スタッフ

 △  1998  1999  2000  2001  2002  2003  2004  2005  2006  2007  2008  2009  2010  2011  2012  2013  2014  2015  2016  2017 

2012年 業績

I 著書

1. 舟山恵美,山本有平: 皮弁術後の創傷管理創傷.創傷のすべて(監修市岡滋),288-291,克誠堂出版,東京,2012

2. 小浦場祥夫:急性創傷治療の基本─病院受診から縫合まで、縫合から抜糸までの流れ─.創傷のすべて(市岡滋監修),18-27,克誠堂,東京,2012

3. 小浦場祥夫:創傷被覆材を用いた創傷管理.NEW褥瘡のすべてがわかる(真田弘美、宮地良樹編著),278-290,永井書店,東京,2012

II 綜説

1. 山本有平:上眼瞼弛緩症/腱膜性眼瞼下垂症手術における重瞼術,形成外科 55,165-171,2012

2. 関堂 充,山本有平,他:舌亜全摘以上の欠損に対する機能的再建法,形成外科 55,23-29,2012

3. 古川洋志,山本有平:イチからはじめるマイクロサージャリー:神経のマイクロサージャリー:われわれの縫合法1. PEPARS 69, 68-74, 2012

4. 古川洋志,舟山恵美,山本有平:血管腫・血管奇形治療マニュアル:血管腫・血管奇形の保存的対処法,PEPARS 71,19-25,2012

5. 小山明彦:研修医・外科系医師が知っておくべき形成外科の基本知識と手技−顔面骨骨折−下顎骨.形成外科,増刊55,S217-S220,2012

6. 小浦場祥夫:難治性潰瘍に対する創傷被覆材による治療.形成外科 55(3),275-286,2012

7. Kouraba S: Management of Chronic Wounds: Practice and Challenges of Wound Bed Preparation. AL-media Separate Print from 20th August, 2011 issue, 2012

8. 小浦場祥夫:Part 10. 治療・創傷処置 Q55 デブリードマン後の創部に対する効果的な創傷被覆材と外用抗菌薬の使い方は?. 看護技術2012年10月臨時増刊号 フットケア創傷治療Q&A(大浦紀彦編集協力), 136-138,メヂカルフレンド社,東京,2012

9. 小浦場祥夫:Part 10. 治療・創傷処置 Q58 デブリードマン後に感染を予防するには、どのように抗菌薬を使用すればいいの?. 看護技術2012年10月臨時増刊号 フットケア創傷治療Q&A(大浦紀彦編集協力), 144-145,メヂカルフレンド社,東京,2012

III 原著

(和文)
1. 古川洋志,前田 拓,齋藤 亮,林 利彦,山本有平:当教室におけるマイクロサージャリーのトレーニングの一試案:非生体モデルと研修医によるビデオプレゼンテーション.日本マイクロサージャリー学会25,16-21,2012

2. 古川洋志,大澤昌之,齋藤 亮,林 利彦,舟山恵美,小山明彦,関堂 充,山本有平:Best articles of the year: インドシアニングリーン蛍光リンパ管造影によるdermal lymphatic back-flowを標的とした、乳がん術後上肢リンパ浮腫に対するリンパ管静脈移植術.北海道医学雑誌87,270,2012

3. 古川洋志,七戸龍司,蕨 雄大,山本有平:北大形成外科における顔面神経再建時の端側神経縫合と、表情筋の神経二重支配の検証:「ネットワーク型再建」の定義について.Facial N Res Jpn 32,29-31,2012

4. 古川洋志,七戸龍司,蕨 雄大,齋藤 亮,林 利彦,山本有平:顔面神経再建方法の分類と呼称:ネットワーク型再建とその周辺の用語について.Facial N Res Jpn 32,44-45,2012

5. 林 利彦,古川洋志,大芦孝平,小山明彦,舟山恵美,山本有平:リンパ節郭清術:頚部−皮膚がん治療における頚部郭清術の工夫−. Skin Cancer, 27, 268, 2012

6. 古川洋志,林 利彦,大芦孝平,小山明彦,舟山恵美,山本有平,堤田 新,齋藤 亮,皆川英彦,吉田哲憲:皮膚がんに特化した腋窩リンパ郭清手術についての検討.Skin Cancer 27, 274, 2012

7. 林 利彦,古川洋志,大芦孝平,小山明彦,舟山恵美,山本有平:ICGを併用したnavigation surgery− SLNBおよび腫瘍切除/所属リンパ節郭清に対する新たな取り組み −. Skin Cancer, 27, 294-295, 2012

8. 古川洋志,林 利彦,大芦孝平,小山明彦,山本有平,堤田 新,齋藤 亮,皆川英彦,國分一郎,吉田哲憲,関堂 充:母指原発悪性黒色腫の切除と再建:北大形成外科の症例をふりかえって.Skin Cancer, 27, 307, 2012

9. 皆川知広,前田 拓,塩谷隆太:[Best articles of the year] 口唇癌切除に伴う非対称性下口唇欠損に対する整容的かつ安全な再建法:Webster法変法として鼻唇溝皮弁を組み合わせた新たな再建術式.北海道医誌 87,274,2012

10. 齋藤 亮,皆川英彦,齋藤典子,舟山恵美,野崎 愛,高橋依子,加藤直子:北海道がんセンター形成外科における皮膚悪性腫瘍症例の検討,Skin Cancer27,137―142,2012

11. 前田 拓,舟山恵美,山本有平:壊死性筋膜炎の評価〜LRINEC scoreおよび予測死亡率評価ツールを用いて〜. 日形会誌32,63〜68,2012

(欧文)
1. Furukawa, H., Sasaki, S., Oyama, A., Funayama, E., Hayashi, T., Saito, N., Nagao, M., Mol, W., Yamamoto, Y. : Efficacy of percutaneous ethanol sclerotherapy for venous malformation in lower extremities: a retrospective reviewof 21 cases. Eur J Plast Surg, in press.

2. Oyama, A., Funayama, E., Furukawa, H., Hayashi, T., Saito, A., Yamamoto, Y.: Minor-Form/Microform Cleft Lip Repair: The Importance of Identification and Utilization of Cupid Bow Peak on the Lateral Lip. Ann Plast Surg in press 2012(Epub)

3. Funayama, E., Minakawa, H., Otani, H., Oyama, A., Furukawa, H., Hayashi, T., Saito, N., Saito, A., Yamamoto, Y.: Effectiveness of muscle coverage to manage osteomyelitis of very late onset in the irradiated chest wall. Surg Today, 306-311, 2012

4. Funayama, E., Sasaki, S., Furukawa, H., Hayashi, T., Yamao, T., Takahashi, K., Yamamoto, Y., Oyama, A.: Effectiveness of combined pulsed dye and Q-switched ruby laser treatment for large to giant congenital melanocytic naevi. Br J Dermatol, 1085-91, 2012

5. Hayashi, T., Furukawa, H., Oyama, A., Funayama E, Saito, A., Murao, N., Yamamoto, Y.: A New Uniform Protocol of Combined Corticosteroid Injections and Ointment Application Reduces Recurrence Rates After Surgical Keloid/Hypertrophic Scar Excision. Dermatol Surg. 38(6):893-7, 2012

6. Hayashi, T., Furukawa, H., Oyama, A., Funayama E, Saito, A., Yamamoto, Y.: Dominant lymph drainage in the facial region: evaluation of lymph nodes of facial melanoma patients. Int J Clin Oncol. 17(4):330-5, 2012

7. Hayashi, T., Furukawa, H., Oyama, A., Funayama E, Saito, A., Yamamoto, Y.: Dominant lymph drainage in the upper extremity and upper trunk region: evaluation of lymph drainage in patients with skin melanomas. Int J Clin Oncol. 2012 (Epub)

8. Saito, A., Minakawa, H., Saito, N., Nagahashi , T.  Indications and outcomes for pedicled pectoralis major myocutaneous flaps at a primary microvascular head and neck reconstructive center. Mod Plast Surg 2, 103-107, 2012

9. Oashi, K., Furukawa, H., Akita, S., et al. Vascularised fat flaps lose 44% of their weight 24 weeks after transplantation. J Plast Reconstr Aesthet Surg, 65: 1403-1409, 2012.

10. Oashi, K., Furukawa, H., Oyama, A., et al. A new model of acquired lymphedema in the mouse hind limb: a preliminary report. Ann Plast Surg, 69: 565-568, 2012.

11. Ryuji Shichinohe, Hiroshi Furukawa, Mitsuru Sekido, Akira Saito,Toshihiko Hayashi, Emi Funayama, Akihiko Oyama, Yuhei Yamamoto.:Direction of innervation after interpositional nervegraft between facial and hypoglossal nerves inindividuals with or without facial palsy: A rat model for treating incomplete facial palsy.Journal of Plastic, Reconstructive & Aesthetic Surgery (2012) 65, 763e770

12. Kenjiro Namikawa, Naoya Yamazaki, Yasuo Nakai, Hironobu Ihn, Yasushi Tomita, Hisashi Uhara, Tatsuya Takeuchi,Yoshio Kiyohara, Yoichi Mori, Yuhei Yamamoto, Fujio Otsuka, Hideki Kamiya, Hajime Iizuka, Naohito Hatta, Takafumi Kadono : Prediction of additional lymph node positivity and clinical outcome of micrometastases in sentinel lymph nodes in cutaneous melanoma: A multi-institutional study of 450 patients in Japan. J Dermatol 39, 130–137, 2012

13. Sano H, Ichioka S, Kouraba S, Minamimura A, Sato T, Sekiya N, Yasuta M.: Treatment of venous ulcers with bone marrow-impregnated collagen matrix. J Plast Surg Hand Surg, 46(1):37-44, 2012

IV 症例報告

(和文)
1. 南本俊之,岩井里子,藤井明人,安藤嘉朗,中村 馨,俵 敏弘,武山佳洋,岡本博之,井上弘行,葛西毅彦,文屋尚史,佐久間智子,一村公人,林 利彦:広範囲頭皮剥脱創の1治療経験.Skin Surgery21,127-131,2012

2. 南本俊之,石川耕資,工藤和洋,下山則彦,林 利彦:悪性グロームス腫瘍の1例.函館医学誌36,19-21,2012

3. 皆川知広,佐藤千草,高橋周子,菊地信明,原田修人:難治性眼瞼痙攣に対して新たなアプローチを用いて著効が得られた1例.形成外科 55,775-782,2012

4. 池田正起,林 利彦,山本有平:術前診断が困難であった耳下腺基底細胞腺腫の治療経験 A Case Report of Basal Cell Adenoma in Parotid Gland, with the Difficult Preoperative Diagnosis. 日形会誌 32,739-744,2012

5. 山尾 健,古川洋志,林 利彦,小浦場祥夫,本田耕一,山本有平:静脈うっ滞性潰瘍から発生し下肢切断を要した有棘細胞癌の治療経験.Skin Cancer 27,64-66,2012

6. 前田 拓,櫻井圭祐,古川洋志,大芦孝平,村中徹人,高橋達郎:早期診断が可能であった卵巣外腹膜漿液性乳頭腺癌の治療経験. Skin Cancer 27,152〜157,2012

7. 石川耕資,石山誠一郎,長尾宗朝,齋藤典子,佐々木了:小陰唇嚢胞状リンパ管奇形の1例.日形会誌32,401-405,2012

8. 石川耕資,齋藤典子,岩嵜大輔,長尾宗朝,佐々木了:体幹に発生したRICH(rapidly involuting congenital hemangioma)の2例.日形会誌32,856-860,2012

(欧文)
1. Furukawa, H., Oyama, A., Funayama, E., Hayashi, T., Yamamoto, Y.: Skin necrosis around bilateral buttock of hikikomori teenager. International Journal of Culture and Mental Health, in press

2. Hayashi, T., Furukawa, H., Oyama, A., Funayama E, Saito, A., Yamao, T., Yamamoto, Y.: Sentinel lymph node biopsy using real-time fluorescence navigation with indocyanine green in cutaneous head and neck/lip mucosa melanomas. Head Neck. 34(5):758-61, 2012

3. Tokuriki A, Kiyohara T, Kouraba S, Kumakiri M.: Spindle cell squamous cell carcinoma not expressing stratified but simple epithelial cytokeratin: efficacy of simple epithelial cytokeratin immunoreactivity. J Dermatol, 39(1): 72-5, 2012

V 雑録・その他

1. 小浦場祥夫:ハイドロサイト薄型でやさしく・きちんと治そう浅いキズ.smith&nephew News Letter 16(June),2012

2. 小浦場祥夫:アクアセルAg&バーシバXCを使いこなして、創傷治癒にベストな”湿潤環境”を!!.ConvaTec Japan ここまで使えるハイドロファイバー vol.1,2012

3. 小浦場祥夫:アクアセルAg&バーシバXCの特性を知って、創傷被覆材の活用領域を広げよう!!.ConvaTec Japan ここまで使えるハイドロファイバー vol.2,2012

4. 小浦場祥夫:滲出液・膿と壊死組織自己融解・感染予防のカンケイ.ConvaTec Japan ここまで使えるハイドロファイバー vol.3,2012

5. 小浦場祥夫:日本褥瘡学会在宅褥瘡セミナー道央ブロックセミナー講演「創傷治癒の観点から考える"いわゆるラップ療法"の意義と褥瘡の創傷管理のあり方」. ベストナース3月号,58-64,2012
 
 


(地方会)
1. 小山明彦,舟山恵美,古川洋志,林 利彦,山本有平:頭髪低位小耳症に対するhinged mastoid fascial flapの有用性.第83回日本形成外科学会北海道地方会,札幌,2012.2.25

2. 小山明彦,岡本 亨,舟山恵美,西澤典子,今井智子,佐藤嘉晃,山本有平:片側唇顎口蓋裂に対する一期手術:全18例の短期経過.第84回日本形成外科学会北海道地方会,札幌,2012.10.20

3. 舟山恵美,小山明彦,西澤典子,三古谷忠,今井智子,三上 愛,佐々木了,岡本 亨,山本有平:術式の違いによる片側唇顎口蓋裂4歳時言語成績の検討.第84回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2012.10.20

4. 南本俊之,石川耕資,中島菊雄,佐藤隆弘,岩井里子,林 利彦:当院における銃創の1治療経験.第65回道南医学会大会,函館市,2012.11.17

5. 南本俊之,石川耕資,工藤和洋,下山則彦,岩井里子,林 利彦:悪性グロームス腫瘍の1治療経験.第65回道南医学会大会,函館市,2012.11.17

6. 吉田哲也:糖尿病壊疽から敗血症に至り救命しえた一例.第2回日本下肢救済足病学会北海道地方会,札幌,2012.4.28

7. 坂本泰輔,大野健太郎,古川洋志,蕨 雄大,高橋紀久子,佐藤千草,岩嵜大輔:高度な肥満症に合併した続発性下肢リンパ浮腫の治療−4例の検討−. 第28回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,札幌,2012.6.30.

8. 林 利彦,古川洋志,小山明彦,舟山恵美,山本有平:頭頚部メラノーマにおけるセンチネルリンパ節生検について −ICG蛍光イメージングの利用−.第83回日本形成外科学会北海道地方会,札幌,2012.2.25

9. 林 利彦,古川洋志,小山明彦,舟山恵美,山本有平:頬部メラノーマ切除後の再建法 −植皮、局所皮弁、遊離皮弁の選択について−.第83回日本形成外科学会北海道地方会,札幌,2012.2.25

10. 林 利彦,古川洋志,小山明彦,舟山恵美,山本有平:下顎再建後の咀嚼機能と整容効果における義歯の役割 −本当に再建後義歯側で咀嚼しているのか?−.第84回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2012.10.20

11. 皆川知広,七戸龍司,本田進,小山明彦:Partial great toe transferにより治療した母指外傷後変形の1症例.第84回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2012.10.20

12. 村尾尚規,林 利彦,池田正起,舟山恵美,小山明彦,古川洋志,山本有平:ケロイド線維芽細胞におけるHGF(Hepatocyte Growth Factor)のTGF-β抑制作用.第83回日本形成外科学会北海道地方会,札幌,2012.2.25

13. 村尾尚規,小山明彦,舟山恵美,林 利彦,古川洋志,山本有平,佐藤嘉晃,梶井貴史:上顎骨仮骨延長術を適応した唇顎口蓋裂症例の経過分析.第84回日本形成外科学会北海道地方会,札幌,2012.10.20

14. 齋藤典子,佐々木了,西谷純平,杉井政澄:血管腫・血管奇形以外の皮膚病変に対するV-beamレーザー照射の経験.第31回日本レーザー医学会北海道地方会,札幌市,2012.11.17

15. 七戸龍司,本田 進,青山藍子,白井勝:沐浴時に発生した低体重児の熱傷の1例.第19回日本熱傷学会北海道地方会,札幌,2012.11.9

16. 池田正起,村尾尚規,林利彦,舟山恵美,小山明彦,古川洋志,山本有平:ケロイドに対する肺線維症治療薬の応用. 第83回日本形成外科学会北海道地方会,札幌,2012.02.25

17. 山尾 健,舟山恵美,林 利彦,小山明彦,古川洋志,山本有平:ジェイス®を使用した広範囲熱傷の治療経験.第19回日本熱傷学会北海道地方会,北海道,2012.11.10

18. 高橋紀久子,林 利彦,古川洋志,大芦孝平,川嶋邦裕,吉田哲憲,山本有平:上肢/体幹皮膚悪性腫瘍におけるリンパ流の検討.第84回日本形成外科学会北海道地方会,札幌,2012.10.20

19. 高橋紀久子,木村 中,一村公人,前田 拓:顔面のunitに合わせたV-Yadvancement flapのトリミングの工夫.第65回道南医学大会,函館,2012.11.17

20. 高橋紀久子,木村 中,一村公人,前田 拓,澤田大樹:歩行可能となるまで治癒しえた有痛性両踵部潰瘍の1例.第3回日本下肢救済・足病学会北海道地方会,札幌,2012.12.1

21. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,一村公人:馬咬創による上口唇組織欠損の治療経験. 第65回道南医学会大会,函館,2012.11.17

22. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,一村公人:下腿潰瘍及び有痛性皮下結節を呈したシェーグレン症候群の1例. 第65回道南医学会大会,函館,2012.11.17

23. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,一村公人:当院へ救急搬送となった高温液体熱傷の1例. 第19回日本熱傷学会北海道地方会,札幌,2012.11.10

24. 前田 拓,木村中,高橋紀久子,一村公人:集学的治療により治癒した右II趾虚血性潰瘍の治療経験. 第3回日本下肢救済・足病学会北海道地方会,札幌,2012.12.01

25. 石川耕資,島田卓治,古川洋志:特異なCT所見を示した側頭部静脈奇形の1例.第28回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,札幌市,2012.6.30

26. 石川耕資,南本俊之,諸原基貴,岡本博之,鈴木麻里絵,辻口直紀,岩井里子:壊死性筋膜炎が疑われた2例〜臨床所見,経過における壊死性筋膜炎と蜂窩織炎の比較〜.第65回道南医学会大会,函館市,2012.11.17

VII 研究会・講演会

1. 本田耕一,桑原広昌,石山誠一郎:皮膚のできものとシミのお話し.第3回市民のための時計台健康セミナー,札幌,2012.10.21

2. 小山明彦,黒田 敏,中山若樹,舟山恵美,古川洋志,林 利彦,山本有平:Marchac Frontal Modelを用いたCraniosynostosis頭蓋形成.第8回Craniosynostosis研究会,東京,2012.7.7

3. 小山明彦:頭皮再建・頭蓋骨再建〜高い整容性を目指して〜.第4回北海道整容脳神経外科セミナー,札幌,2012.9.22

4. 小山明彦:特別講演 口唇・口蓋裂治療の最前線.第25回北海道新生児談話会,札幌,2012.10.21

5. 吉田哲也:いろいろなbFGFの使用例について.胆振創傷治癒研究会,苫小牧,2012.11.9

6. 吉田哲也:重症虚血肢と糖尿病足病変の治療.第133回苫小牧整形外科集談会,苫小牧,2012.11.14

7. 林 利彦:メラノーマの診断と治療(薬物療法、手術)-北大形成外科におけるIFN-β治療の実情-.第一三共講演会,札幌,2012.1.18

8. 林 利彦,古川洋志,小山明彦,舟山恵美,山本有平:頭頚部皮膚癌におけるリンパ流の特性− メラノーマ患者の検討より −.頭頚部腫瘍研究会,札幌,2012.3.4

9. 林 利彦,古川洋志,山本有平:Extensive Composite Mandibular Defectにおける再建〜患側で血管吻合が困難な再建症例〜.北の大地2012,札幌,2012.9.29

10. 林 利彦,村尾尚規,池田正起,山本有平:当科におけるケロイド切除後の後療法−電子線照射あるいはステロイド強化療法の選択について−.第7回瘢痕・ケロイド治療研究会,神奈川県,2012.11.23

11. 齋藤 亮,皆川英彦:当院における乳房再建について.第9回がん診療連携症例検討会,札幌,2012.1.25

12. 齋藤 亮:北海道がんセンターにおける乳房再建について.第32回北海道がん講演会「乳がんセミナー」,札幌,2012.6.3 

13. 内山英祐:当院における重症下肢虚血治療の実際〜形成外科と循環器内科とのコラボレーション〜.第5回岡山創傷治癒研究会,岡山,2012.6.29

14. 内山英祐:透析患者さんの足の治療について〜あなたの大切な足を守るために〜.透析合併症対策講演会,札幌,2012.9.23

15. 内山英祐:重症下肢虚血の治療戦略〜形成外科の立場から〜.佐渡総合病院講演会,佐渡,2012.10.4

16. 内山英祐:足の痛みはありませんか?〜あなたの大切な足を守るために〜.時計台記念病院健康セミナー,札幌,2012.10.15

17. 内山英祐:透析患者におけるフットケア〜難治性潰瘍の治療について〜.鳥居薬品株式会社札幌支店社内研修会,札幌,2012.11.28

18. 池田正起,村尾尚規,林利彦,山本有平:ケロイドに対する抗線維化薬の応用(第2報). 第7回瘢痕・ケロイド治療研究会,神奈川県,2012.11.23

19. 大野健太郎、坂本泰輔:当院における下肢大切断症例の検討.第8回胆振創傷治療研究会,苫小牧,2012.11.9

VIII シンポジウム,パネルディスカッション,ワークショップ等の企画,司会・座長

1)企画
(国際・国外学会)
1. Yamamoto, Y.: CW & b-3. The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, Japan, 2012

(全国学会)
1. 山本有平:パネルディスカッション 「神経再建用語を考える」,第21回日本形成外科学会基礎学術集会,福島,2012

2. 山本有平:「多角的アプローチによるケロイド・肥厚性瘢痕の基礎的研究・臨床治療の実践」,第42回日本創傷治癒学会,札幌,2012
2)司会・座長
(国際・国外学会)
1. Yamamoto, Y.: Panel 14: Facial Palsy, The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Awaji, Japan, 2012

(全国学会)
1. 山本有平:教育講演「後天性顔面変形症(老化顔貌)の治療学をめざして」,第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京,2012

2. 山本有平:教育講演「美容外科匠の技」,第35回日本美容外科学会総会」,東京,2012
 



VI 学会発表

1)特別講演
(全国学会)
1. 小浦場祥夫:ランチョンセミナー5 もう一度聞きたい!ウンドマネジメントの目標管理とフィードバック評価〜創傷被覆材だからこそできる、プロフェッショナルの仕事〜.第14回日本褥瘡学会学術集会,横浜市,2012.9.1-2

2. 小浦場祥夫:ランチョンセミナー9 教科書では教えてくれない!? 明日から活かせる、慢性創傷トータルマネジメント.第14回日本褥瘡学会学術集会,横浜市,2012.9.1-2

3. 林 利彦,村尾尚規,山本有平:多角的アプローチによるケロイド ・ 肥厚性瘢痕の臨床治療の実践.第42回日本創傷治癒学会イブニングセミナー,札幌,2012.12.3

4. 村尾尚規:多角的アプローチによるケロイド・肥厚性瘢痕の基礎的研究〜ケロイドを腫瘍,炎症,線維化疾患として捉える〜.第42回日本創傷治癒学会イブニングセミナー,札幌,2012.12.3

5. 内山英祐:チームアプローチでCLI治療の壁を打破せよ CLI治療のバリアと解決策〜チームビルディングの観点から〜.第10回日本フットケア学会年次学術集会 共催ランチョンセミナー,大阪,2012.3.17

6. 内山英祐:下肢虚血患者のADL/QOL向上を目指して〜CLIの治療戦略〜.第4回日本下肢救済・足病学会学術集会 ランチョンセミナー,名古屋,2012.6.14

(地方会)
1. 山本有平:「形成外科における褥瘡治療の実際」 第5回せき損セミナー, 美唄,2012

2. 小浦場祥夫:創傷治癒の観点から考える“いわゆるラップ療法”の意義と褥瘡の創傷管理のあり方.日本褥瘡学会在宅褥瘡セミナー道央ブロックセミナー,札幌市,2012.2.4

(その他)
1. 小浦場祥夫:ギモン解決!褥瘡が治るしくみ,治らないしくみ.褥瘡ケアセミナー in 函館,函館市,2012.4.21

2. 小浦場祥夫:なるほど納得!慢性創傷の創傷管理〜最前線から在宅管理まで〜.旭川創傷セミナー,旭川市, 2012.5.26

3. 小浦場祥夫:ギモン解決!褥瘡が治るしくみ,治らないしくみ.褥瘡ケアセミナー in 仙台 2012,仙台市,2012.6.5

4. 小浦場祥夫:ドレッシング材による創傷管理update 2012.スミス・アンド・ネフュー 東京創傷管理セミナー,東京都,2012.6.10

5. 小浦場祥夫:実践!ドレッシング材を究めてワンランク上のウンド・マネジメント〜慢性潰瘍治療の最前線から在宅管理まで〜.創傷管理セミナー in 山口,山口市,2012.6.23

6. 小浦場祥夫:講演1:創傷治癒・褥瘡 講演2:静脈性潰瘍・動脈性潰瘍. ALCARE社内講演会,東京都,2012.7.5

7. 小浦場祥夫:目指せ!創傷管理のエキスパート〜ドレッシング材、うまく使えてる?〜.北東北 創傷・褥瘡セミナー,弘前市,2012.7.7

8. 小浦場祥夫:ギモン解決!褥瘡が治るしくみ,治らないしくみ.褥瘡ケアセミナー in 栃木,宇都宮市,2012.7.21

9. 小浦場祥夫:実践!ドレッシング材を究めてワンランク上の創傷管理〜局所治療のポイントから医療経済性まで〜.創傷管理セミナー in さいたま,さいたま市,2012.7.28

10. 小浦場祥夫:陰圧閉鎖療法の歴史、褥瘡への治療効果.VAC Wound Care Meeting,札幌市,2012.8.25

11. 小浦場祥夫:目指せ!創傷管理のエキスパート〜ドレッシング材うまく使えてる?〜.アドバンスド創傷管理セミナー in 郡山,郡山市,2012.10.13

12. 小浦場祥夫:実践!ドレッシング材を究めてワンランク上の創傷管理.和歌山県創傷治癒フォーラム,和歌山市,2012.11.22

13. 小浦場祥夫:ギモン解決!褥瘡が治るしくみ,治らないしくみ.褥瘡ケアセミナー in 新潟,新潟市,2012.11.23

14. 小浦場祥夫:明日から活かせる!慢性創傷のスマート・マネジメント〜みんなで楽しむ、TIMEを用いた創傷管理の実際〜.スミス・アンド・ネフュー 北海道オータムセミナー2012,札幌市,2012.11.24

15. 小浦場祥夫:明日から活かせる!慢性創傷のスマート・マネジメント〜みんなで楽しむ、TIMEを用いた創傷管理の実際〜.2012褥瘡・創傷セミナー IN FUKUOKA,福岡市,2012.11.25
2)宿題報告
3)教育講演
1. 古川洋志,林 利彦,七戸龍司,蕨 雄大,山本有平:基本問題セミナー 顔面神経再建方法の分類と呼称について:ネットワーク型再建. 第35回顔面神経研究会,猪苗代,2012.5.31

2. 小山明彦:ハンズオンセミナー「小耳症における耳介フレーム形成術〜シリコンブロックを使った実践耳介フレーム作成プラクティス〜」.第4回日本創傷外科学会,福岡市,2012.7.26

3. 小山明彦:頭皮再建・頭蓋骨再建〜高い整容性をも座して〜.第4回北海道整容脳神経外科セミナー,札幌市,2012.9.22

4. 小山明彦:口唇・口蓋裂治療の最前線.第25回北海道新生児談話会,札幌市,2012.10.21

5. 小浦場祥夫:静脈性潰瘍:診断から治療. Japan Endovascular Treatment Conference 2012, 東京都,2012.2.17-19

6. 小浦場祥夫:ナースのためのフットケアセミナー フットケアに必要な足の解剖学. 第2回日本下肢救済・足病学会北海道地方会学術集会,札幌市,2012.4.28

7. 小浦場祥夫:教育セミナーV 一歩先の視点に立ってクリティカルケア看護を考える〜医療環境の変化と望まれる創傷ケア〜 講演2 進化する局所ケア〜ドレッシング材の選択:その考え方と実践〜.第8回日本クリティカルケア看護学会学術集会,東京,2012.6.3

8. 小浦場祥夫:形成外科医のためのWound Management講座.福井県形成外科研究会 創傷セミナー,福井市,2012.12.8
4)シンポジウム
(全国学会)
1. 古川洋志,林 利彦,七戸龍司,蕨 雄大,山本有平:シンポジウム2 神経端側縫合の将来展望:北大形成外科における顔面神経再建時の神経端側縫合術と表情筋の神経二重支配の検証. 第35回顔面神経研究会,猪苗代,2012.6.1

2. 古川洋志,林 利彦,大芦孝平,小山明彦,舟山恵美,山本有平,堤田 新,齋藤 亮,皆川英彦,吉田哲憲:手術手技ビテオシンポジウム/皮膚がんに特化したリンパ郭清範囲とは:皮膚がんに特化した腋窩リンパ郭清手術についての検討. 第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,札幌,2012.6.29

3. 古川洋志,林 利彦,大芦孝平,山本有平,齋藤 亮,皆川英彦,堤田 新,関堂 充,桑原広昌,木村 中,吉田哲憲:シンポジウム10「皮膚がん治療の過去と未来」:皮膚がん手術療法の歴史と今後の展望―形成外科の立場からー. 第50回日本癌治療学会,横浜,2012.10.25

4. 古川洋志,蕨 雄大,林 利彦,山本有平,七戸龍司,齋藤 亮:シンポジウム2 Long march〜組織再生迅速化の試み:顔面神経麻痺のネットワーク型再建:表情筋を迅速に神経再支配させて表情筋の萎縮を最小限にする. 第21回形成外科基礎学術集会,猪苗代,2010.10.5

5. 小浦場祥夫:ミニシンポジウム2二次治癒の際の瘢痕拘縮をどう抑制するか 外傷性潰瘍の二次治癒の機序を病理組織学的に考える. 第4回日本創傷外科学会総会・学術集会,福岡市,2012.7.26-27

6. 吉田哲也:ガイドラインシンポジウム1「感染創1」壊疽性筋膜炎・ガス壊疽.第4回日本創傷外科学会総会学術集会,福岡,2012.7.26

7. 林 利彦,古川洋志,大芦孝平,小山明彦,舟山恵美,山本有平:リンパ節郭清術:頚部− 皮膚がん治療における頚部郭清術の工夫 −.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,札幌,2012.6.29

8. 林 利彦,村尾尚規,池田正起,山本有平:当科におけるケロイド切除後の後療法−電子線照射あるいはステロイド強化療法の相違と選択について−.第4回日本創傷外科学会総会・学術集会,福岡市,2012.7.26-27

9. 大芦孝平,古川洋志,林利彦,山本有平:リンパ節郭清術:皮膚がんに特化した郭清範囲とは?〜鼠径骨盤内リンパ節郭清〜.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,北海道,2012.6.29

10. 内藤 浩,朝村真一,岡田恵美,南本俊之,蘇 雅宏,原元 潮,伊藤文人,飯田直成,金沢雄一郎:ガイドラインシンポジウム2 体表先天異常部門「眼瞼」. 第21回日本形成外科学会基礎学術集会,福島県,2012.10.5
5)パネルディスカッション
(全国学会)
1. 古川洋志,林 利彦,大芦孝平,小山明彦,山本有平,堤田 新,齋藤 亮,皆川英彦,國分一郎,吉田哲憲, 関堂 充:パネルディスカッション4 Oncoplastic Skin Surgery私ならこう治す:母指原発悪性黒色腫の切除と再建:北大形成外科の症例をふりかえって. 第28回皮膚悪性腫瘍学会, 札幌, 2012.6.30

2. 古川洋志,蕨 雄大,林 利彦,山本有平,七戸龍司,齋藤 亮:パネルディスカッション 神経再建用語を考える:「ネットワーク型再建」「神経二重支配」「Neural-supercharge」「二ヶ所の端側神経縫合を介した Interpositional nerve graft」. 第21回形成外科基礎学術集会,猪苗代,2012.10.4

3. 古川洋志,林 利彦,齋藤 亮,皆川知広,山本有平,関堂 充:パネルディスカッション リンパ浮腫の治療/簡易に良結果を得る方法:北大形成外科におけるリンパ浮腫の治療/簡易に良結果を得るために. 第39回日本マイクロサージャリー学会,北九州,2012.12.7

4. 小山明彦,舟山恵美,古川洋志,林 利彦,佐々木了,山本有平:Scarless healingを目指したレーザー治療〜パルス色素レーザーを用いた巨大色素性母斑の治療.第4回日本創傷外科学会,福岡市,2012.7.26

5. 林 利彦,古川洋志,大芦孝平,小山明彦,舟山恵美,山本有平:ICGを併用したnavigation surgery− SLNBおよび腫瘍切除/所属リンパ節郭清に対する新たな取り組み −.第28回皮膚悪性腫瘍学会, 札幌, 2012.6.29
6)ワークショップ
1. 舟山恵美: キズをきれいに治す〜形成外科が推奨する真皮縫合〜.第90回北海道産科婦人科学会・学術講演会,2012.10.27

2. 小浦場祥夫:パネルディスカッション2 静脈性うったい性潰瘍をどうするか 静脈性潰瘍の病態・圧迫療法に関する個人的見解と外来通院治療の実際. 第4回日本創傷外科学会総会・学術集会,福岡市,2012.7.26-27

3. 小浦場祥夫:ワークショップ エキスパ−トに学ぶ〜診断から下肢救済まで〜 創傷治療. 第3回日本下肢救済・足病学会北海道地方会学術集会,札幌市,2012.12.1
7)座談会
8)主題
9)一般発表
(国際学会)
1. Yamamoto, Y.: Free flap reconstruction of post-surgical head and neck wound. The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, Japan, 2012

2. Kuwahara, H., Honda, K., Uchiyama, E., Ishiyama: S.: Perifascial areolar tissue graft for coverage of small scalp defects. 4th Congress of the world union of wound healing societies, Yokohama, 2012. 9. 2-6

3. Furukawa, H., Sasaki, S., Oyama, A., Funayama, E., Hayashi, T., Saito, N., Yamamoto. Y.: Efficacy of Percutaneous Ethanol Sclerotherapy for Venous Malformation in Lower Extremities: A Retrospective Review of 21 Patients. The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Awaji Japan, 2012.5.17-19

4. Furukawa, H., Oyama, A., Funayama, E., Hayashi, T., Yamamoto, Y. : Skin necrosis around bilateral buttock of hikikomori teenager. The 4th WUWHS 2012, Yokohama, Japan, 2012.9.2-6

5. Oyama, A., Funayama, E., Furukawa, H., Hayashi, T., Yamamto, Y.: Subcutaneous Pedicle Enhances Sensory Recovery Following Microtia Ear Reconstruction. The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Awaji Japan, 2012.5.17-19

6. Oyama, A., Funayama, E., Furukawa, H., Hayashi, T., Yamamto, Y.: Reconstruction of low-hairline microtia by using hinged mastoid fascial flap. The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Awaji Japan, 2012.5.17-19

7. Minamimoto, T., Ishikawa, K., Kasajima, H., Tohyama, S., Iwai, S., Hayashi, T., Yamamoto, Y.: Our experience of 29 necrotizing fasciitis patients. The 12th International Congress of the Romanian Association of Plastic Surgeons, Sinaia, Romania, 2012.9.11

8. Hayashi, T.,Murao, N., Ikeda, M., Yamamoto. Y.: A New Uniform Protocol of Combined Corticosteroid Injections and Ointment Application Reduces Recurrence Rates after Surgical Keloid/Hypertrophic Scar Excision. The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Awaji, Japan, 2012.5.19

9. Hayashi, T., Murao, N., Ikeda, M., Yamamoto. Y.: A New Uniform Protocol of Combined Corticosteroid Injections and Ointment Application Reduces Recurrence Rates after Surgical Keloid/Hypertrophic Scar Excision. The 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, Japan, 2012.9.4

10. Murao, N., Ikeda, M., Sakurai, K., Hayashi, T., Funayama, E., Oyama, A., Furukawa, H., Yamamoto, Y.: Necrotizing Fasciitis from Pressure Sores: Retrospective Study of Six Cases. 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, Japan, 2012.9.2-6

11. Shichinohe, R., Minagawa, T., Honda, S., Yamamoto. Y.: Management strategy for heat press injury of the hand: Review of unfavorable results and versatility of an emergent operation follewed by secondary free flap transfer. ISBI 2012. Edinburgh, UK, 2012. Sep 10-13.

12. Takahashi, K., Funayama E, Sasaki S, Furukawa H, Yamao T, Oyama A, Yamamoto Y.: Effectiveness of combined pulsed dye and Qs-ruby laser treatment for large to giant congenital melanocytic naevi. The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Awaji Japan, 2012.5.17-19

(全国学会)
1. 桑原広昌,内山英祐,石山誠一郎,本田耕一:30年の経過中に膝部の表皮嚢腫から発生した有棘細胞癌の1例. 第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術集会,札幌,2012.6.29-30

2. 古川洋志,林 利彦,齋藤 亮,大芦孝平,蕨 雄大,大澤昌之,皆川知広,山本有平:所属リンパ節郭清時の近赤外線カメラシステムの有用性:リンパ流の評価.第55回日本形成外科学会総会,東京,2012.4.13

3. 古川洋志,林 利彦,齋藤 亮,大芦孝平,本田 進,高橋紀久子,大澤昌之,山本有平:所属リンパ節郭清時の近赤外線カメラシステムの有用性:血流の評価. 第55回日本形成外科学会総会,東京,2012.4.13

4. 古川洋志,林 利彦,大芦孝平,岩嵜大輔,塩谷隆太,池田正起,村尾尚規,山本有平,関堂 充,堤田 新:皮膚がんに特化した頸部郭清術とは:皮膚切開線について. 第55回日本形成外科学会総会,東京,2012.4.13

5. 古川洋志,林 利彦,七戸龍司,蕨 雄大,山本有平:当教室における顔面神経再建時の神経端側縫合術と表情筋の神経二重支配の検証(ネットワーク型再建). 第36回日本頭頸部癌学会,島根,2012.6.8

6. 小山明彦,岡本 亨,舟山恵美,西澤典子,今井智子,佐藤嘉晃,山本有平:片側唇顎口蓋裂に対する一期手術:全13例の短期経過.第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京,2012.4.11-13

7. 小山明彦,山本有平:小耳症治療自験例60症例64耳の検証〜成績・変遷・進歩.第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京,2012.4.11-13

8. 小山明彦,黒田 敏,舟山恵美,古川洋志,林 利彦,皆川知広,山本有平:頭蓋骨縫合早期癒合症に対するMarchac frontal modelを用いた頭蓋形成.第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京,2012.4.11-13

9. 小山明彦,岡本 亨,舟山恵美,佐藤嘉晃,西澤典子,今井智子,山本有平:片側唇顎口蓋裂に対する一期手術:全15例の短期経過.第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 京都,2012.5.24-25

10. 小山明彦,舟山恵美,佐藤嘉晃,上田康夫,三古谷忠,西澤典子,今井智子,岡本 亨,山本有平:北海道大学病院における口唇・口蓋裂チーム医療:歴史と現況.第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 京都,2012.5.24-25

11. 小山明彦,岡本 亨,舟山恵美,佐藤嘉晃,西澤典子,今井智子,山本有平:片側唇顎口蓋裂に対する一期手術:全15例の短期経過.第30回日本頭蓋顎顔面外科学会総会・学術集会,大阪,2012.11.1-2

12. 舟山恵美,小山明彦,西澤典子,三古谷忠,今井智子,三上 愛,佐々木了,山本有平:片側唇顎口蓋裂における口蓋形成術術式の違いによる4歳時言語成績の検討.第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2012.4.11-13

13. 舟山恵美,小山明彦,西澤典子,三古谷忠,今井智子,三上 愛,佐々木了:口蓋裂形成術術式の違いによる言語成績の検討〜片側唇顎口蓋裂4歳時の評価〜.第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 京都市,2012.5.24-25

14. 小浦場祥夫,安田聖人,内山英祐,山本有平,本田耕一:Perifascial areolar tissue (PAT) graft: A novel autologous graft material for complex wound.第42回日本創傷治癒学会,札幌市,2012.12.2-4

15. 南本俊之,岩井里子,藤井明人,安藤嘉朗,中村馨,俵敏弘,武山佳洋,岡本博之,井上弘行,葛西毅彦,文屋尚史,佐久間智子,一村公人,林利彦:広範囲頭皮剥脱創の1治療経験.第30回日本臨床皮膚外科学会学術大会,ハノイ,2012.2.11

16. 吉田哲也,高橋周子,本田 進,煖エ紀久子,山本有平:トラフェルミン使用により色素脱失が発生した小児熱傷創について.第55回日本形成外科学会総会学術集会,東京,2012.4.11

17. 吉田哲也,高橋周子,本田 進,煖エ紀久子,岩井里子,山本有平:Horizontal V-Y advancement lower eyelid flapによる下眼瞼再建について.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会,札幌,2012.6.27

18. 林 利彦,古川洋志,皆川知広,小山明彦,舟山恵美,山本有平:遊離腓骨弁と大胸筋皮弁を併した下顎骨の一期的再建治療.第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京,2012.4.11-13

19. 林 利彦,古川洋志,大芦孝平,川嶋邦裕,吉田哲憲,山本有平:上肢/体幹悪性黒色腫における原発部位別のリンパ流の検討.第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京,2012.4.11-13

20 林 利彦,古川洋志,大芦孝平,塩谷隆太,池田正起,村尾尚規,山本有平:cervicomalar flapの皮切デザインによるSLNB/頸部郭清術と再建:Oncoplastic Skin Surgery 腫瘍切除と再建.第36回日本頭頸部癌学会,島根,2012.6.8

21. 林 利彦,関堂 充,古川洋志,小山明彦,舟山恵美,山本有平:骨性再建を施行した下顎骨放射線性骨髄炎の治療− 皮弁選択の工夫について −.第30回日本頭蓋顎顔面外科学会総会・学術集会,大阪,2012.11.1-2

22. 林 利彦,関堂 充,古川洋志,小山明彦,舟山恵美,山本有平:下顎骨放射線性骨髄炎の治療における皮弁選択の工夫.第39回日本マイクロサージャリー学会,北九州,2012.12.6-7

23. 村尾尚規,小山明彦,舟山恵美,林 利彦,古川洋志,山本有平,西澤典子,福田 諭:常染色体22q11.2欠失症候群の治療経験.第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京,2012.4.11-13

24. 村尾尚規,小山明彦,吉田哲也,高橋周子,舟山恵美,林 利彦,古川洋志,山本有平:吸収性体内固定用メッシュを用いた眼窩床骨折の治療経験.第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京,2012.4.11-13

25. 村尾尚規,池田正起,林 利彦,齋藤 亮,舟山恵美,小山明彦,古川洋志,山本有平,西澤典子,福田 諭:ケロイド線維芽細胞におけるHGF(Hepatocyte Growth Factor)のTGF-β拮抗効果および機序の検証.第4回日本創傷外科学会総会・学術集会,福岡,2012.7.26-27

26. 村尾尚規,小山明彦,吉田哲也,高橋周子,舟山恵美,林 利彦,古川洋志,山本有平:生体吸収性プレートを用いた眼窩底骨折の治療経験〜適応と合併症の検討〜.第4回日本創傷外科学会総会・学術集会,福岡,2012.7.26-27

27. 村尾尚規,池田正起,林 利彦,舟山恵美,小山明彦,古川洋志,山本有平:免疫バランスで捉えるケロイド環境〜制御性T細胞とケロイド線維芽細胞の相互作用〜.第21回日本形成外科学会基礎学術集会,福島,2012.10.4-5

28. 村尾尚規,小山明彦,吉田哲也,高橋周子,舟山恵美,林 利彦,古川洋志,山本有平:生体吸収性プレートによる眼窩底骨折の治療:適応と合併症の検討.第30回日本頭蓋顎顔面外科学会総会・学術集会,大阪,2012.11.1-2

29. 村尾尚規,池田正起,林 利彦,山本有平:ケロイド線維芽細胞と制御性T細胞の相互作用の考察.第7回瘢痕・ケロイド治療研究会,横浜,2012.11.23

30. 齋藤 亮,皆川英彦,齋藤典子,永橋立望,瀧重成,洲崎真吾:大胸筋皮弁による頭頸部再建症例の検討 −遊離組織移植を頭頸部再建の第一選択とする施設からの報告−.第36回日本頭頸部癌学会,松江市,2012.6.7

31. 齋藤 亮,皆川英彦,齋藤典子,高橋依子,加藤直子:北海道がんセンター形成外科における皮膚悪性腫瘍症例の検討.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,札幌市,2012.6.29

32. 齋藤 亮,皆川英彦,齋藤典子,古川洋志,小山明彦,舟山恵美,林利彦,山本有平. 北海道大学形成外科における眼瞼悪性腫瘍切除後欠損に対する再建の検討.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,札幌市,2012.6.29

33. 齋藤 亮,皆川英彦,齋藤典子,永橋立望:遊離組織移植を頭頸部再建の第一選択とする施設における、大胸筋皮弁を使用した再建症例の検討.第4回日本創傷外科学会総会・学術集会,福岡市,2012.7.26-7.27

34. 齋藤典子,西谷純平,石山誠一郎,長尾宗朝,岩嵜大輔,藤田宗純,石川耕資,佐々木了:血管奇形との鑑別に苦慮した腫瘍性病変の検討.第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2012.4.11

35. 齋藤典子,西谷純平,長尾宗朝,岩嵜大輔,佐々木了:血管腫・血管奇形の診断で紹介された悪性軟部腫瘍2症例の経験.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術集会,札幌市,2012.6.30

36. 齋藤典子,佐々木了,西谷純平,伊藤梨里:発症後11年を経過したtufted angiomaの1例.第9回血管腫・血管奇形研究会,長崎,2012.7.15

37. 大芦孝平,古川洋志,林利彦,山本有平:皮膚がんに特化した鼠径リンパ節郭清術とは?:郭清範囲と連続切除について.第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2012.4.11

38. 大芦孝平,古川洋志,山本有平:メラノーマin-transit転移の病態解明に関する動物実験第1報〜マウス動物実験モデル作成〜.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,北海道,2012.6.29

39. 大芦孝平,古川洋志,山本有平:メラノーマin-transit転移の病態解明に関する動物実験第第2報〜動物モデルを用いた性質の検討〜.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,北海道,2012.6.29

40. 大芦孝平,古川洋志,林 利彦,齋藤 亮,蕨 雄大,大澤昌之,皆川知広,山本有平.所属リンパ節郭清時の近赤外線カメラシステムの有用性:リンパ流の評価.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,北海道,2012.6.29

41. 七戸龍司,皆川知広,本田 進,及川賢輔,櫻井宏治:背部脱分化型脂肪肉腫の1例.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,札幌,2012.6.29-30

42. 七戸龍司,本田 進,安居 剛,皆川知広:V.A.C.ATS治療システムを用いた植皮部管理の工夫.第4回日本創傷外科学会・学術集会,福岡,2012.7.25-26

43. 池田正起,村尾尚規,林 利彦,舟山恵美,小山明彦,山本有平:ケロイド切除後の後療法の検討 ステロイド強化療法と電子線照射の適応について. 第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2012.04.11

44. 池田正起,村尾尚規,林 利彦,舟山恵美,小山明彦,山本有平:ケロイド切除後の後療法としてのステロイド強化療法に関する考察 〜治療後の患者アンケートを通じて〜. 第4回日本創傷外科学会総会・学術集会,福岡県,2012.07.26

45. 池田正起,村尾尚規,林 利彦,舟山恵美,小山明彦,古川洋志,山本有平:ケロイドに対する特発性肺線維症治療薬の応用. 第4回日本創傷外科学会総会・学術集会,福岡県,2012.07.26

46. 池田正起,村尾尚規,林 利彦,舟山恵美,小山明彦,古川洋志,山本有平:ケロイド治療への新たな視点 〜皮膚に対する抗線維化薬の応用〜 (第2報). 第21回日本形成外科学会基礎学術集会,福島県,2012.10.05

47. 山尾 健,小山明彦,舟山恵美,山本有平:Van der Woude症候群の治療経験.第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2012.4.11-13

48. 山尾 健,舟山恵美,小山明彦,古川洋志,林 利彦,佐々木 了,山本有平:巨大色素性母斑に対するパルス色素レーザーの有効性とその組織学的検討.第55回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2012.4.11-13

49. 山尾 健,古川洋志,林 利彦,齋藤 亮,大芦孝平,本田 進,高橋紀久子,大澤昌之,山本有平:所属リンパ節郭清時の近赤外線カメラシステムの有用性:創縁の血流評価.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,北海道,2012.6.29-30

50. 山尾 健,舟山恵美,林 利彦,小山明彦,古川洋志,山本有平:自家培養表皮ジェイス®を使用した広範囲熱傷の治療経験.第4回日本創傷外科学会総会・学術集会,福岡県,2012.7.26−27

51. 山尾 健,古川洋志,林 利彦,齋藤 亮,大芦孝平,本田 進,高橋紀久子,大澤昌之,山本有平:所属リンパ節郭清における近赤外線カメラシステムを用いた創縁の血流評価.第4回日本創傷外科学会総会・学術集会,福岡県,2012.7.26−27

52. 山尾 健,古川洋志,斉藤 亮,大澤昌之,林 利彦,田畑泰彦,山本有平:メラノーマ治療成績向上を目指して〜ヒアルロン酸修飾インターフェロンβ徐放剤の開発 -第1報-.第21回日本形成外科学会基礎学術集会,福島県,2012.10.4−5

53. 大野健太郎,坂本泰輔,佐藤千草,高橋紀久子,岩嵜大輔,蕨雄大,西谷純平,小浦場祥夫 :当院におけるMerkel細胞癌6例の検討.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,札幌,2012.6.30

54. 藤田宗純,堀内勝己,川嶋邦裕,吉田哲憲,古川洋志:BCG併用により多発遠隔リンパ節転移が消退した悪性黒色腫の1例.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,札幌,2012.6.30

55. 前田 拓,櫻井圭祐,古川洋志,大芦孝平,村中徹人,高橋達郎:早期診断が可能であった卵巣外腹膜漿液性乳頭腺癌の治療経験. 第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,札幌,2012.6.29

56. 高橋紀久子,林 利彦,古川洋志,大芦孝平,川嶋邦裕,吉田哲憲,山本有平:上肢/体幹皮膚悪性黒色腫におけるリンパ流の検討、第28回皮膚悪性腫瘍学会,札幌,2012.6.29