スタッフ

 教員・医員  大学院生  教室員  秘書  非常勤講師 

前田 拓
Taku MAEDA M.D., Ph.D.

助教(医学研究院)

出身地:高槻市(大阪)
生年月日:1978年
血液型:A型
星座:さそり座
趣味:登山

学位:
2018年3月医学博士(北海道大学)
学位論文名:外科的リンパ系再構築法を目指したリンパドレナージパターンおよびリンパ節局所免疫能に関する研究

略歴:

2006年   3月

神戸大学医学部医学科卒業 卒業

2006年   4月

日鋼記念病院 初期臨床研修医

2008年   4月

旭川厚生病院 形成外科

2008年 10月

北海道大学病院 形成外科

2009年 10月

帯広厚生病院 形成外科

2010年 10月

市立札幌病院 形成外科

2011年   4月

釧路労災病院 形成外科

2012年   7月

函館中央病院 形成外科

2013年 10月

北海道大学病院 形成外科

2014年 10月

旭川厚生病院 形成外科

2015年   4月

北海道大学大学院 入学(医学研究科)

2018年   3月

北海道大学大学院 博士課程修了

2018年   4月

北海道大学 大学院医学研究院 助教

主な研究分野:
・ 外科的リンパ系再構築に関する研究
・ メラノーマの研究
・ リンパ浮腫に関する研究
・ 頭頚部再建

主な所属学会:
・ 日本形成外科学会
・ 日本創傷外科学会
・ 日本熱傷学会
・ 日本頭蓋顎顔面外科学会
・ 日本マイクロサージャリー学会
・ 日本皮膚悪性腫瘍学会
・ 日本下肢救済・足病学会
・ 日本手外科学会
・ 日本頭頸部癌学会

主な認定資格:
・ 形成外科専門医(日本形成外科学会)
・ 皮膚腫瘍外科分野指導医医(日本形成外科学会)

主な学術論文:

Maeda T , Kimura C, Takahashi K, Ichimura K.
Utility of the method using the tsukisui device to control intraoperativebleeding applied to neurofibroma resection.
Plast Reconstr Surg Glob Open 1:e85, 2014.

Maeda T, Oyama A, Okamoto T, Funayama E, Furukawa H, Hayashi T, Murao N, Sato Y, Yamamoto Y.
Combination of Tessier clefts 3 and 4: case report of a rare anomaly with 12 years' follow-up.
J Craniomaxillofac Surg 42:1985-9, 2014.

Maeda TM, Kimura CK, Takahashi KT, Ichimura KI.
Increase in skin perfusion pressure after maggot debridement therapy for critical limb ischaemia.
Clin Exp Dermatol 39:911-4, 2014.

Maeda T, Oyama A, Funayama E, Furukawa H, Cho K, Yamamoto Y.
Successful conservative management of a large congenital scalp and skull defect.
J Craniofac Surg. 26:e275-7, 2015.

Maeda T, Kimura C, Murao N, Takahashi K.
Promising long-term outcomes of the reused skin-graft technique for chronic gluteal hidradenitis suppurativa.
J Plast Reconstr Aesthet Surg. 68:1268-75, 2015.

Maeda T, Oyama A, Funayama E, Yamamoto Y.
Reconstruction of low hairline microtia of Treacher Collins syndrome with a hinged mastoid fascial flap.
Int J Oral Maxillofac Surg. 45:731-4, 2016.

Maeda T, Yamamoto Y, Tanaka S, Hayashi T.
Application of Vacuum-Assisted Closure Therapy and Hyperbaric Oxygen Therapy for an Exposed Titanium Plate After Mandible Reconstruction.
J Craniofac Surg. 27:e601-e604, 2016.

Maeda T, Yamamoto Y, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Murao N, Hayashi T.
Dominant lymph drainage patterns in the occipital and parietal regions:evaluation of lymph nodes in patients with skin cancer of the head.
Int J Clin Oncol. 22:774-779,2017.

Maeda T, Yamamoto Y, Iwasaki D, Hayashi T, Funayama E, Oyama A, Murao N, Furukawa H.
Lymphatic Reconnection and Restoration of Lymphatic Flow by Nonvascularized Lymph Node Transplantation: Real-Time Fluorescence Imaging Using Indocyanine Green and Fluorescein Isothiocyanate-Dextran.
Lymphat Res Biol. 2017.[Epub ahead of print]

Maeda T, Hayashi T, Furukawa H, Iwasaki D, Ishikawa K, Funayama E, Murao N, Osawa M, Oyama A, Yamamoto Y.
Immune-mediated antitumor effect of a transplanted lymph node.
Int J Cancer. 2018[Epub ahead of print]