佐々木了、小山明彦、堀内勝己、太田友晴、南本俊之、杉原平樹: 唇顎口蓋裂に対する顎裂部骨移植術:生着率に影響を与える因子の検討. 第46回日本形成外科学会総会, 2003.04.09-11 , 神戸

35. 村尾尚規、佐々木了、皆川智広、板谷純幸、杉原平樹: サ−モグラフィ−を用いた硬化療法前後の解析. 第46回日本形成外科学会総会・学術集会, 2003.4.9~4.11, 神戸

36. 村尾尚規、佐々木了、林利彦、佐野法久、山神暁子、杉原平樹: 硬化療法とヘモグロビン尿. 第46回日本形成外科学会総会・学術集会, 2003.4.9~4.11, 神戸

37. 関堂充、井川浩晴、横山統一郎、山本有平、杉原平樹、吉田哲憲、皆川英彦: 遊離組織移植をもちいた頭皮の再建に関する検討. 第46回日本形成外科学会総会、学術集会, 2003.04.09-11, 神戸

38. 関堂充、山本有平、佐々木了、竹野巨一、古川洋志、矢島和宜、杉原平樹: 超音波パルスドプラー法をもちいた遊離組織移植後の血流評価ー吻合動脈血流量の測定及び経時的変化ー第2報. 第46回日本形成外科学会総会、学術集会, 2003.04.09-11, 神戸

39. 野平久仁彦、矢島和宜、新冨芳尚: Lateral SMASectomyによるface lift. 第46回日本形成外科学会総会学術集会 2003.4.9,神戸

40. 野平久仁彦、矢島和宜、新冨芳尚: 交換の不要なexpandable implantによる乳房再建. 第46回日本形成外科学会総会学術集会, 2003.4.11, 神戸

41. 堤田新、山本有平、横山統一郎、関堂充、川嶋邦裕、杉原平樹、吉田哲憲、皆川英彦: 血管肉腫長期生存例の検討. 第46回日本形成外科学会総会・学術集会, 2003.4.9-11, 神戸

42. 堤田新、山本有平、横山統一郎、関堂充、近藤雅、杉原平樹、小浦場祥夫: 皮膚悪性腫瘍および軟部腫瘍に対する抗癌剤感受性診断の試み. 第46回日本形成外科学会総会・学術集会, 2003.4.9-11, 神戸

43. 山本有平,杉原平樹,関堂充,横山統一郎,金澤浩之,畠真也,藤井暁: Star flap technique を応用した乳頭再建および陥没乳頭の治療. 第46回日本形成外科学会総会学術集会, 2003.04.9-11, 神戸

44. 小浦場祥夫.: Bone Marrow-impregnated Collagen Spongeによる下腿難治性潰瘍治療:病理組織学的検討と長期成績. 第46回日本形成外科学会総会学術集会, 2003.4.9-11, 神戸

45. 小浦場祥夫: Perifascial Areolar Tissue (PAT) graftの応用:2. free PAT-fat graft. 第46回日本形成外科学会総会学術集会, 2003.4.9-11, 神戸

46. 小浦場祥夫: Perifascial Areolar Tissue (PAT) graftの応用:1. 腱のgliding tissueの再建. 第46回日本形成外科学会総会学術集会, 2003.4.9-11, 神戸

47. 鈴木裕一、山神暁子: Qスイッチルビーレーザーの使用経験. 第64回釧路皮膚科医会, 2003.4.26, 釧路

48. 村尾尚規、井川浩晴、杉原平樹: Opitz症候群の1例. 第27回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2003.5.19-20, 大阪

49. 澤井孝宏 清原隆宏 熊切正信 坂本泰輔 小浦場祥夫 石黒和守: 下腿リンパ浮腫に続発したpseudo-Kaposi's sarcomaの1例. 第102回日本皮膚科学会総会, 2003.5.23-25, 東京

50. 河合佳子、竹田明彦、Jeffrey E. Gershenwald、大橋俊夫: センチネルリンパ節生検時におけるリンパ内皮細胞の分離・培養法の確立. 第27回日本リンパ学会総会, 2003.6.12-13, 東京

51. 鈴木裕一、山神暁子、浅野一弘、真鍋公、高橋達郎、安田聖人、斉藤亮、木村鉄宣:幼児顔面に発症した Combined Nevus ( Blue nevus & Spitzs nevus )の1例. 第19回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2003.6.13−14, 札幌

52. 堤田新、山本有平、横山統一郎、関堂充、杉原平樹: 耳下腺melanomaの1例. 第19回日本皮膚悪性腫瘍学会, 2003.6.13-14, 札幌

53. 堤田新、山本有平、皆川知広、横山統一郎、佐野法久、杉原平樹, 抗癌剤感受性試験に基づいた癌化学療法の臨床経験. 第19回日本皮膚悪性腫瘍学会, 2003.6.13-14, 札幌

54. 木村中、舟山恵美、皆川知広、古屋和彦、小林朋子、佐々木健志: 鼻部側壁に生じた基底細胞癌に対する鼻唇溝皮弁による再建. 第19回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2003.6.13-14, 札幌

55. 山本有平、関堂充、横山統一郎、堤田新、佐野法久、皆川知広、太田友晴、杉原平樹、皆川英彦: 各種穿通枝皮弁を用いた下肢悪性腫瘍の治療経験. 第19回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,2003.06.13-14札幌

56. 小浦場祥夫 坂本泰輔 清原隆宏 川崎勇夫 若原真美 川見健也 熊切正信 杉原平樹: センチネルリンパ節生検により2領域以上のリンパ節群に転移を認めた悪性黒色腫の2例. 第19回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2003.6.13-14, 札幌

57. 小浦場祥夫 坂本泰輔 川見健也 井戸秀樹 清原隆宏 熊切正信 杉原平樹: Lymphatic MappingにおけるHandheld Semiconductor Gamma Counter (eZ-SCOPE) の使用経験. 第19回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2003.6.13-14, 札幌

58. 徳力篤 清原隆宏 熊切正信 小浦場祥夫 竹内章晃: Spindle cell SCCの1例. 第19回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2003.6.13-14, 札幌

59. 小浦場祥夫 坂本泰輔 竹内章晃 清原隆宏 川崎勇夫 徳力篤 川見健也 長谷川美紀 井戸秀樹 熊切正信 杉原平樹: 汗腺系皮膚悪性腫瘍におけるsentinel node biopsyの経験. 第19回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2003.6.13-14, 札幌

60. 安田聖人 井戸秀樹 清原隆宏 熊切正信: Lichen Myxedematosusの1例. 日本皮膚科学会北陸地方会第398回例会, 2003.6.22, 金沢

61. 井戸秀樹 澤井孝宏 井戸敏子 清原隆宏 熊切正信 坂本泰輔 石黒和守: 右腋窩に生じた副乳の1例. 日本皮膚科学会北陸地方会第398回例会, 2003.6.22, 金沢

62. 川見健也 清原隆宏 熊切正信 坂本泰輔: proliferating trichilemmmal tumorの1例. 日本皮膚科学会北陸地方会第398回例会, 2003.6.22, 金沢

63. 堤田新、山本有平、皆川知広、横山統一郎、佐野法久、杉原平樹: 抗癌剤感受性試験に基づいた癌化学療法の臨床経験. 第27回日本頭頚部腫瘍学会, 2003.6.25-27, 金沢

64. 関堂充、山本有平、佐々木了、杉原平樹、矢島和宜、野平久仁彦、新冨芳尚、皆川英彦、古川洋志、本間明宏、永橋立望、古田康、福田論、八木克憲: 上部消化管再建後壊死症例のsalvage手術. 第27回日本頭頚部腫瘍学会, 2003.06.26-27, 金沢

65. 村尾尚規、井川浩晴、杉原平樹: Opitz症候群の1例. 第43回日本先天異常学会学術集会, 2003.7.2-4, 大阪

66. 堀内勝己 有賀正 川嶋邦裕 藤岡浩賢 井川浩晴 吉田哲憲 崎山幸雄 杉原平樹: Treacher Collins 症候群におけるTCOF1遺伝子解析. 第43日本先天異常学会学術集会, 2003.7.2-4, 大阪

67. 佐野法久,佐々木了,関堂充,大澤昌之,工藤信一,蕨雄大,杉原平樹: Nuss法に於てバー固定部周囲の組織に骨化を来した3例. 第19回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会, 2003.7.5, 仙台

68. 齋藤亮,本田耕一,竹野巨一,林利彦,吉田哲憲,桑原広昌,遠藤典子,小橋重親: 褥瘡の治療を契機として発見された転移性痔瘻癌の1例. 第19回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会, 2003.7.5, 仙台

69. 遠藤典子,吉田哲憲,堀内勝己: aneurysmal variant of dermatofibromaの1例. 第19回日本形成外科学会北海道・東北支部集会, 2003.7.5, 仙台

70. 大谷秀和,佐々木健志,桑原広昌,竹野巨一: 肛門周囲に発生した基底細胞癌の1例. 第19回日本形成外科学会北海道・東北支部集会, 2003.7.5, 仙台

71. 矢島和宜、野平久仁彦、新冨芳尚、山本有平、関堂充、杉原平樹、上田倫弘、林信、中嶋頼俊、山下徹郎: 重複癌に対し複数皮弁を用いた再建を行った症例に対する検討. 第19回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会, 2003.7.5, 仙台

72. 矢島和宜、野平久仁彦、新冨芳尚: 結紮の基本手技に対する小工夫. 第19回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会, 2003.7.5, 仙台

73. 佐々木健志,桑原広昌,大谷秀和,竹野巨一,中川あかね: 帯広厚生病院における凍傷症例の検討. 第19回日本形成外科学会北海道・東北支部集会, 2003.7.5, 仙台

74. 関堂充、皆川知広、山本有平、杉原平樹: 微小血管吻合術後内頚静脈血栓の2症例. 第19回日本形成外科学会北海道東北支部学術集会, 2003.07.05, 仙台

75. 小山明彦,川嶋邦裕,佐々木了,井川浩晴,杉原平樹,澤村豊:頭蓋骨を用いた頬骨再建の一例.第19回日本形成外科学会北海道・東北支部集 会,2003.7.5, 仙台

76. 本田耕一,竹野巨一,林利彦,齋藤亮: ポケットを有する難治性褥瘡に対する陰圧閉鎖療法の有用性. 第19回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会, 2003.7.5, 仙台

77. 堤田新、山本有平、関堂充、皆川知広、大芦孝平、ウイリシア、杉原平樹: 耳下腺悪性黒色腫の1例. 第19回日本形成外科学会北海道東北支部学術集会, 2003.7.5, 仙台

78. 堤田新、山本有平、関堂充、皆川知広、蔵盛理保子、杉野まり子、杉原平樹: 抗癌剤感受性試験に基づいた癌化学療法の臨床経験. 第19回日本形成外科学会北海道東北支部学術集会, 2003.7.5, 仙台

79. 板谷純幸、金澤浩之、中川あかね、山神暁子: 腰部から殿部にかけて発生した表在性脂肪腫性母斑の一例. 第19回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,2003.7.5, 仙台

80. 皆川知広、木村中、舟山恵美、古屋和彦、七戸龍司: アポクリン汗嚢腫に併発した有棘細胞癌の1症例. 第19回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会, 2003.7.5, 仙台

81. 木村中、皆川知広、舟山恵美: 口蓋粘骨膜弁と耳介軟骨移植により閉鎖した口蓋鼻腔瘻の経験. 第19回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会, 2003.7.5, 仙台

82. 小浦場祥夫 坂本泰輔 安田聖人 熊切正信 木村中 舟山恵美 横山朋子 竹内章晃 山本有平: Tie Up Technique for Hemorrhageless Resection of Diffuse Neurofibroma. 第19回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会, 2003.7.5, 仙台

83. 山神暁子、鈴木裕一: 当科におけるBCCの症例の検討. 第65回釧路皮膚科医会, 2003.7.12, 釧路

84. 木村中、舟山恵美、皆川知広、古屋和彦、横山朋子、小山明彦: 鼻部に生じた基底細胞癌の再建方法. 第18回日本皮膚外科学会, 2003.8.23-24, 岐阜

85. 安田聖人 小浦場祥夫 坂本泰輔 高橋秀典 長谷川美紀 熊切正信: 熊咬傷による外鼻全欠損の再建例. 第18回日本皮膚外科学会総会・学術集会, 2003.8.23-24, 岐阜

86. 小浦場祥夫 安田聖人 坂本泰輔 木村中 舟山恵美 熊切正信. Bone Marrow-impregnated Collagen Sponge Transplantationによる難治性潰瘍のWound Bed Regeneration. 第18回日本皮膚外科学会, 2003.8.23-24, 岐阜

87. 木村中、舟山恵美、皆川知広、沢田信子、鳴海利枝、米谷幸江、北瀬正美、三上由美子、田渕真由美、池田たえ: 当院での坐骨部褥瘡の検討. 第5回日本褥瘡学会学術集会, 2003.8.29-30, 大宮

88. 小浦場祥夫 坂本泰輔 安田聖人 石田久哉 杉原平樹 熊切正信: 自家骨髄を用いた難治性潰瘍のWonud Bed Regeneration. 第5回日本褥瘡学会学術集会, 2003.8.29-30, 大宮

89. 西川美都子 高嶋渉 清原隆宏 熊切正信 安田聖人 小浦場祥夫: plantal fibromatosisの2例. 日本皮膚科学会北陸地方会第399回例会, 2003.9.7, 金沢

90. 高嶋渉 清原隆宏 熊切正信 安田聖人 小浦場祥夫: 臨床的に悪性黒色腫との鑑別を要した脂漏性角化症の1例. 日本皮膚科学会北陸地方会第399回例会, 2003.9.7, 金沢

91. 佐々木了、堤田 新、関堂 充、小山明彦、杉原平樹:色素性母斑に対するレーザー治療の検討.第22回日本レーザー医学会北海道地方会,2003.09.13,札幌

92. 河合佳子、Jeffrey Gershenwald、竹田明彦、大橋俊夫: VEGF-D刺激によるセンチネルリンパ内皮細胞のMAP Kinaseリン酸化経路の解析. 第62回日本癌学会総会, 2003.9.25-27, 名古屋

93. 前多一彦,浜田淳一,高橋葉子,多田光宏,山本有平,川嶋邦裕,佐々木了,杉原平樹,守内哲也: 悪性黒色腫におけるReal-timePCRを用いたHOX遺伝子の発現パターン解析. 第62回日本癌学会総会2003.09.25-27, 名古屋

94. 金澤浩之、板谷純幸、中川あかね、井川浩晴: 口唇腫瘍切除による口唇欠損の再建についての検討. 日本皮膚科学会東部支部総会・学術大会, 2003.9.27-28, 旭川

95. 清原隆宏 熊切正信 小浦場祥夫: Solar elastotic bandsの1例. 第67回日本皮膚科学会東部支部総会・学術大会, 2003.9.27-28, 旭川

96. 堤田新、山本有平、William Mol, 畠真也、前多一彦、佐々木了、川嶋邦裕、杉原平樹: SCCのリンパ節における癌関連遺伝子発現による微小転移診断. 第12回日本形成外科学会基礎学術集会,2003.10.9-10, 東京

97. 藤岡浩賢、川嶋邦裕、佐々木了、山本有平、井川 浩晴、杉原平樹、有賀正、崎山幸雄、堀内勝己: 軸前性多指症の遺伝子解析. 第12回日本形成外科学会基礎学術集会, 2003.10.9-10, 東京

98. 北村孝、西平順、小山明彦、林利彦、井川浩晴、山本有平、川嶋邦裕、佐々木了、杉原平樹: ケロイド線維芽細胞の遊走におけるマクロファージ遊走阻止因子の機能と役割. 第12回日本形成外科学会基礎学術集会, 2003.10.9-10, 東京

99. 小山明彦,林利彦,舟山恵美,西平順,北村孝,井川浩晴,川嶋邦裕,佐々木了,杉原平樹:siRNAのケロイド治療への法用を目指した基礎的研究〜TGF-βをターゲットとして〜.第12回日本形成外科学会基礎学術集会,2003.10.9-10,東京

100. 前多一彦,浜田淳一,高橋葉子,多田光宏,山本有平,川嶋邦裕,佐々木了,守内哲也,杉原平樹: 悪性黒色腫におけるReal-timePCRを用いたHOX遺伝子の発現パターン解析. 第12回日本形成外科学会基礎学術集会 2003.10.09-10, 東京

101. 堀内勝己 有賀正 川嶋邦裕 藤岡浩賢 山本有平 佐々木了 井川浩晴 吉田哲憲 崎山幸雄 杉原平樹: Treacher Collins 症候群11例におけるTCOF1遺伝子解析. 第12日本形成外科学会基礎学術集会, 2003.10.9-10, 東京

102. 野平久仁彦、矢島和宜、新冨芳尚: Lateral SMASectomyの効果とその応用. 第26回日本美容外科学会総会, 2003.10.12, 松山

103. 山神暁子、鈴木裕一、堤田新、浅野一弘、大坪紗和: 頭頂部に生じた皮膚原発Adenoid cystic carcinomaの1例. 第65回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.10.18, 札幌

104. 佐々木了、関堂充、堤田新、小山明彦、齋藤亮、ウイリシア、杉原平樹:当科における苺状血管腫の検討.第65回日本形成外科学会北海道地方会,2003.10.18,札幌

105. 南本俊之、佐々木了、川嶋邦裕、杉原平樹、井川浩晴、木村鉄宣:多発性脂腺嚢胞症の一例.第65回日本形成外科学会北海道地方会,2003.10.18,札幌

106. 坂本泰輔、内山英祐、ウイリシア、北村孝、藤岡浩賢、勝沼栄明: 難治性潰瘍として当科を受診した壊疽性膿皮症の1例. 第65回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.10.18, 札幌

107. 遠藤典子,吉田哲憲,堀内勝己,本間豊大: 臍形成術を行った臍部表皮嚢腫の1例. 第65回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.10.18, 札幌

108. 坂本泰輔、内山英祐、ウイリシア、北村孝、藤岡浩賢、勝沼栄明: 発砲ウレタンエアゾール缶の破裂による顔面外傷の1例. 第65回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.10.18, 札幌

109. 大芦孝平、佐々木了、山本有平、杉原平樹、牛越聡、浅野剛: 動静脈奇形に対する経動脈的硬化療法の経験. 第65回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.10.18, 札幌

110. 竹内章晃,村尾尚規,安田和加奈,天海恵子,藤田映輝:耳介不全切断の1例.第65回日本形成外科学会北海道地方会,2003.10.18,札幌

111. 舟山恵美、木村中、皆川知広、古屋和彦、七戸龍司: 基底細胞癌と有棘細胞癌の両者の組織所見をもつ潰瘍性腫瘍の1例.第65回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.10.18, 札幌

112. 大澤昌之、山本有平、関堂充、堤田新、蔵盛理保子、杉原平樹: 穿通枝皮弁を用いた下肢悪性腫瘍の再建. 第65回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.10.18, 札幌市 

113. 前多一彦,浜田淳一,高橋葉子,多田光宏,山本有平,川嶋邦裕,佐々木了,守内哲也,杉原平樹: 悪性黒色腫におけるReal-timePCRを用いたHOX遺伝子の発現パターン解析. 第65回日本形成外科学会地方会, 2003.10.18, 札幌

114. 佐野法久,本田耕一,竹野巨一,小林朋子,堤田新,山本有平,杉原平樹,皆川英彦,吉田哲憲,国分一郎: 北海道大学形成外科における過去22年間の悪性付属器腫瘍の治療経験. 第65回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.10.18, 札幌

115. 林利彦,本田耕一,竹野巨一,小山明彦,吉田哲也,齋藤亮: 無水エタノールを用いた坐骨部褥瘡の治療.第65回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.10.18, 札幌

116. 堤田新、山本有平、大芦孝平、杉原平樹、吉田哲憲、皆川英彦、國分一郎: UICC新分類による悪性黒色腫の 予防的リンパ節郭清. 第65回日本形成外科学会北海道地方会, 2003.10.18, 札幌

117. 天海恵子、吉田哲也、畠真也:背部弾性線維腫の3例. 第65回日本形成外科学会北海道地方会,2003.10.18,札幌

118. 河合佳子、水野理介、伊古美文隆、大橋俊夫: ラットリンパ内皮細胞の培養株樹立とリンパ管新生の検討. 第44回日本脈管学会総会, 2003.11.6-8, 福岡

119. 関堂充、山本有平、佐々木了、古川洋志、杉原平樹、矢島和宜、野平久仁彦、新冨芳尚: 超音波パルスドプラー法をもちいた遊離組織移植後の血流評価ー吻合動脈血流量の測定及び経時的変化ー. 第30回日本マイクロサージャリー学会, 2003.11.13-14, 岡山

120. 矢島和宜、野平久仁彦、新冨芳尚、上田倫弘、林信、中嶋頼俊、栃原義之、山下徹郎、山本有平、関堂充、杉原平樹: 7重癌に対し3回の遊離皮弁を用いて再建した1症例. 日本マイクロサージャリー学会, 2003.11.13-14, 岡山

121. 木村中、舟山恵美、蔵盛理保子、古屋和彦、七戸龍司、皆川知広、小山明彦: 側頭筋膜弁で再建した耳後部有棘細胞癌の1例. 第56回道南医学会, 2003.11.16, 函館

122. 舟山恵美、木村中、皆川知広、小山貴弘: 耳介を用いたcomposite graft変法による鼻翼縁再建の1例. 第56回道南医学会, 2003.11.16, 函館

123. 皆川知広、舟山恵美、木村中、小山貴弘、小山明彦: Microvascular-augmented occipito-cervico-dorsal flapにより再建した項部慢性膿皮症の治療経験. 第56回道南医学会, 2003.11.16, 函館