スタッフ

 △  1998  1999  2000  2001  2002  2003  2004  2005  2006  2007  2008  2009  2010  2011  2012  2013  2014  2015  2016 

2013年 業績

I 著書

1. 山本有平:『Oncoplastic Skin Surgery―私ならこう治す!』 編集,PEPARS 76,全日本病院出版会,東京,2013

2. 古川洋志,林 利彦,山本有平 : Oncoplastic Surgery-私ならこう治す!: 頬部原発の黒色腫:整容面を考慮したOncoplastic Surgery. PEPARS (全日本病院出版) 76, 46-49, 2013

3. 古川洋志,山本有平 : 専門医取得に必要な形成外科手技:口頭試問への対策:足底原発悪性黒色腫の診断・切除・再建. 形成外科(克誠堂出版) 56, 423-430, 2013

4. 古川洋志,林 利彦,山本有平 : 皮膚悪性腫瘍―基礎と臨床の最新研究動向―: 足
底荷重部メラノーマの切除後の再建. 日本臨床71, 307-310, 2013

5. 古川洋志,山本有平 : 神経修復法―基本知識と実践手技: III. 神経修復の実際1. 顔面神経欠損(耳下腺癌切除時の顔面神経即時再建). PEPARS (全日本病院出版) 78, 75-83, 2013

6. 古川洋志,林 利彦,山本有平 : マイクロサージャリーにおける合併症とその対策 各種皮弁における合併症: 遊離肩甲骨・肩甲皮弁(下顎再建を中心に). PEPARS (全日本病院出版) 80, 81-86, 2013

7. 村尾尚規,舟山恵美,山本有平:整容性に留意した皮膚縫合法.OGS NOW No. 16 合併症対策&知っておきたい他科の手術手技 困難な状況に対処するたに(櫻木範明編), 8-17, メジカルビュー, 東京, 2013

II 綜説

1. 古川洋志,林 利彦,村尾尚規,大芦孝平,山本有平,堤田 新,関堂 充,吉田哲憲 : 手足のALMの切除範囲と再建における考え方. Skin Cancer 28,145-146, 2013

2. 古川洋志,山本有平 : 舌下神経と顔面神経による表情筋の神経二重支配を目的とした顔面神経麻痺のネットワーク型再建. 日本末梢神経学会会誌、24(2), 200-204, 2013

3. 古川洋志 : 第1章 疾患の概説と診断のポイント, 7.毛細血管奇形(Capillary Malformation: CM). 平成21−23年度厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「難治性血管腫・血管奇形についての調査研究班(佐々木班)」血管腫・血管奇形診療ガイドライン2013,第一版33-46, 2013,3,29
(http://www.dicomcast.com/va/guidline.html)

4. 古川洋志,山本有平 : 食道癌切除後の再建と形成外科.第67回日本食道学会専門医講習 2013年度教育セミナー テキスト(編集責任者 土岐祐一郎) 発行日 2013.6.14

5. 石川耕資:壊死性筋膜炎の外科的治療.AL-media 17,10-12,2013

III 原著

(和文)
1. 古川洋志,林 利彦,山本有平 : 北大形成外科におけるリンパ浮腫の治療:簡易に良結果を得るために. 日本マイクロサージャリー学会会誌 26(4), 127-133, 2013

2. 林 利彦,古川洋志,山本有平 : 血液凝固異常のある患者に対する皮弁再建. 形成外科 56, 505-511, 2013

3. 齋藤 亮,皆川英彦,齋藤典子 : 頭頸部軟部肉腫切除後の再建術式の検討. 日形会誌 33, 7-12, 2013

(欧文)
1. Furukawa, H., Sasaki, S., Oyama, A., Funayama, E., Hayashi, T., Saito, N., Nagao, M., Mol, W., Yamamoto, Y.: Efficacy of percutaneous ethanol sclerotherapy for venous malformation in lower extremities: a retrospective review of 21 cases. European J Plast Surg 36, 105-110, 2013

2. Saito, A., Saito, N., Funayama, E., Minakawa, H. The surgical treatment of irradiated wounds: A report of 36 patients. Plastic Surgery: An International Journal, volume 2013 (2013)

3. Oashi, K., Furukawa, H., Nishihara, H., Ozaki, M., Oyama, A., Funayama, E., Hayashi, T., Kuge, Y., Yamamoto, Y.: Pathophysiological characteristics of melanoma in-transit metastasis in a lymphedema mouse model. Journal of Investigative Dermatology 133, 537-544, 2013

4. Maeda, T., Kimura, C., Takahashi, K., Ichimura, K. : Utility of the method using Tsukisui device to control intraoperative bleeding applied to neurofibroma resection. Plast Reconstr Surg Glob Open 2013;1:e85

5. Ishikawa, K., Sasaki, S., Furukawa, H., Nagao, M., Iwasaki, D., Saito, N., Yamamoto, Y.: Preliminary experience with intraoperative near-infrared fluorescence imaging in percutaneous sclerotherapy of soft-tissue venous malformations. Dermatol Surg 39: 907-912, 2013

IV 症例報告

(和文)
1. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,伊藤梨里,一村公人,池田 仁,保科大地 : 前胸部Eccrine Porocarcinomaの治療経験. Skin Cancer 28(2), 164-168, 2013

2. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,一村公人,舟山恵美 : 馬咬創による上口唇組織欠損の治療経験. 創傷4(4) : 222-226, 2013

(欧文)
1. Saito, A., Saito, N., Minakawa, H. Pilomatricoma of the Ear Antihelix.  International Journal of Case Reports in Medicine, volume 2013 (2013)

2 . Oashi, K., Hayashi, T., Furukawa, H., Tsutsumida, A., Kimura, C., Oyamatsu, H., Oyama, A., Funayama. E., Saito, A., Yamamoto, Y.: A new aspect of metastasis in cutaneous cancer: two cases of presacral squamous cell carcinoma with metastases to internal iliac nodes. Ann Plast Surg 70, 79-81, 2013

V その他

なし


(地方会)
1. 小山明彦,舟山恵美,岡本 亨,古川洋志,林 利彦,佐藤嘉晃,山本有平:片側唇顎口蓋裂に対する一期手術:当科における短期経過.第1回北海道・東北形成外科学会,盛岡市,2013.7.27

2. 小山明彦,黒田 敏,中山若樹,古川洋志,舟山恵美,林 利彦,山本有平:Marchac Frontal Modelを用いたCraniosynostosis頭蓋形成 〜その有用性とわれわれの工夫〜.第93回北海道地方会,札幌市,2013.8.31

3. 吉田哲也,一村公人,林利彦,古川洋志:当院における下肢疾患への陰圧閉鎖療法について,第5回日本下肢救済足病学会北海道地方会,札幌,2013.12.7

4. 林 利彦,古川洋志,村尾尚規,小山明彦,舟山恵美,山本有平 : 上肢/体幹悪性黒色腫における原発部位別のリンパ流の検討. 第85回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2013.2.16

5. 林 利彦,古川洋志,村尾尚規,小山明彦,舟山恵美,山本有平 : 遊離腓骨弁と大胸筋皮弁を併用した下顎骨の一期的再建治療. 第85回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2013.2.16

6. 村尾尚規,池田正起,林 利彦,山本有平,清野研一郎:ケロイドにおける制御性T細胞〜免疫バランスの観点からケロイドを捉える〜.第85回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2013.2.16

7. 村尾尚規,小山明彦,舟山恵美,山本有平,西澤典子,福田 諭:常染色体22q11.2欠失症候群の経過分析.第85回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2013.2.16

8. 村尾尚規,小山明彦,山本有平,吉田哲也,高橋周子:生体吸収性プレートによる眼窩底骨折治療後の合併症の経験.第85回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2013.2.16

9. 池田正起,村尾尚規,林 利彦,山本有平:ケロイドに対する肺線維症治療薬の応用 第3報. 第87回北海道・東北形成外科 北海道地方会,札幌市,2014.2.8

10. 高橋紀久子,木村 中,前田 拓,石川耕資,伊藤梨里,石倉久光 : 後骨間皮弁により再建した腱損傷を伴う手背部皮膚欠損創の一例, 第66回道南医学大会, 函館, 2013.11.16

11. 塩谷隆太,林 利彦,小山明彦,舟山恵美,山本有平:リンパ流を考慮した転移性皮膚悪性腫瘍治療アルゴリズムの提案〜part1.第87回北海道・東北形成外科学会北海道地方会,札幌市,2014.2.8

12. 塩谷隆太,林 利彦,小山明彦,舟山恵美,山本有平:リンパ流を考慮した転移性皮膚悪性腫瘍治療アルゴリズムの提案〜part2.第87回北海道・東北形成外科学会北海道地方会,札幌市,2014.2.8

13. 塩谷隆太,堀内勝己,古川洋志,小山明彦,舟山恵美,林 利彦,村尾尚規,山本有平: In vivo imaging systemを用いたリンパ流の定量化.第87回北海道・東北形成外科学会北海道地方会,札幌市,2014.2.8

14. 塩谷隆太,齋藤典子,古川洋志,小山明彦,舟山恵美,林 利彦,村尾尚規,山本有平:リンパ浮腫を改善する術式の検討〜マウス後肢モデルを用いて.第87回北海道・東北形成外科学会北海道地方会,札幌市,2014.2.8

15. 山尾 健,小山明彦,舟山恵美,山本有平:Van der Woude症候群の経験.第85回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2013.2.16

16. 山尾 健,小山明彦,舟山恵美,古川洋志,林 利彦,佐々木 了,山本有平:巨大色素性母斑に対するパルス色素レーザーの効果とその組織学的検討.第85回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2013.2.16

17. 山尾 健,古川洋志,斉藤 亮,大澤昌之,林 利彦,田畑泰彦,山本有平:ヒアルロン酸修飾インターフェロンβ徐放剤の開発 第1報.第85回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2013.2.16

18. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,一村公人:当科における下肢切断症例の検討. 第86回北海道・東北形成外科学会北海道地方会, 札幌,2013.8.31.

19. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,一村公人:マゴット治療により治癒したcritical limb ischemiaの治療経験.第4回日本下肢救済・足病学会北海道地方会, 札幌,2013.5.11.

20. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,一村公人:PDEを使用し足趾切断を施行したcritical limb ischemiaの治療経験.第5回日本下肢救済・足病学会北海道地方会, 札幌,2013.12.7

21. 石川耕資,佐々木了,齋藤典子,高橋周子,杉井政澄,藤田宗純,長尾宗朝:咬筋内に限局した静脈奇形7例の治療経験.第86回北海道・東北形成外科学会北海道地方会,札幌,2013.8.31

22. 石川耕資,南本俊之,水木猛夫,古川尚恵,寺島一豪,畑中一映,笠島浩行,杉井政澄:ストーマ周囲皮膚潰瘍に対する陰圧閉鎖療法を用いた術後ストーマ管理の工夫〜ストーマ周囲皮膚障害の重症度評価スケールABCD-Stoma®による経時的評価〜.第66回道南医学会大会,函館,2013.11.16

23. 石川耕資,南本俊之,佐藤昌太,葛西毅彦,奥山直木,岡本博之,武山佳洋,杉井政澄:顔面、上肢を中心とした重症熱傷に対するハイドロサージェリーシステムを用いたデブリードマンの経験〜眼瞼、耳介、指などの立体的な創面に対する有用性〜.第66回道南医学会大会,函館,2013.11.16

24. 伊藤梨里,一村公人,前田 拓,煖エ紀久子,木村 中:Congenital nevusから発生したと考えられる悪性黒色腫の1例.第1回北海道東北形成外科学会学術集会,岩手,2013.7.27

25. 伊藤梨里,石川耕資,煖エ紀久子,木村 中,池田 仁,前田 拓:爪部に発生したMalignant Melanoma in situの1例.第66回道南医学会大会・総会,函館,2013.11.16

26. 南本俊之,石川耕資,水木猛夫,古川尚恵,寺島一豪,杉井政澄:当科で行っている陰圧閉鎖療法による難治性皮膚潰瘍の治療に関して(第2報).第66回道南医学会大会,函館,2013.11.16

VII 研究会・講演会

1. 古川洋志, 山本有平 : 北大形成外科におけるリンパ浮腫診療.第二回北海道リンパ浮腫予防・治療研究会, 札幌医科大学講堂, 2013.6.9

2. 古川洋志,林 利彦,山本有平 : 患者さんに「やさしい」「安全」「安心」な手術 V 皮膚がん•悪性黒色腫. 平成25年度 根釧地区 市民公開健康フォーラム, 釧路プリンスホテル, 2013.9.21

3. 古川洋志,舟山恵美,小山明彦,山本有平,杉原平樹 : 指の癒着と分離手術にみる形成外科手法. NPO法人表皮水疱症友の会DebRA Japan主催「難治性皮膚ケア学習会」, 東邦大学医学部第三講義室, 2013.10.5

4. 古川洋志,小山明彦,林 利彦,山本有平 : 頭皮の難治性潰瘍・悪性腫瘍・血管奇形の治療. 第5回北海道整容脳神経外科セミナー, 札幌グランドホテル, 2013.11.30

5. 小山明彦:耳介形成マスターコース.第9回日本頭蓋顎顔面外科学会学術講習会,愛知県豊明市,2013.10.26

6. 舟山恵美, 山本有平, 野平久仁彦: 蘇る乳房〜乳がん治療後の乳房再建の実際. 北海道大学病院 乳がん市民公開講座 札幌, 2013.11.24

7. 村尾尚規:形成外科医からみた高気圧酸素治療.桑園中央病院院内研修会,札幌市,2013.3.29

VIII シンポジウム,パネルディスカッション,ワークショップ等の企画,司会・座長

1)企画
(全国学会)
1. 山本有平:日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医第6回教育セミナー,第56回日本形成外科学会総会・学術集会,東京,2013

2. 山本有平:シンポジウム3 「乳房再建とオンコロジー」,第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会,福岡,2013

3. 山本有平:日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医第7回教育セミナー,第22回日本形成外科学会基礎学術集会,新潟,2013

2)司会・座長
(国際・国外学会)
1. 山本有平:特別企画1 「若手形成外科医の育成〜マイクロサージャリー〜」,第56回日本形成外科学会総会・学術集会,東京,2013

2. 山本有平:指定演題「顔面神経麻痺神経の眼瞼再建」,第36回日本顔面神経研究会,那覇,2013

3. 山本有平:パネルディスカッション2 「細胞治療の Up To Date」,第5回日本創傷外科学会,京都,2013

4. 山本有平:シンポジウム1 「マイクロサージャリーへの端緒・実践及び今後」,日本マイクロサージャリー学会40周年記念学術集会,盛岡,2013


VI 学会発表

1)特別講演
(全国学会)
1. 山本有平:特別企画5 「形成外科における美容外科研修プログラム」, 第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 東京, 2013

2. 山本有平:特別シンポジウム2 「未来への提言」:未来への提言〜日本美容外科学会と日本形成外科学会, 第36回日本美容外科学会総会, 東京, 2013

3. 小山明彦:ランチョンセミナー 頭蓋顎顔面外科領域における吸収性プレートの使い方 〜コツとピットフォール〜.第5回日本創傷外科学会,京都,2013.7.11

2)宿題報告
(なし)
3)教育講演
1. 山本有平:日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医第7回教育セミナー:広範囲切除,第22回日本形成外科学会基礎学術集会, 新潟, 2013

2. 古川洋志,林 利彦,山本有平,前田 拓,齋藤 亮:特別企画1. 若手形成外科医の育成〜マイクロサージャリー〜.第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 東京, 2013.4.3

3. 古川洋志,山本有平 : 食道再建と形成外科.特定非営利活動法人 日本食道学会 第67回日本食道学会専門医講習, 大阪, 2013.6.14

4)シンポジウム
(全国学会)
1. 山本有平:シンポジウム2「自家組織移植による乳房再建術」: 有茎横軸型腹直筋皮弁:TRAM flap を用いた乳房再建,第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会, 福岡, 2013

2. 古川洋志,林 利彦,山本有平 : シンポジウム2 組織移植術における手技と主義 端側神経縫合による顔面神経のネットワーク型再建. 第18回日本形成外科手術手技学会, 東京, 2013.2.23

3. 古川洋志,舟山恵美,林 利彦,小山明彦,山本有平,関堂 充 : ミニシンポジウム3 胸骨骨髄炎に対する治療戦略: 放射性骨髄炎の治療戦略:照射野をより広範囲に筋弁で被覆する. 第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 東京, 2013.4.3

4. 古川洋志,林 利彦,大芦孝平,村尾尚規,山本有平,堤田 新,関堂 充,吉田哲憲 : シンポジウム3 私の実践しているALMの手術―考え方、工夫、こだわり:手指のALMの手術における考え方. 第29回日本皮膚悪性腫瘍学会総会・学術大会, 甲府, 2013.8.10

5. 古川洋志,山本有平 : シンポジウム2 顔面神経麻痺再建術の進歩 舌下神経と顔面神経による表情筋の神経二重支配を目的とした顔面神経麻痺のネットワーク型再建. 第24回日本末梢神経学会, 新潟, 2013.8.24

6. 古川洋志,蕨 雄大,林 利彦,山本有平,七戸龍司,齋藤 亮 : ビテオシンホシウム2 神経損傷に対する神経縫合・神経移植•神経剥離の実際と術後成績 端側神経縫合を用いた顔面神経麻痺のネットワーク型再建. 第40回日本マイクロサージャリー学会, 盛岡, 2013.9.27

7. 古川洋志,林 利彦,山本有平,齋藤 亮 :パネルディスカッション 血管吻合術後の管理と移植組織サルベージ法の実際 当科における血管吻合術後の管理と移植組織サルベージ法の実際. 第40回日本マイクロサージャリー学会, 盛岡, 2013.9.26

8. 小山明彦,舟山恵美,古川洋志,林 利彦,佐藤嘉晃,岡本 亨,佐々木了,山本有平:唇裂における対称性の追求〜Millard法 vs Fisher法〜.第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 東京, 2013.4.3

9. 小山明彦,舟山恵美,古川洋志,林 利彦,岡本 亨,山本有平:片側唇裂の口唇形成術におけるminimal requirement.第31回日本頭蓋顎顔面外科総会・学術集会,名古屋市,2013.10.24

10. 林 利彦,村尾尚規,池田正起,山本有平:ミニシンポジウム16 耳垂ケロイドの長期治療戦略:耳垂ケロイド切除後の早期ステロイド局注療法の治療成績. 第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 東京, 2013.4.5

11. 林 利彦,村尾尚規,池田正起,小山明彦,舟山恵美,山本有平:次世代のケロイド・肥厚性瘢痕治療− 基礎研究の成果から新治療法の可能性について −. 第5回日本創傷外科学会総会・学術集会, 京都, 2013.7.11

12. 林 利彦,古川洋志,村尾尚規,坂本泰輔,島田卓治,山本有平:ミニシンポジウム3 Free flapと有茎皮弁の使い分け: 頭頚部皮膚がんの再建におけるFree flap/有茎皮弁/局所皮弁の使い分け. 第5回日本創傷外科学会総会・学術集会, 京都, 2013.7.11

(地方会)
1. 坂本泰輔,大野健太郎,蕨 雄大,高橋紀久子,岩嵜大輔,西谷純平:下肢救済 切断の現状と創傷外科からのアプローチ.第4回日本下肢救済・足病学会 北海道地方会 学術集会, 札幌, 2013.5.11

5)パネルディスカッション
(全国学会)
1. 林 利彦,村尾尚規,池田正起,山本有平:ケロイド・肥厚性瘢痕の外科的治療:保存的あるいは外科的治療の選択について. 第8回瘢痕・ケロイド治療研究会,札幌,2013.8.31

2. 林 利彦,古川洋志,山本有平:移植皮弁の選択 私のファーストチョイス−頭頚部に用いる皮弁−.腓骨皮弁を用いた下顎再建:治療目標と合併症.第40回マイクロサージャリー学会, 盛岡,2013.9.28

3. 村尾尚規,林 利彦,池田正起,舟山恵美,小山明彦,山本有平:わが教室のケロイド研究史−ケロイドを腫瘍,炎症,線維化疾患として捉える−.第8回瘢痕・ケロイド治療研究会,札幌,2013.8.31

6)ワークショップ
1. 村尾尚規,池田正起,林 利彦,山本有平:ケロイド治療のUP to DATE〜制御性T細胞の役割と抗線維化薬のケロイドへの応用〜.第43回日本創傷治癒学会,別府市,2013.11.14

2. 村尾尚規,松井 傑,前田 拓,池田正起,山尾 健,塩谷隆太,野崎 愛,山本有平:我々の下肢潰瘍・皮膚欠損創に対する治療戦略.第5回日本下肢救済・足病学会北海道地方会学術集会,札幌市,2013.12.7

7)座談会
(なし)

8)主題
1. 石川耕資,南本俊之,岩井里子,一村公人,佐久間智子,本田 進,蕨 雄大,藤井 曉,古川洋志:壊死性筋膜炎と重症蜂窩織炎の鑑別診断におけるLRINEC scoreの有用性についての検討.第5回日本創傷外科学会総会・学術集会,京都,2013.7.11

9)一般発表
(国際学会)
1. Oyama A., Funayama E., Furukawa H., Hayashi T., Yamamoto Y.: Sensory recovery following microtia ear reconstruction. 17th IPRAS, Santiago, Chile. 2013.2.24-3.1

2. Funayama E, Sasaki S, Oyama A, Furukawa H, Hayashi T, Yamao T, Takahashi K, Yamamoto Y: Effectiveness of combined laser treatment using pulsed dye and Q-s ruby lasers for large to giant congential melanocytic nevi. 17th IPRAS, Santiago, Chile. 2013.2.24-3.1

3. Minamimoto, T., Ishikawa, K., Mizuki, T., Furukawa, Y., Terashima, K., Hayashi, T., Yamamoto, Y.: Evaluation of negative pressure wound therapy in chronic wounds. Our experience. The 8th Congress of the Balkan Association of Plastic, Reconstructive and Aesthetic Surgery (BAPRAS), Budva, Montenegro, 2013.9.5

(全国学会)
1. 古川洋志,林 利彦,山本有平 : 多合趾症の内側余剰趾切除:整容的に良好な結果を得るための工夫. 第18回日本形成外科手術手技学会, 最優秀演題賞受賞, 東京, 2013.2.23

2. 小山明彦,舟山恵美,古川洋志,林 利彦,山本有平:小耳症耳介再建における二次修正.第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 東京, 2013.4.3

3. 小山明彦,舟山恵美,古川洋志,林 利彦,山本有平:Millard法変法とFisher法変法の比較検討〜当科における初回口唇形成術の短期経過〜.第37回日本口蓋裂学会総会・学術集会,佐賀市,2013.5.30

4. 小山明彦,舟山恵美,古川洋志,林 利彦,村尾尚規,山本有平:小耳症耳介再建における二次修正術の重要性.第31回日本頭蓋顎顔面外科総会・学術集会,名古屋市,2013.10.24

5. 舟山恵美,山本有平,古川洋志,小山明彦,林 利彦 : 北海道大学病院整容・美容外科におけるフェイスリフトの経験.第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 2013.4.3-5

6. 坂本泰輔,大野健太郎,蕨 雄大,藤岡保範:前外側大腿皮弁で再建した前額部微小嚢胞性付属器癌の1例. 第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 甲府, 2013.8.9

7. 林 利彦,古川洋志,山本有平 : 血液凝固異常のある患者に対する皮弁再建ー周術期の対応についてー. 第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 2013.4.3-5

8. 林 利彦,古川洋志,小山明彦,舟山恵美,山本有平 : 口角全層欠損に対する機能的再建:Muscle bow traction Methodの応用. 第37回日本頭頚部癌学会, 東京都, 2013.6.13-14

9. 林 利彦,古川洋志,村尾尚規,坂本泰輔,島田卓治,山本有平:頭頚部皮膚がんの再建におけるFree flap/有茎皮弁/局所皮弁の使い分け. 第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,甲府市,2013.8.9

10. 村尾尚規,林 利彦,古川洋志,山本有平:Docetaxelを用いた進行期乳房外Paget’s病の治療経験.第56回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2013.4.5

11. 村尾尚規,池田正起,林 利彦,山本有平:ケロイドと免疫バランス〜制御性T細胞の組織学的,血液学的検証〜.第5回日本創傷外科学会総会・学術集会,京都市,2013.7.11

12. 村尾尚規,林 利彦,古川洋志,山本有平:進行期乳房外Paget病に対するdocetaxelの使用経験.第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,甲府市,2013.8.9

13. 村尾尚規,池田正起,林 利彦,吉田哲也,佐久間智子,山本有平:耳介軟骨部ケロイドの外科的治療〜Antia法による再建〜.第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,名古屋市,2013.10.24

14. 村尾尚規,池田正起,林 利彦,舟山恵美,小山明彦,古川洋志,山本有平:制御性T細胞はケロイド線維芽細胞のコラーゲン産生を抑制する〜共培養モデルによる検証〜.第22回日本形成外科学会基礎学術集会,新潟市,2013.11.7

15. 村尾尚規,池田正起,林 利彦,舟山恵美,小山明彦,古川洋志,山本有平:Hepatocyte growth factor(肝細胞増殖因子)のケロイド線維芽細胞におけるコラーゲン転写抑制機序の検証.第22回日本形成外科学会基礎学術集会,新潟市,2013.11.7

16. 村尾尚規,大芦孝平,古川洋志,塩谷隆太,山本有平:悪性黒色腫in transit転移における腫瘍免疫〜マウスリンパ浮腫モデルを用いた解析の試み〜.第22回日本形成外科学会基礎学術集会,新潟市,2013.11.8

17. 齋藤 亮,皆川英彦,齋藤典子,舟山恵美:放射線性皮膚障害に対する外科的治療の検討.第56回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2013.4.3

18. 齋藤 亮,皆川英彦,齋藤典子,舟山恵美,野崎愛: 放射線性皮膚障害に対する外科的治療 −北海道がんセンター形成外科における36症例の検討−.第5回日本創傷外科学会総会・学術集会,京都市,2013.7.11

19. 齋藤典子,清水 匡,杉井政澄,石山誠一郎,長尾宗朝,岩嵜大輔,藤田宗純,石川耕資,佐々木了:下肢静脈奇形の検討.第56回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2013.4.3

20. 齋藤典子,高橋周子,杉井政澄,石山誠一郎,長尾宗朝,岩嵜大輔,藤田宗純,石川耕資,西谷純平,西岡典子,清水 匡,佐々木了:当科における下肢静脈奇形106例の検討.第10回血管腫・血管奇形研究会,盛岡市,2013.7.20

21. 齋藤典子,高橋周子,杉井政澄,石山誠一郎,長尾宗朝,岩嵜大輔,藤田宗純,石川耕資,西谷純平,西岡典子,清水 匡,小山田ゆみ子,佐々木了:関節拘縮を有する下肢静脈奇形症例11例の検討:拘縮の要因について.第10回血管腫・血管奇形研究会,盛岡市,2013.7.20

22. 大芦孝平,古川洋志,大澤昌之,山本有平:マウス後肢リンパ浮腫モデルにおける放射線照射の必要性についての検討.第22回日本形成外科学会基礎学術集会,新潟県,2013.11.7

23. 池田正起,古川洋志,山本有平:前腕内シャント閉鎖術後に顕在化した骨間動静脈瘻の一例. 第56回日本形成外科学会学術集会,東京都,2013.4.4

24. 池田正起,林 利彦,村尾尚規,山本有平:耳介軟骨部ケロイドに対するAntia法. 第56回日本形成外科学会学術集会,東京都,2013.4.5

25. 池田正起,村尾尚規,林 利彦,山本有平:ケロイドに対する特発性肺線維症治療薬の応用(第2報). 第5回日本創傷外科学会,京都市,2013.7.11
26. 池田正起,古川洋志,林 利彦,山本有平:Interval nodeに転移を来した背部正中悪性黒色腫の一例. 第29回日本皮膚悪性腫瘍学会,甲府市,2013.8.9

27. 池田正起,村尾尚規,林 利彦,舟山恵美,小山明彦,古川洋志,山本有平:ケロイド治療への新たな視点〜皮膚に対する抗線維化薬の応用〜(第3報)第22回日本形成外科学会基礎学術集会,新潟市,2013.11.7

28. 高橋紀久子,木村 中,坂本泰輔,磯貝 哲,佐藤千草 : 前腕部の電撃傷に対して遊離大網移植術で患肢を温存し、腱移植術、関節固定術などにより機能再建を試みた一例, 第39回日本熱傷学会総会・学術集会, 沖縄, 2013.6.7

29. 塩谷隆太,林 利彦,小山明彦,舟山恵美,山本有平:皮膚悪性腫瘍の新たな治療アルゴリズム「UHS proposal(仮称)〜リンパ流を考慮した連続的郭清術part1〜.第56回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2013.4.4

30. 塩谷隆太,林 利彦,小山明彦,舟山恵美,山本有平:皮膚悪性腫瘍の新たな治療アルゴリズム「UHS proposal(仮称)〜リンパ流を考慮した連続的郭清術part2〜.第56回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2013.4.4

31. 塩谷隆太,林 利彦,小山明彦,舟山恵美,山本有平:リンパ流を考慮した転移性皮膚悪性腫瘍の取り扱いに関する提案〜part1.第29回皮膚悪性腫瘍学会学術大会,甲府市,2013.8.8

32. 塩谷隆太,林 利彦,小山明彦,舟山恵美,山本有平:リンパ流を考慮した転移性皮膚悪性腫瘍の取り扱いに関する提案〜part2.第29回皮膚悪性腫瘍学会学術大会,甲府市,2013.8.8

33. 塩谷隆太,堀内勝己,古川洋志,小山明彦,舟山恵美,林 利彦,村尾尚規,山本有平:リンパ流を定量化する手法の開発〜in vivo imaging systemを用いて〜.第22回日本形成外科基礎学術集会,新潟市,2013.11.7

34. 山尾 健,古川洋志,大芦孝平,林 利彦,山本有平:顔面神経麻痺・三叉神経麻痺が画像所見に先行した眉毛外側有棘細胞癌の再発症例の経験.第56回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2013.4.3-5

35. 山尾 健,古川洋志,斉藤 亮,大澤昌之,林 利彦,田畑泰彦,山本有平:メラノーマ治療成績向上を目指して〜ヒアルロン酸修飾インターフェロンβ徐放剤の開発 -第2報-.第22回日本形成外科学会基礎学術集会,新潟県,2013.11.7-8

36. 山尾 健,古川洋志,大芦孝平,林 利彦,山本有平:顔面神経・三叉神経麻痺を生じた有棘細胞癌症例の経験.第29回皮膚悪性腫瘍学会学術大会,山梨県,2013.8.9-10

37. 山尾 健,古川洋志,林 利彦,山本有平:顔面神経麻痺・三叉神経麻痺が画像所見に先行した眉毛外側有棘細胞癌切除後の症例の経験.第36回日本顔面神経研究会,沖縄県,2013.4.25-26

38. 藤田宗純,古川洋志,舟山恵美,林 利彦,小山明彦,関堂 充,山本有平:放射性胸骨骨髄炎の治療戦略:当科の経験症例を振り返って.第5回日本創傷外科学会総会・学術集会,京都府,2013.7.12

39. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,一村公人 : ’突き垂’を用いた神経線維腫切除時の出血のコントロール. 第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 2013.4.3〜5.

40. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,一村公人 : 下肢アルカリ損傷の治療経験.第39回日本熱傷学会総会・学術集会, 沖縄, 2013.6.7-8.

41. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,一村公人 : 褥瘡,難治性潰瘍に対する持続陰圧治療の経験. 第15回日本褥瘡学会, 神戸, 2013.7.19-20.

42. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,一村公人 : 前胸部eccrine porocarcinomaの治療経験. 第29回日本皮膚悪性腫瘍学会, 山梨, 2013.8.9-10.

43. 前田 拓,木村 中,高橋紀久子,一村公人 : 耳下腺への転移が疑われた下眼瞼脂腺癌の治療経験. 第29回日本皮膚悪性腫瘍学会, 山梨, 2013.8.9-10.

44. 石川耕資,南本俊之,岩井里子,一村公人,佐久間智子,本田 進,藤井 曉,古川洋志:当院における壊死性筋膜炎11例の検討.第56回日本形成外科学会総会・学術集会,東京,2013.4.5

45. 石川耕資,佐々木了,齋藤典子,高橋周子,杉井政澄,石山誠一郎,岩嵜大輔,藤田宗純,西谷純平,長尾宗朝:慢性疼痛に難渋している片側顔面筋肉内口腔内静脈奇形の1例.第10回血管腫・血管奇形研究会,盛岡,2013.7.20

46. 石川耕資,佐々木了,古川洋志,齋藤典子,長尾宗朝,山本有平:咀嚼筋内の静脈奇形に対する硬化療法の臨床的検討.第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,名古屋,2013.10.25

47. 伊藤梨里,小山明彦,林 利彦,舟山恵美,古川洋志,山本有平,白石秀明,中山若樹:Apert症候群との鑑別を要したOral-facial-digital syndrome type1の1例.第56回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2013.4.3

48. 伊藤梨里,小山明彦,林 利彦,舟山恵美,古川洋志,木村 中,中山若樹,山本有平:Apert症候群との鑑別を要したOral-facial-digital syndromeの1例.第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,愛知県,2013.10.25

49. 南本俊之,石川耕資,中島菊雄,佐藤隆弘,岩井里子,林 利彦:当院における銃創の治療経験.第31回日本臨床皮膚外科学会学 術大会,台湾,2013.2.1