スタッフ

 教員・医員  大学院生  教室員  秘書  非常勤講師 

石川 耕資
Kosuke ISHIKAWA M.D., Ph.D.

出身地:札幌
生年月日:
血液型:型
星座:
趣味:

学位:
2019年3月 博士(医学)(北海道大学)
学位論文名:マウス血管柄付きリンパ節移植モデルにおける移植リンパ節の形態および機能に関する研究

略歴:

2002年   3月

北海道札幌西高等学校 卒業

2002年   4月

北海道大学 医学部医学科 入学

2008年   3月

北海道大学 医学部医学科 卒業

2008年   4月

恵佑会札幌病院 初期臨床研修医

2010年   4月

北海道大学病院 形成外科

2010年   7月

旭川厚生病院 形成外科

2011年   1月

斗南病院 形成外科

2011年 10月

北斗病院 形成外科

2012年   7月

市立函館病院 形成外科

2013年 10月

函館中央病院 形成外科

2014年 10月

北海道大学病院 形成外科

2016年   4月

北海道大学大学院 入学(医学研究科)

2019年   3月

北海道大学大学院 博士課程修了

主な研究分野:
・ リンパ節移植に関する研究
・ 血管奇形の分子細胞生物学的研究

主な所属学会:
・ 日本形成外科学会
・ 日本外科学会
・ 日本創傷外科学会
・ 日本熱傷学会
・ 日本血管腫血管奇形学会
・ 日本頭蓋顎顔面外科学会
・ 日本マイクロサージャリー学会
・ 日本皮膚悪性腫瘍学会
・ 日本褥瘡学会
・ 日本手外科学会
・ 日本レーザー医学会
・ 日本創傷・オストミー・失禁管理学会
・ 日本形成外科手術手技学会
・ 日本血管生物医学会
・ 日本頭頸部癌学会
・ 日本リンパ学会

主な認定資格:
・ 外科専門医(日本外科学会)
・ がん治療認定医(日本がん治療認定医機構)
・ 形成外科専門医(日本形成外科学会)

学術関係の受賞:
・ Case Study Merit Award, WOCN Society's 46th Annual Conference, Nashville, TN (2014年6月)
2018年度日本形成外科学会会誌優秀論文賞:チームサージャリーにおける形成外科の貢献に関する10年間の検討 (2019年5月)

主な学術論文:

Ishikawa K, Sasaki S, Furukawa H, Nagao M, Iwasaki D, Saito N, Yamamoto Y.
Preliminary experience with intraoperative near-infrared fluorescence imaging in percutaneous sclerotherapy of soft-tissue venous malformations.
Dermatol Surg 39: 907-912, 2013

Ishikawa K, Kusumi T, Hosokawa M, Nishida Y, Sumikawa S, Furukawa H.
Incisional surgical site infection after elective open surgery for colorectal cancer.
Int J Surg Oncol 419712: 5 pages, 2014

Ishikawa K, Sasaki S, Furukawa H, Nagao M, Iwasaki D, Fujita M, Saito N, Oyama A, Yamamoto Y.
A case of combined soft tissue and intraosseous venous malformation of the thumb treated with sclerotherapy using a bone marrow aspiration needle.
Cas Rep Plast Surg Hand Surg 2: 37-39, 2015

Ishikawa K, Minamimoto T, Mizuki T, Furukawa H.
Surgical management of extensive peristomal pyoderma gangrenosum associated with colon cancer.
J Wound Ostomy Continence Nurs 42: 102-105, 2015

Ishikawa K, Yamamoto Y, Furukawa H, Ohiro Y, Satoh A, Hayashi T.
Long-term changes in bone height after mandibular reconstruction using a free fibula graft in an elderly population.
J Oral Maxillofac Surg 75: 2682-2688, 2017

Ishikawa K, Yamamoto Y, Funayama E, Furukawa H, Sasaki S: Wound-healing problems associated with combined vascular malformations in Klippel-Trenaunay syndrome.
Adv Wound Care (New Rochelle)8: 246-255, 2019

Ishikawa K, Maeda T, Funayama E, Hayashi T, Murao N, Osawa M, Furukawa H, Oyama A, Yamamoto Y: Feasibility of pedicled vascularized inguinal lymph node transfer in a mouse model: A preliminary study.
Microsurgery 39: 247-254, 2019

Ishikawa K, Funayama E, Maeda T, Hayashi T, Murao N, Osawa M, Ito R, Furukawa H, Oyama A, Yamamoto Y: Changes in high endothelial venules in lymph nodes after vascularized and nonvascularized lymph node transfer in a murine autograft model.
J Surg Oncol 119: 700-707, 2019