スタッフ

  教員・医員   大学院生  教室員  秘書  非常勤講師 

林 利彦
Toshihiko HAYASHI M.D., D.D.S., Ph.D.

准教授(歯学研究院)
客員臨床教授(北海道大学病院)

出身地:室蘭
生年月日:1964年
血液型:O型
星座:さそり座
趣味:車、スキー、ゴルフ

     

学位:
2006年 3月 博士(医学)(北海道大学)
学位論文名:ケロイドにおけるアラキドン酸代謝とコラーゲン産生に関する解析

略歴:

1989年 3月

北海道大学歯学部 卒業

1996年 3月

北海道大学医学部 卒業

1996年 4月

北海道大学医学部 形成外科入局

2006年 3月

北海道大学大学院 博士課程修了

2006年 4月

福井大学医学部皮膚科形成外科診療班 助手

2009年 4月

北海道大学病院形成外科 助教

2013年 9月

北海道大学歯学研究科口腔顎顔面外科 准教授
北海道大学病院 客員臨床准教授

2018年 4月

北海道大学大学院歯学研究院 准教授
北海道大学病院 客員臨床教授

 

主な研究分野:

ケロイドの病態制御に関する分子生物学的研究

悪性黒色腫

頭頚部再建

 

主な所属学会:

日本形成外科学会

日本頭蓋顎顔面外科学会

日本頭頸部癌学会

日本マイクロサージャリー学会(評議員)

日本皮膚悪性腫瘍学会(評議員)

日本創傷外科学会

日本癌治療学会

日本口腔外科学会

日本形成外科手術手技学会

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会

日本血管腫血管奇形学会

瘢痕・ケロイド治療研究会(理事)

 

主な認定資格:

形成外科専門医(日本形成外科学会)

皮膚腫瘍外科分野指導医(日本形成外科学会)

再建・マイクロサージャリー分野指導医(日本形成外科学会)

日本創傷外科学会専門医

がん治療認定医(日本がん治療認定医機構)

主な学術論文:

Hayashi T, et al: Treatment of ischial pressure sores by means of sclerotherapy using absolute ethanol. Ann Plast Surg 53: 554-559, 2004

Hayashi T, et al: Surgical management of ischial and perineal pressure ulcers with urethrocutaneous fistulae. J Wound Care 15: 55-57, 2006

Hayashi T, et al: Decreased prostaglandin E2 production by inflammatory cytokine and lower expression of EP2 receptor result in increased collagen synthesis in keloid fibroblasts. J Invest Dermatol 126: 990-997, 2006

Hayashi T, et al: New grading system for patients with treacher Collins syndrome. J Craniofac Surg 18: 113-119, 2007

Hayashi T, et al: A false-negative sentinel lymph node in the parotid gland of a melanoma patient: a new algorithm for SLN biopsy in the parotid gland. Int J Clin Oncol 15: 504-507, 2010

Hayashi T, et al: Dominant lymph drainage in the facial region: evaluation of lymph nodes of facial melanoma patients. Int J Clin Oncol 17: 330-335, 2011

Hayashi T, et al: A new uniform protocol of combined corticosteroid injections and ointment application reduces recurrence rates after surgical keloid/hypertrophic scar excision. Dermatol Surg 38: 893-897, 2012

Hayashi T, et al: Sentinel lymph node biopsy using real-time fluorescence navigation with indocyanine green in cutaneous head and neck/lip mucosa melanomas. Head Neck 34: 758-761, 2012

Hayashi T, et al: An analysis of cheek reconstruction after tumor excision in patients with melanoma. J Craniofac Surg 25: e98-101, 2014

Hayashi T, et al: Flap reconstruction in two patients with rare blood coagulation disorders. Eur J Plast Surg 37: 297-300, 2014

Hayashi T, et al: Dominant lymph drainage in the upper extremity and upper trunk region: evaluation of lymph drainage in patients with skin melanomas. Int J Clin Oncol 19: 193-197, 2014

Hayashi T, et al: Reconstruction of large cheek defect with/without sideburn using malar-posterior auricular-cervico flap. Ann Plast Surg 77: 173-177, 2016

Hayashi T, et al: Review and proposal of regional surgical management for melanoma: revisiting of integumentectomy and incontinuity dissection in treatment of skin melanoma. Int J Clin Oncol 22: 569-576, 2017

Hayashi T, et al: New video fluoroscopic chewing examination for patients who use dentures after mandibular reconstruction. Br J Oral Maxillofac Surg 57: 697-698, 2019