スタッフ

 教員・医員  大学院生  教室員  秘書  非常勤講師 

古川 洋志
Hiroshi FURUKAWA M.D., Ph.D.

准教授(医学研究院)
診療教授(北海道大学病院)
形成外科病棟医長
形成外科教室ジェネラルマネージャ(GM, 医局長)

出身地:京都
生年月日:1966年--月--日
身長: ---cm
体重:--kg
血液型:-型
星座:--座
趣味:

学位:
2001年3月医学博士(北海道大学)
学位論文名:悪性黒色腫におけるゲルソリン短縮体の発現と腫瘍浸潤度との関連. 北海道医学雑誌 (2001)

略歴:

1985年 3月

北海道大学医学部 入学

1991年 3月

北海道大学医学部 卒業

1991年 5月

北海道大学医学部附属病院 形成外科研修

1991年 7月

旭川厚生病院 形成外科

1992年 4月

北海道大学医学部附属病院 形成外科

1992年10月

北海道大学医学部附属病院 麻酔科研修

1993年 4月

北海道大学医学部附属病院 形成外科

1993年10月

函館中央病院 形成外科

1994年10月

北見赤十字病院 形成外科

1995年10月

北海道大学医学部附属病院 形成外科

1996年10月

形成外科メモリアル病院

2001年 3月

北海道大学大学院 博士課程修了

2001年 4月

市立函館病院 形成外科 科長

2003年 5月

米国テキサス大学 M.D. Andersonがんセンター Department of Surgical Oncology
Post doctoral fellow(主任教授 Jeffrey E. Gershenwald, M.D.)

2004年11月

北海道大学病院 形成外科

2006年4月

北海道大学医学部 助手

2007年4月

北海道大学医学部 助教

2008年7月

北海道大学医学部 講師

2010年6月

北海道大学病院 診療准教授

2014年10月

北海道大学医学部 准教授

2014年12月

北海道大学病院 診療教授

 現在に至る

 

主な研究分野:

リンパ浮腫

リンパ管奇形・血管奇形

リンパ節転移(悪性黒色腫)

末梢神経再生・ネットワーク型神経再建

 

主な所属学会

日本形成外科学会(日本形成外科学会専門医、皮膚腫瘍外科指導専門医、評議員)

日本創傷外科学会(日本創傷外科学会専門医、評議員)

日本マイクロサージャリー学会(評議員)

日本手外科学会(手外科学会専門医)

日本癌治療学会(日本がん治療認定医機構 認定医・暫定教育医)

日本皮膚悪性腫瘍学会(評議員)

日本頭頚部癌学会

日本血管腫血管奇形学会(評議員)

日本熱傷学会

日本末梢神経学会

日本食道学会

日本顔面神経学会

日本下肢救済足病学会

日本癌学会

 

学術関係の受賞

第18回日本形成外科手術手技学会最優秀演題賞:「多合趾症の内側余剰趾切除:整容的に良好な結果を得るための工夫」

 

 

 

 

主な学術論文(first author, corresponding author)

Iwasaki D, Furukawa H, et al: Establishment of an Acquired Lymphedema Model in the Mouse Hindlimb: Technical Refinement and Molecular Characteristics. Plast Reconstr Surg 2017,in press

Yasui G, Furukawa H, et al: Neuregulin-1 released by biodegradable gelatin hydrogels can accelerate facial nerve regeneration and functional recovery of traumatic facial nerve palsy. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2016;69(3):328-34.

Ono K,Furukawa H, et al: Exploration of more effective neurorrhaphy in facial nerve reconstruction: A comparison focusing on the difference of neural window size and condition of the neurorrhaphy site. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2016, 69(8):1072-9.

Furukawa H, et al: Effectiveness of intraoperative indocyanine-green fluorescence angiography during inguinal lymph node dissection for skin cancer to prevent postoperative wound dehiscence. Surg Today. 2014 Jul 26.

Shioya R, Furukawa H, et al: Prevention of Lymphedematous Change in the Mouse Hindlimb by Nonvascularized Lymph Node Transplantation.Ann Plast Surg. 2015 Feb 7.

Warabi T, Furukawa H, et al: Dynamic change of myogenin in denervated rat mimetic muscle.Facial Plast Surg.2015; 31(2):152-9

Furukawa H, et al. Efficacy of percutaneous ethanol sclerotherapy for venous malformation in lower extremities: A retrospective review of 21 cases. European Journal of Plastic Surgery 2013; 36:105-110

Furukawa H, et al.: Skin necrosis around bilateral buttock of teenager. International Journal of Culture and Mental Health,2014; 7:43-45

Furukawa H, et al. : Microsurgical lymphaticovenous implantation targeting dermal lymphatic backflow using indocyanine green fluorescence lymphography in the treatment of postmastectomy lymphedema. Plast Reconstr Surg 2011 May;127(5):1804-11

Furukawa H, et al : Ethanol sclerotherapy with ‘injection and aspiration technique’ for giant lymphatic malformation in adult cases. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2011 Jun;64(6):809-11

Furukawa H, et al. : Tailored excision of in-transit metastatic melanoma based on Indocyanine green fluorescence lymphography. European J Plast Surg. 2012 Apr; 35(4): 329-332

Furukawa H, et al : Aesthetic Correction of Postoperative Pectoral Deformity
after Minimum Invasive Funnel Chest Repair. Plast Reconstr Surg,2010
Mar;125(3):125e-7e

Furukawa H, et al :Double innervation occurs in the facial mimetic muscles after facial-hypoglossal end-to-side neural repair: rat model for neural supercharge concept. Journal of Plastic, Reconstructive & Aesthetic Surgery, 2008; 61(3): 257-64

Furukawa H, et al : Modification of thoracoscopy in pectus excavatum: Insertion of both thoracoscope and introducer through a single incision to maximise visualization. Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg, 2007;41(4):189-92.

Furukawa H, et al : Melanoma of thumb: retrospective study for amputation levels, surgical margin and reconstruction. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2007; 60(1): 24-31.

Furukawa H, et al : Bilateral dermal thymus of neck in branchio-oculo-facial syndrome. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2006; 59(12): 1385-7.

Furukawa H, et al :Second free jejunal transfer in complicated pharyngoesophageal reconstructions. J Reconstr Microsurg. 2003 Feb;19(2):93-8.

Furukawa H, et al : Identification of a novel gelsolin truncate in the vertical and metastatic phase malignant melanomas. Melanoma Res. 2002 Dec;12(6):523-8.

Furukawa H, et al : Squamous cell carcinoma in chronic lymphedema: case report and review of the literature. Dermatol Surg. 2002 Oct;28(10):951-3

Furukawa H, et al : Gluteus maximus adipomuscular turnover or sliding flap in the surgical treatment of extensive sacral chordomas. Plast Reconstr Surg. 2000 Mar;105(3):1013-6.

Furukawa H, et al : Clinical application of expanded free flaps based on primary or secondary vascularization. Plast Reconstr Surg. 1998 Oct;102(5):1532-6.

古川洋志、ほか:北大形成外科におけるリンパ浮腫の治療:簡易に良結果を得るために.日本マイクロサージャリー学会会誌 Vol.26 (2013) , No. 4 pp.127-133.
編集委員会推薦最優秀論文(第26巻4号〜第27巻1号)

古川洋志 山本有平 野平久仁彦 新冨芳尚 特集 皮弁の再考-Flap Revisited. Muscle vascularized pedicle (MVP) flap.形成外科59(7):749-754,2016

古川洋志ほか:当教室におけるマイクロサージャリーのトレーニングの一試案:非生体モデルと研修医によるビデオプレゼンテーション.日本マイクロサージャリー学会会誌 Vol. 25 (2012) , No. 1 pp.16-21

古川洋志, :微小血管吻合器の静脈吻合における有用性.形成外科 37(4):415-420,1994

古川洋志, :マイクロサージャリーを用いた他科共同再建227例の検討.形成外科 37(12):1373-1378, 1994

古川洋志, :二つ折り遊離前腕皮弁を用いた、放射線照射、喉頭全摘後に生じた難治性頚部皮膚瘻の治療経験.日本マイクロサージャリー学会会誌 10:27-32, 1997

古川洋志, :頭頚部再建における内頚静脈端側吻合の有用性.日本マイクロサージャリー学会会誌 12:211-216, 1999

古川洋志, :大殿筋皮弁、筋脂肪弁を用いた脊索腫切除後の即時再建.日本形成外科学会会誌 20:545-550, 2000

古川洋志, 他:ラットの顔面神経ー舌下神経の端側縫合のモデル作成:病的共同運動と神経二重支配の関係.日本マイクロサージャリー学会会誌 21(3),256-263, 2008.