スタッフ

 教員・医員  大学院生  教室員  秘書  非常勤講師 

小山 明彦
Akihiko OYAMA M.D., Ph.D.

福島県立医科大学 形成外科学講座 教授

出身地:福島県郡山市湖南町
生年月日:1966年8月24日
身長:184 cm
体重:77kg
血液型:A型
星座:乙女座
趣味:バスケットボール、ドライブ、ゴルフ、食

学位:
2003年3月医学博士(北海道大学)
学位論文名:ケロイドにおけるマクロファージ遊走阻止因子の過剰発現と病態に果たす役割.北海道医学雑誌 (2003)

略歴:

1985年 3月

福島県立安積高等学校 卒業

1991年 3月

福島県立医科大学 卒業

1991年 5月

北海道大学医学部附属病院 形成外科研修医

1991年 7月〜

関連施設勤務
釧路労災病院、市立札幌病院(救急医療部)、中野総合病院、函館中央病院、美唄労災病院、形成外科メモリアル病院、など。

2003年 3月

北海道大学大学院 博士課程修了

2003年 5月

北海道大学病院 形成外科 医員

2005年 9月

北海道大学病院 形成外科 助手

2007年 4月

Necker Hospital, Cranio-Facial Unit / Paris 5(ネッケル病院 頭蓋顔面外科ユニット/パリ第5大学)留学 Clinical fellow

2008年 4月

北海道大学病院 形成外科 医員

2008年 7月

北海道大学病院 形成外科 助教

2008年 8月

北海道大学病院 形成外科 講師

2010年 6月

北海道大学病院 形成外科 診療准教授

2017年 4月

北海道大学病院 形成外科 診療教授

2017年 12月

福島県立医科大学 形成外科 教授

主な研究分野:

唇顎口蓋裂における顎発育に関する研究

小耳症耳介再建に関する研究

ケロイドの発生機序および病態制御に関する分子生物学的研究

創傷治癒におけるサイトカインの機能に関する研究

 

主な所属学会

日本形成外科学会(専門医、皮膚腫瘍外科分野指導医)

日本頭蓋顎顔面外科学会(評議員、専門医)

日本皮膚悪性腫瘍学会

日本創傷治癒学会(専門医)

日本美容外科学会

日本口蓋裂学会

International Society of Craniofacial Surgery, Associate Member

 

主な学術論文

小山明彦:下垂体機能低下症を伴う顔面正中裂の1例.形成外科 39: 615-621, 1996

小山明彦:穿通動脈を血管茎とした島状筋膜皮弁による仙骨部褥瘡の再建.形成外科 40: 963-968, 1997

小山明彦:Ngative-Pressure Dressing を用いた植皮の管理−簡便性と経済性の向上を目指して−.形成外科, 1998

Oyama A, Honda K, Takeno N, Kanazawa A, Sugihara T: Negative-pressure dressing for skin graft -Easy and economical management. Plastic Surgical Forum 23:492-494, 2000

Oyama A, Funayama E, Nishihira J, Igawa H, Sugihara T: High expression of MIF in keloid and its role in cell proliferation and collagen pruduction. ANZ journal of SURGERY, 73 supplement: 287, 2003

Oyama A, Fujimori H, Funayama E, Yamamoto Y.
Intraoperative simulation device using negative pressure for construction of framework in microtia reconstruction.
Plast Reconstr Surg. 2008 Mar;121(3):129e-130e

Oyama A, Sasaki S, William M, Funayama E, Yamamoto Y. Salvage of cartilage framework exposure in microtia reconstruction using a mastoid fascial flap. J Plast Reconstr Aesthet Surg 61 Suppl 1, S110-113, 2008

Oyama, A., Arnaud E., Marchac D., Renier D.: Reossification of cranium and zygomatic arch after monobloc frontofacial distraction advancement for syndromic craniosynostosis. J Craniofac Surg 20, 1905-1909, 2009

Oyama, A., Funayama, E., Furukawa, H., Hayashi, T., Yamamoto, Y.: Minor-form/microform cleft lip repair: The importance of identification and utilization of Cupid's bow peak on the lateral lip.Ann Plast Surg 72: 47-49, 2014