スタッフ

 △  1998  1999  2000  2001  2002  2003  2004  2005  2006  2007  2008  2009  2010  2011  2012  2013  2014  2015  2016  2017 

2005年 業績

著書

(和文)
1. 山本有平:TRAM flapによる乳房再建〜Personal Consideration,59頁-61頁(岩平佳子編:乳房再建術〜スペシャリストの技のすべて,南山堂,東京)2005

2. 山本有平:MVA TRAM flapによる乳房再建,88頁-98頁(岩平佳子編:乳房再建術〜スペシャリストの技のすべて,南山堂,東京)2005

3. 小山明彦,本田耕一:陰圧閉鎖ドレッシングを用いた植皮片固定法,31頁-36頁(波利井清紀編:形成外科ADVANCEシリーズ I-2  四肢の形成外科 最近の進歩 改訂第2版,克誠堂出版,東京) 2005

綜説

(和文)
1. 桜井裕之,多久嶋亮彦,山本有平,光嶋 勲,佐藤兼重,中嶋英雄,鳥居修平,野崎幹弘:日本形成外科学会「2004皮弁分類」について,形成外科 48, 717-728, 2005

2. 関堂 充,山本有平:頬部の再建,Pepers 6, 35-42, 2005

(欧文)
1. Yamamoto, Y. : Mid-facial reconstruction after maxillectomy, Int J Clin Oncol 10, 218-222, 2005

2. Tsutsumida, A., Furukawa, H., Yamamoto, Y., Sugihara, T.: Treatment strategy for cutaneous malignant melanoma, Int J Clin Oncol 10, 311-317, 2005

原著

(和文)
1. 北村 孝:ケロイドにおけるマクロファージ遊走阻止因子とリゾフォスファチジン酸の相互作用に関する解析,北海道医誌 80, 449-458, 2005

2. 齋藤 亮,佐野法久,堤田 新,山本有平,杉原平樹:毛包癌に対する臨床的検討‐当科における22年間の治療経験,日形会誌 25, 101-108, 2005

3. 齋藤 亮,堤田 新,関堂 充,山本有平,杉原平樹:胸壁平滑筋肉腫に対する集学的治療の経験,日形会誌 25, 205‐209,2005

4. 皆川知広,山本有平,皆川英彦,吉田哲憲,杉原平樹:当科におけるvon Recklinghausen病に対する治療経験,形成外科 48, 787-793, 2005

5. 木村 中,皆川知広,七戸龍司,舟山恵美:外傷性耳垂裂の再建,道南医学会誌 40, 95-97, 2005

6. 皆川知広,木村 中,七戸龍司,舟山恵美,小山明彦:Medial pedicled orbicularis oculi flapによる内眼角再建の経験,道南医学会誌 40, 98-100,2005

7. 関堂 充、畠 真也、山本有平、南本俊之、吉田哲也、杉原平樹:Components Separation 法を用いた腹壁瘢痕ヘルニア,腹壁離開創再建の経験,形成外科 48, 145-153, 2005

8. 関堂 充、山本有平、南本俊之、杉原平樹:小児臍ヘルニア形成術に関する工夫・深い臍窩を形成するために,形成外科 48, 161-167, 2005

9. 関堂 充:イヌを用いた有茎空腸の血流動態に関する実験・有茎空腸遠位部生着における動静脈の優位性,日本マイクロサージャリー学会会誌 1, 1-7, 2005

10. 堤田 新,山本有平,杉原平樹,鈴木裕一:皮膚悪性腫瘍・軟部肉腫に対する抗癌剤感受性試験に基づいた化学療法の経験, Skin Cancer 119, 331−335, 2005

11. 関堂 充,古川洋志,山本有平,杉原平樹,野平久仁彦:各種遊離皮弁を用いた足底荷重部再建の経験,日形会誌 25, 715-723, 2005

12. 関堂 充,山本有平,皆川英彦,佐々木了,古川洋志,杉原平樹,野平久仁彦,矢島和宜,新冨芳尚,奥芝俊一,加藤紘之,細川正夫:血管付加吻合法を用いた咽喉食道再建の経験,日本マイクロサージャリー学会会誌 18, 249-256, 2005

13. 堤田 新,山本有平,古川洋志,杉原平樹:当科におけるSentinel Node Biopsy 〜北海道大学形成外科37例の経験〜,日形会誌25,175-180, 2005

14. 佐々木了:皮膚軟部組織の血管奇形に対する硬化療法の臨床的検討, 日形会誌25:250-259, 2005

(欧文)
1. Furuta,Y., Honma,A., Nagahashi,T., Oridate, N., Mesuda, Y., Nishizawa, N., Sekido, M., Yamamoto, Y., Okushiba, S., Fukuda S.: Voice restoration by primary insertion of indwelling voice prosthesis following circumferential pharyngolaryngectomy with free jejunal graft, Auris Nasus Larynx 32, 269-274, 2005

2. Sekido, M., Yamamoto, Y., Sugihara, T.: Arterial Blood Flow Changes after Free Tissue Transfer in Head and Neck Reconstruction, Plast Reconstr Surg 115, 1547-1552, 2005

3. Sekido, M., Yamamoto, Y., Yoshida, T., Minakawa, H., Nohira, K., Shintomi, Y., Sugihara, T.: Reconstructive Considerations after Resection of Malignant Melanoma in the Head and Neck, Scand J Plast Reconstr Surg 39, 222-226, 2005

4. Fujioka, H., Ariga, T., Horiuchi, K., Ohtsu, M., Igawa, H., Kawashima, K., Sugihara, T., Sakiyama, Y.: Molecular analysis of non-syndromic preaxial polydactyly: preaxial polydactyly type-IV and preaxial polydactyly type-I, Clin Genet 67, 429-433, 2005

5. Fujioka, H., Ariga, T., Yoda, M., Ohsaki, M., Horiuchi, K., Otsu, M., Sugihara, T., Sakiyama, Y.: A case of C3 deficiency with a novel homozygous two-base deletion in the C3 gene, Am J Med Genet A 138A, 399-400, 2005

6. Horiuchi, K,, Ariga, T,, Fujioka, H., Kawashima, K., Yamamoto, Y., Igawa, H., Sugihara. T.,  Sakiyama, Y.: Mutational analysis of the TCOF1gene in 11 Japanese patients with Treacher Collins syndrome and mechanism of mutagenesis, Am J Med Genet 134A, 363-367. 2005

7. Tsutsumida, A,, Yoshida, T., Yamamoto, Y., Itoh, T., Minakawa, H., Sugihara, T.: Management of superficial leiomyosarcoma: a retrospective study of 10 cases, Plast Reconstr Surg 116,8-12, 2005

症例報告

(和文)
1. 関堂 充,山本有平,杉原平樹:乳児臍ヘルニアに対する早期圧迫治療の経験,日形会誌 25, 471-474, 2005

2. 大澤昌之,堀内勝己,吉田哲憲,堤田 新,山本有平:眼輪筋を茎とする全層V-Y法を用いた上眼瞼再建,日本頭蓋顎顔面外科学会誌 21, 310-315, 2005

3. 小山明彦,川嶋邦裕,澤村 豊,山本有平,佐々木了,杉原平樹:遊離頭蓋骨移植による頬部硬性再建の一例,日形会誌 25: 454-458, 2005

4. 近藤雅嗣,皆川英彦,舟山恵美,山本有平:先天性両側鼻孔狭窄の1例,日形会誌 25: 686-689, 2005

5. 大谷秀和,横山統一郎,山本有平:若年者に発症した基底細胞癌の1症例,日形会誌 25: 683-685, 2005

その他

(和文)
1. 山本有平:美容的水準の高い乳房再建のポイント,Medical Tribune 38, 18, 2005

2. 山本有平:教室〜Living Effort, 形成外科 48, 959, 2005
 
 
 


52. 小山明彦,山本有平,柏村正明,川嶋邦裕,杉原平樹:外耳道形成を考慮したわれわれの小耳症治療方針,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

53. 小山明彦,山本有平,川嶋邦裕,齋藤 亮,齋藤典子,杉原平樹:小耳症手術におけるsalvage法としてのmastoid fascial flapの有用性,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

54. 小山明彦,井川浩晴,川嶋邦裕,佐々木了,舟山恵美,杉原平樹:口蓋裂術後鼻咽腔閉鎖機能不全の検討 〜発生の危険因子に関するretrospective study〜,第29回日本口蓋裂学会,東京都,2005

55. 佐々木了、関堂充、堤田新、小山明彦、山本有平、杉原平樹:乳児血管腫におけるDuplex Scan Color Doppler Echoを用いた血流評価.第48回日本形成外科学会総会,東京都,2005

56. 林 利彦,川嶋邦裕,佐々木了,小山明彦,杉原平樹,山本有平:Trecher Collins症候群10症例の治療経験 ?当科におけるTCSのGrading分類と治療ー,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

57. 林 利彦,佐々木了,山本有平:AMP製剤を利用した新しいケロイド治療, 第14回日本形成外科学会基礎学術集会,東京都,2005

58. 林 利彦,川嶋邦裕,佐々木了,小山明彦,杉原平樹,山本有平,堀内勝己:Treacher Collins症候群10症例の治療経験 ?現在までの治療経過・問題点と将来展望ー,第23回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,徳島市,2005

(地方会)
1. 山本有平,関堂 充,古川洋志,矢島和宜,福田 論:舌癌Stage III&IVの治療について〜北大式舌嚥下筋群動的再建法,第31回北海道頭頚部腫瘍研究会,札幌市,2005

2. 桑原広昌,杉原平樹,金朝暉,熊切正信:マウス皮膚欠損創における細胞増殖因子の経時的変化についてのHorizontal sctionによる免疫組織化学的研究,第69回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

3. 桑原広昌,村尾尚規,ウイリシア,杉原平樹,皆川知広,蕨 雄大:DAC-Tam療法が一時的に有効であった,術後24年目に全身転移を来たした手指の悪性黒色腫,第69回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市

4. 堤田 新,古川洋志,畠 真也,山本有平:メラノーマにおいて所属リンパ節転移の状態から再発・転移,予後を予測できるか? 第70回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

5. 堤田 新,古川洋志,山本有平:メラノーマの鼡径リンパ節微小転移例における郭清範囲の検討〜センチネルリンパ節転移陽性例はどこまでリンパ節郭清すべきか?〜 第70回日本形成外科学会九州地方会,熊本市,2005

6. 畠 真也,浜田淳一,多田光宏,守内哲也,山本有平:悪性黒色腫におけるPAX遺伝子発現異常の検討,第86回北海道癌談話会,札幌市,2005

7. 藤岡浩賢,関堂 充:Trichodiscomaの1例,第21回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,札幌市,2005

8. 吉田哲也,中川あかね,天海恵子,畠 真也,佐々木了:内視鏡下切除をおこなった前額部海綿状リンパ管奇形の治療経験,第69回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

9. 川嶋邦裕,杉原平樹,Qi Fazhi:イヌ下顎骨延長法におけるinitial gapと骨再生機序の検討,第69回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

10. Mol William, 古川洋志,佐々木了,山本有平,林 利彦,畠 真也:血管腫に対する硬化療法のin vitroの実験モデルの作成,第70回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

11. 長尾宗朝,関堂 充,山本有平,板谷純幸,天海恵子:当科における深下腹壁動脈穿通枝,胸背動脈穿通枝を用いた遊離皮弁の経験,第70回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

12. 皆川知広,木村 中,七戸龍司,小山明彦:耳珠に発症した有棘細胞癌の治療経験,第69回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

13. 皆川知広,木村 中,ウイリシア,?野敏郎,舟山恵美:Distally based superficial sural artery flapによる足部・下腿再建を行った2例,第58回道南医学会,函館市,2005

14. 皆川知広,木村 中,七戸龍司,小山明彦:耳珠に発症した有棘細胞癌の治療経験,第69回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

15. 木村 中,皆川知広,七戸龍司,林 利彦,小林朋子:遊離鼠径皮弁で再建した顔面III度熱傷の経験,第11回日本熱傷学会北海道地方会,札幌市,2005

16. 木村 中,皆川知広,ウイリシア,高野敏郎,舟山恵美,南本俊之:成長後に骨延長術を施行した多合趾症の1例,第70回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

17. 舟山恵美,皆川英彦,杉原平樹,吉田哲憲,國分一郎,堤田 新,山本有平:局所再発を繰り返しながらも長期生存している悪性黒色腫の一例,第70回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,

18. 坂本泰輔,大谷秀和,斉藤 亮,古川洋志,山本有平:指(趾)の形成手術後の固定の小工夫 ?付け爪を用いた固定?,第21回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,札幌市,2005

19. 坂本泰輔,大谷秀和,榎並宣裕,新藤純理,斉藤 亮,山本有平:副尿道の1例,第70回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

20. 蕨 雄大,天海恵子,板谷純幸,斉藤 亮,川嶋邦裕,山本有平,杉原平樹:形成外科領域における無菌手術・準汚染手術に対するアジスロマイシン(AZM)の感染予防効果の検討,第69回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

21. 木暮鉄邦,天海恵子,板谷純幸,蕨 雄大,関堂 充,山本有平:胸背動脈皮膚穿通枝皮弁をモニタリングとして用いた遊離広背筋弁による頭皮再建の一例,第70回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

22. 小浦場祥夫,安田聖人,熊切正信,坂本泰輔,丸山隆史,杉原平樹:新鮮自家骨髄を用いた下肢虚血性疾患の血管新生療法の適応に関する検討,第69回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

23. 小浦場祥夫,安田聖人,熊切正信,藤枝重治,坂本泰輔,杉原平樹:Perifascial Areolar Tissue付き脂肪移植(PAT-fatgraft)による軟部組織のaugmentation,第69回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

24. 小浦場祥夫,安田聖人,清原隆宏,熊切正信,坂本泰輔:RI法と色素法を併用した皮膚悪性腫瘍に対するセンチネルリンパ節生検−福井大学における5年間の経験−,第21回日本形成外科学会北海道東北支部会,札幌市,2005

25. 小山明彦,山本有平,川嶋邦裕,杉原平樹,柏村正明,野平久仁彦:聴力改善をめざしたわれわれの小耳症治療方針,第69回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

26. 小山明彦,冨士森英之,川嶋邦裕,佐々木了,山本有平:小耳症再建におけるシミュレーションデバイス,第70回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

27. 佐々木了、関堂充、南本俊之、佐々木健志、齋藤典子、山本有平、杉原平樹:皮膚軟部組織の血管奇形に対する硬化療法の臨床的検討,第69回日本形成外科学会北海道地方会,札幌市,2005

28. 大芦孝平,横山統一郎,田所浩、早川達也、川嶋邦裕:在宅で発生した重症多発褥瘡の1例、第21回日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会,札幌市,2005

29. 南本俊之、佐々木了、山本有平、熊谷文昭:オコゼ刺創が推測された壊死性筋膜炎の1治療経験、第70回日本形成外科学会北海道地方会、札幌市、2005

学会発表

1)特別講演 (全国学会)
1. 山本有平:顔面神経麻痺の治療戦略ー北大形成外科アプローチ,第19回神戸形成外科集談会,神戸市,2005

2)宿題報告
なし

3)教育講演
1. 山本有平:形成外科の治療手技ー顔面外傷・熱傷を中心に,第43回全国大学保健管理協会北海道地方部会研究集会,札幌市,2005

2. 山本有平:形成・再建外科 up to date,第15回地域医療連携フォーラム,帯広市,2005

3. 山本有平:顔面神経麻痺の外科的治療:神経端側縫合&Neural signal augmentationに基づいたnetwork型神経再建,第30回北大泌尿器科医局研究発表会,札幌市,2005

4. 佐々木了:Vascular malformationの治療."形成外科医に必要な皮膚腫瘍の知識",日本形成外科学会Instructional course 東京,2005

4)シンポジウム
1. 山本有平,杉原平樹,野平久仁彦,新冨芳尚新冨芳尚:美容的観点からみた皮弁再建外科:乳房再建~ Marriage of Reconstructive & Aesthetic Surgery ~,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

2. 木村 中,皆川知広,ウイリシア,七戸龍司,小山明彦:仙骨部ステージ4褥瘡に対する大殿筋穿通枝皮弁による再建手術,第7回日本褥瘡学会学術集会,横浜市,2005

3. 川嶋邦裕,佐々木了,小山明彦,杉原平樹,井川浩晴:マンチェスター法における両側唇裂の最終瘢痕,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

4. 古川洋志,山本有平,関堂 充,川嶋邦裕,小山明彦,斉藤 亮:ラットの顔面神経?舌下神経の端側縫合によるdouble innervationの検証,第14回日本形成外科学会基礎学術集会,シンポジウムII 「末梢神経修復成績向上を支える基礎研究」,東京都,2005

5. 古川洋志,Tiffany Calderone, David Bartos, Jeffrey Gershenwald, 堤田 新,山本有平,新冨芳尚:センチネルリンパ節の流入リンパ管から分離培養したヒトのリンパ管内皮細胞の分子生物学的特性,第86回北海道癌談話会,ミニシンポジウム「根をはれ,転移学」,札幌市,2005

6. 小浦場祥夫,安田聖人,清原隆宏,熊切正信,坂本泰輔:RI法と色素法を用いた鼡径リンパ郭清後の下肢リンパ動態の解析,第29回日本リンパ学会総会,山口市,2005

7. 小山明彦,山本有平,本田耕一,川嶋邦裕,佐々木了,竹野巨一,林 利彦:当科における頭蓋顎顔面領域の再建材料選択アルゴリズム, 第23回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,徳島市,2005

8. Satoru Sasaki, Mitsuru Sekido, Yuhei Yamamoto, Takeshi Asano,Tadashi Shimizu, Hiroshi Furukawa, Hidehiko Minakawa and Tsuneki Sugihara:Management of Intermediate to High flow Vascular Malformations ― Comparison of Percutaneous Sclerotherapy, Transcatheteric Sclerotherapy and Surgical Excision ―, 第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

9. 佐々木了、古川洋志、関堂充、山本有平、浅野剛、清水匡:高流速型腫瘤性血管異常に対する治療戦略 ― 切除再建手術と硬化療法 ―.第30回日本外科系連合学会学術集会,東京都,2005

10. 佐々木了、川嶋邦裕、小山明彦、林利彦、井川浩晴、杉原平樹、山本有平:当科における両側唇裂の治療戦略, 第23回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,徳島市,2005

5)ワークショップ
1. 堤田 新,畠 真也,古川洋志,山本有平:メラノーマにおいてリンパ節転移の状態から遠隔転移,予後を予測できるか?〜病理組織学と分子生物学的検討〜第43回日本癌治療学会,「皮膚悪性腫瘍の最新情報と標準化」,名古屋市,2005

2. 古川洋志,Tiffany Calderone, David Bartos, Jeffrey Gershenwald, 堤田 新,山本有平,新冨芳尚:センチネルリンパ節の流入リンパ管から採取されたリンパ管内皮細胞の分子生物学的特性,第64回日本癌学会学術総会,「血管新生(3)」,札幌市,2005

3. 畠 真也,浜田淳一,多田光宏,守内哲也,村井太一,堤田 新,古川洋志,山本有平:色素性母斑および悪性黒色腫におけるPAX遺伝子の解析,第64回日本癌学会学術総会,「がん遺伝子・がん抑制遺伝子(3)」札幌市,2005

6)座談会
1. 古川洋志:第14回日本形成外科学会基礎学術集会,座談会 「わが教室の研究室を代表して」,東京都,2005

7)主題
(全国学会)
1. 関堂 充,冨士森英之,本間豊大,山本有平,杉原平樹:イヌを用いた有茎空腸の血流動態に関する実験?有茎空腸遠位部生着における動静脈の優位性?,第32回日本マイクロサージャリー学会学術集会,仙台市,2005

8)一般発表
(国際・国外学会)
1. Furukawa, H., Tsutsumida, A., Yamamoto, Y., Sasaki, S., Sekido, M., Sugihara, T., Yoshida, T., Minakawa, H., Kokubu, I.: Melanoma of thumb: retrospective study of 15 cases for amputation levels, surgical margin and reconstruction, ASPS 2005, Chicago, U.S.A., 2005

2. Kimura, C., Oyama, A., Funayama, E., Minagawa, T.: Burn injury due to candles on buddhist altars, 11th European Burns Association Congress, Estoril, Portugal, 2005

3. Funayama, E., Oyama, A., Yamamoto, Y.: Keratinocytes promote proliferation of underlying fibroblasts, 11th European Burns Association Congress, Estoril, Portugal, 2005

4. Oyama, A., Nishihira, J., Funayama, E., Yamamoto., Y.: Macrophage migration inhibitory factor plays an important role in keloidogenesis, 11th European Burns Association Congress, Estoril, Portugal, 2005

(全国学会)
1. 山本有平,関堂 充,堤田 新,杉原平樹:Neural Signal Augumentationに基づいたNetwork型神経再建:特発/ウイルス性顔面神経麻痺症例に対する治療,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

2. 山本有平,関堂 充,堤田 新,杉原平樹:Neural Signal Augumentationに基づいたNetwork型神経再建:腫瘍切除後顔面神経麻痺症例に対する治療,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

3. 山本有平,川嶋邦裕,小山明彦,杉原平樹:顔面神経下顎縁枝麻痺症例に対するdouble fascia graft法を用いた治療経験,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

4. 山本有平,関堂 充,堤田 新,古川洋志:腫瘍切除後顔面神経麻痺に対する新たな治療戦略〜 Neural Signal Augmentationに基づいたNetwork型神経再建,第29回日本頭頚部癌学会,東京都,2005

5. 関堂 充,山本有平,杉原平樹:小児臍ヘルニアに対する圧迫治療の経験、第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

6. 関堂 充,山本有平,南本俊之,杉原平樹:小児臍ヘルニア形成術に関する工夫?深い臍窩を形成するために,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

7. 関堂 充,山本有平,佐々木了,杉原平樹,野平久仁彦,新冨芳尚,皆川英彦,本田耕一:遊離組織移植を用いた足底荷重部再建?皮弁選択の考え方?,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京,2005

8. 関堂 充,冨士森英之,本間豊大,山本有平,杉原平樹:イヌを用いた遊離空腸の血流動態に関する実験?有茎空腸遠位部生着における動静脈の優位性?,第29回日本頭頚部癌学会,東京都,2005

9. 関堂 充,山本有平,牧野修治郎,高野昌士:肋軟骨付き深下腹壁動脈穿通枝皮弁による上顎再建の一例,第32回日本マイクロサージャリー学会学術集会,仙台市,2005

10. 関堂 充,古川洋志,佐々木了,山本有平 杉原平樹:超音波パルスドプラー法をもちいた遊離組織移植後の血流評価 ?吻合動脈血流量の測定及び経時的変化?,第14回日本形成外科学会基礎学術集会,東京都,2005

11. 桑原広昌,金朝暉,熊切正信,杉原平樹:マウス皮膚欠損創における細胞増殖因子の経時的変化についての免疫組織化学的研究,第35回日本創傷治癒学会,東京都,2005

12. 桑原広昌,金朝暉,熊切正信,杉原平樹:マウス皮膚欠損創における細胞増殖因子の経時的変化,第7回日本褥瘡学会学術集会,横浜市,2005

13. 桑原広昌,村尾尚規,ウイリシア,菊地慶介,皆川知広,蕨 雄大,堤田 新,杉原平樹:術後24年目に全身転移を生じた手指の悪性黒色腫の1例,第21回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,つくば市,2005

14 藤岡浩賢,佐々木了,古川洋志,竹内章晃:両人工股関節露出を合併した多発褥瘡の治療経験,第7回日本褥瘡学会学術集会,横浜市,2005

15. 藤岡浩賢,佐々木了,古川洋志,竹内章晃:両人工股関節露出を合併した多発褥瘡の治療経験,第48回日本形成外科学会総会学術集会,東京都,2005

16. 杉野まり子,佐々木了,沢村 豊,大澤昌之,大芦孝平,蕨 雄大,山本有平,杉原平樹:前額部に生じたsinus pericraniiの経験,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

17. 竹内章晃,勝沼栄明,櫻井圭祐,杉野まり子,村尾尚規,天海恵子,堤田 新,佐々木了:胸壁に発症した脂肪肉腫の1例,第21回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,つくば市,2005

18. 長尾宗朝,関堂 充,山本有平,板谷純幸,天海恵子:当科における深下腹壁動脈穿通枝,胸背動脈穿通枝を用いた遊離皮弁の経験,第32回日本マイクロサー ジャリー学会学術集会,仙台市,2005

19. 皆川知広,木村 中,ウイリシア,小山明彦,七戸龍司:ポケットを伴うステージ?大転子部褥瘡に対する陰圧閉鎖療法を併用した低侵襲手術の工夫,第7回日本褥瘡学会学術集会,横浜市,2005

20. 皆川知広,木村 中,ウイリシア,小山明彦,七戸龍司:ポケットを伴うステージIV大転子部褥瘡に対する陰圧閉鎖療法を併用した低侵襲手術の工夫,第7回日本褥瘡学会学術集会,横浜市,2005

21. 木村 中,皆川知広,ウイリシア,高野敏郎,小山明彦,古川洋志:眼瞼に生じた悪性腫瘍の検討,第23回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,徳島市,2005

22. 堤田 新,山本有平,杉原平樹,大澤昌之,齋藤 亮,佐々木健志,本間豊大,内山英祐:どのようなSCCがリンパ節転移するのか?〜センチネルリンパ節生検の適応〜,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005 

23. 堤田 新,古川洋志,齋藤 亮,山本有平:皮膚悪性腫瘍・軟部肉腫に対する外来化学療法〜北海道大学病院形成外科〜,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

24. 堤田 新,畠 真也,古川洋志,山本有平:メラノーマにおける顕微鏡的リンパ節転移の状態と遠隔転移の関連についての検討,第21回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,つくば市,2005

25. 堤田 新,山本有平,古川洋志,吉田哲憲:当科における頭皮血管肉腫の検討〜組織学的悪性度および治療と予後との関連〜,第21回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,つくば市,2005

26. 堤田 新,古川洋志,山本有平,鈴木恵士郎:TS-1と放射線の同時併用療法が奏効した下口唇SCC,第29回日本頭頸部癌学会,東京都,2005

27. 古川洋志,堤田 新,関堂 充,山本有平,杉原平樹,吉田哲憲,國分一郎:当科における母指悪性黒色腫の切除再建例の検討,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

28. 古川洋志,Tiffany Calderone, David Bartos, Jeffrey Gershenwald, 堤田 新,山本有平,杉原平樹,新冨芳尚:センチネルリンパ節の流入リンパ管から採取されたリンパ管内皮細胞の分子生物学的プロファイリング,第21回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,つくば市,2005

29. 古川洋志,堤田 新,関堂 充,山本有平,杉原平樹,吉田哲憲,國分一郎:当科の母指悪性黒色腫の切除再建例の検討,第21回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,つくば市,2005

30. 古川洋志,Tiffany Calderone, David Bartos, Jeffrey Gershenwald, 堤田 新,山本有平,杉原平樹,新冨芳尚:ヒトのリンパ管内皮細胞の分子生物学的プロファイリング,第14回日本形成外科学会基礎学術集会,東京都,2005

31. 古川洋志,堤田 新,関堂 充,山本有平,杉原平樹,吉田哲憲,國分一郎:母指悪性黒色腫症例の切断レベル・皮膚切除範囲と再建術式に関する検討,第43回日本皮癌治療学会,名古屋市,2005

32. 古川洋志,関堂 充,佐々木了,山本有平,堤田 新,冨士森英之,杉原平樹:当科における母指悪性黒色腫切除後の再建症例の検討,第32回日本マイクロサージャリー学会学術集会,仙台市,2005

33. 畠 真也,浜田淳一,多田光宏,守内哲也,堤田 新,古川洋志,関堂 充,佐々木了,山本有平:悪性黒色腫および色素性母斑におけるPAX遺伝子の発現,第14回日本形成外科学会基礎学術集会,東京都,2005

34. Mol William, 古川洋志,佐々木了,山本有平,林 利彦,畠 真也:血管奇形に対する硬化療法のin vitroの実験モデル作成,第14回日本形成外科学会基礎学術集会,東京都,2005

35. 佐野法久,井川浩晴,宗内 巌,浜本有祐,岸川由佳,玉井求宜,林 利彦,小山明彦,山本有平:義歯用裏装材を用いた耳手術後のドレッシング,第10回形成外科内視鏡・手術手技研究会, 金沢市,2005

36. 井川浩晴, 宗内 巌,佐野法久,浜本有祐,三好みちよ,岡田真衣子,山本有平,佐々木了,関堂 充,杉原平樹:美容的観点から見た顔面再建における遊離皮弁の選択,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

37. 浜本有祐,宗内 巌,佐野法久,岸川由佳,木暮鉄邦,玉井求宜,井川浩晴,杉原平樹:術後咽頭狭窄に対する手術的治療,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

38. 佐野法久,井川浩晴,宗内 巌,浜本有祐,三好みちよ,村尾尚規,川嶋邦裕,杉原平樹:各種口蓋裂二次手術の比較検討,第48回日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都,2005

39. 井川浩晴,宗内 巌,佐野法久,浜本有祐,三好みちよ,村尾尚規,川嶋邦裕,杉原平樹:Lindsay変法による咽頭弁形成術の有用性,第48回日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都,2005

40. 井川浩晴,宗内 巌,佐野法久,浜本有祐,三好みちよ,岡田真衣子,木暮鉄邦,玉井求宜, 川嶋邦裕, 杉原平樹:披裂縁粘膜弁(Elephant nose flaps)を用いた両側唇裂初回手術,第29回日本口蓋裂学会,東京都,2005

41. 佐野法久,井川浩晴,宗内 巌,浜本有祐,岸川由佳,村尾尚規,杉原平樹:各種口蓋裂二次手術の比較検討. 第29回日本口蓋裂学会, 2005.05.25,東京

42. Hiroharu H. Igawa, Gan Muneuchi, Norihisa Sano, Yusuke Hamamoto, Michiyo Miyoshi, Tsuneki Sugihara: An integrated team approach is the best way for successful treatment of cleft lip and palate patients, 第45回日本先天異常学会学術集会(IFTS), 東京都,2005

43. 岸川由佳,井川浩晴,宗内 巌,佐野法久,浜本有祐,三好みちよ,田中麗沙,西澤典子,小山明彦,佐々木了,山本有平:挟み込み咽頭弁(sandwitched pharyngeal flap)法による鼻咽腔閉鎖不全の治療,第45回日本先天異常学会学術集会, 東京都,2005

44. 佐野法久,柏 尚裕,井川浩晴,宗内 巌,濱本有祐,三好みちよ,岸川由佳,村尾尚規,川嶋邦裕,山本有平:各種口蓋裂二次手術による術後鼻咽腔閉鎖機能の比較,第45回日本先天異常学会,東京都,2005

45. 井川浩晴,宗内 巌,佐野法久,浜本有祐,三好みちよ,川嶋邦裕,佐々木了,小山明彦,杉原平樹:両側唇裂初回手術における術式の変遷:Manchester変法から披裂縁粘膜弁(Elephant nose flap)法へ, 第23回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,徳島市,2005

46. 小浦場祥夫,安田聖人,坂本泰輔,丸山隆史,井隼彰夫,田中國義,杉原平樹,熊切正信:新鮮自家骨髄を用いた四肢虚血性疾患の血管新生療法,第4回日本再生医療学会総会,大阪市,2005

47. 小浦場祥夫,安田聖人,坂本泰輔,竹内章晃,熊切正信,杉原平樹:Concept of Vascular Plexus Graft: PATgraftとPSVN-FTSGgraftから考える新しい組織移植の概念,第48回日本形成外科学会総会・学術集会,東京都,2005

48. 小浦場祥夫,安田聖人,坂本泰輔,清原隆宏,熊切正信:センチネルリンパ節生検・リンパ郭清後の下肢リンパ流と転移病変との関連に関する検討,第21回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,つくば市,2005

49. 小浦場祥夫,安田聖人,坂本泰輔,藤枝重治,佐野和生,北川善政,熊切正信:Factors for Wound Infection in Head and Neck Surgery Reconstructed with Flaps by a Single Surgeon,第29回日本頭頸部癌学会,東京都,2005

50. 小浦場祥夫,安田聖人,清原隆宏,熊切正信,坂本泰輔:新鮮自家骨髄移植による下腿難治性潰瘍の治療と長期成績,第20回日本皮膚外科学会総会・学術集会,神戸市,2005

51. 小浦場祥夫,安田聖人,清原隆宏,熊切正信,坂本泰輔:皮膚悪性腫瘍に対するRI法・色素法併用によるSentinel Node Biopsy5年間の経験から得られたこと,第20回日本皮膚外科学会総会・学術集会,神戸市,2005